人気ブログランキング |

タグ:静岡県立美術館 ( 3 ) タグの人気記事

「屏風爛漫」展】静岡県立美術館

d0068664_22255653.jpg
最初に目に入るのが、伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」と石田幽汀「群鶴図屏風」。
この二双がどーんと並んでいる姿は物凄い。
これだけでも観に来る価値が有る。
伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」は県立美術館の所蔵品なのだが、常時観れる訳ではないので、出される度に必ず出向くようにしている。

屏風は、よほどの屋敷でもない限り(それも相当な和風な造り)、飾れないし、そもそも持っていない、伝わっていない。
展示してある一つの屏風の前に、一段高くして畳を敷いてあるコーナーがあり、屏風を出してみた時の座敷の雰囲気を疑似体験できるのがあった。
これはいい展示だ。
屏風は季節や行事によって変えて楽しんだそうだ。
※写真はチケットに折り目が合って屏風の様にできたので、金紙を敷いて撮ってみた
d0068664_22472412.jpg
これは休憩コーナーにあった、子供向けの中の絵を自由に張り替えられ写真を撮れるもの。



by tin_box | 2019-04-26 22:53 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「1968年 激動の時代の芸術」静岡県立美術館

d0068664_20300943.jpg
この時代、自分はまだ幼くリアルタイムで知っているとはいえない。
でも空気感はわかる。
ジミ・ヘンドリクスやジャニスがまだ元気だった時代、クリームが活躍していた時。
その時のライブを観てみたかった・・・。

社会情勢や学生運動や関連アートの展示では、ずっと気分が良くなかった。
暑苦しい、そのスローガン、主張するところの意味がいまだにわからない。
いや、これらは昔よく見ていたし知っているものも多かった。中には好きなものもある。
小難しいこと長々と書いてある本も読んだよ。無意味だったけど。
アバンギャルドって言えばいいのか知らんが、それらの多くはいつまで経っても、ただ不気味なまま。
今見ても、何も変っていない。
なんだろうね。
こういう時代を経ていろいろあるんだから、これはこれで意味があるんだろう。
逆に漫画は懐かしく、子供時代の記憶を呼び起こした。

ロックは70年前後が一つの黄金期だから、その関係を頭に置いて見てたけど、日本国内はそれらとは無関係な別世界だった。

by tin_box | 2019-03-13 22:40 | ブリキ的生活 | Comments(0)

県立美術館裏の八重桜

d0068664_22471445.jpg
d0068664_22472486.jpg
d0068664_22470755.jpg


More
by tin_box | 2017-04-24 22:48 | Comments(0)