人気ブログランキング |

タグ:講習会 ( 4 ) タグの人気記事

弓の稽古 講習会(四回目)

今回の講習会は、いつもの市営体育館弓道場ではなく、島田ローズアリーナまで出張ってきました。
会場は、総合体育施設の最上階(三階)にあり、六人立ちのコンパクトな弓道場でした。
開放感があり、とても気持ちよく稽古できる施設でした。

受講者は十八名。
先生お二人で、とても熱心に教えていただき、充実した稽古でした。
自分が指摘される所は、言葉は違うものの、やはり他の先生から指摘されるところと同じでした。
自分的に「ああ、やっぱり」でした。
わかってはいても、なかなか悪い癖は治らないものです。


More
by tin_box | 2019-10-30 21:16 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 講習会(参回目)

今回の講習会は大人気で、約三十名もの参加でした。
というのも、講師は教士七段 大山先生、教士七段 斉藤先生ですから。
他の地区から羨ましがられる講習会でした。
参段までの講習会としては、低段者には贅沢すぎという諸先輩方からの嫉妬の混じった声もありました。

前回は、歩行から始まって体配を徹底的にやりましたが、今回は射技を中心にした講習内容でした。
※講義内容について詳しく書きたいところですが、それはいろいろダメだと思います
兎も角、自分の方向性を確認できたことは良かったと思います。

参段以上の審査は、ともかく”中ってから”のものですから、どのような状況でも中てる事は大事です。

by tin_box | 2019-07-29 15:50 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 講習会(弐回目)

参段までを対象とした講習会に参加しました。
講習会参加は弐回目です。
時季はずれの寒さで、薄着にしていた人は凍えていました。
私も念のためヒートテックを着ていましたが、それでも寒かったです。

今回は全弓道界で超有名な先生ということで、期待していました。
最初に参加者による行射、講評(参加者のレベルチェック)。
次に基本体の稽古。
歩き方、座り方。これが厳しい。できないと流さず、その場でやり直し。
参段の方たちもガタガタと崩れていく。
午前中はこれで終わり。
午後は、行射を立ち順を入れ替えて実施する予定が、引き続き基本体の稽古。
その後、射方八節解説。
矢番え、足踏み・・・。
やっと射方稽古。
三人の先生に代わり替わり付いて指導を受けました。
最後に仕上げ行射。
五人息を合わせるのは難しいです。
先生には「皆さん見違えるようになった」とお褒めいただきましたが、いやいや多少マシになった程度でした。

今回は”すり足”については、かなり勉強していって自分なりには稽古していったつもりでしたが、まだまだでした。
今日は雨なので、床が滑りにくいとか、いっているようじゃダメです。
射の方は、いつものような感じで引けまして、貴重なアドバイスをいただきました。
それと、もっと強い弓を使った方が良いと。
え、まだこの弓、一年使ってないんですが。
つい数ヶ月前まで筋肉痛に苦しんでいて、最近になってようやく楽に引けるようになってきたんですよ。
矢もボロボロになってきたんで、新調しようと思っていたところで・・・。

今回もそうですが、講習会は結構辛い稽古の一つですが、得がたい経験ですし、改めて稽古に励む気力を得ることが出来ます。
自分勝手な、あるいはアドバイスに聞く耳持たないような、稽古と言えないような練習?的あて娯楽にならないためにも、弓道全体の勉強も必要です。
弓道では、射と礼は切り離せないので(それに付いてはまた改めて書きます)、全てに気を抜けません。



by tin_box | 2019-04-28 22:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 講習会

先週、参段までを対象とした講習会に参加してきました。
基本的な体配、所作の確認や、教本にはない動作のコツなど、幅広くかつ詳細に教えていただきました。
いつも指導していただく先生たちとは違う視点での注意などもあり、大変参考になり刺激を受けました。
普段、今更訊けないと思ってた疑問への回答も得られました。
ないがしろにしがちな基本体、慣れてきた頃に再度ちゃんと出来ているのかをチェックすることはとても大事です。

弓道における参段までの段位は、低段位と呼ばれ、それより上位段とは区別されています。
その呼び方に少々不満を持っている方もおられるようですが、それは仕方ないと思います。
参段までは弓道における形(カタチ)を習得していく最中であるからです。
その先に自分なりの弓道があるはずです。
※ここは前回の練成稽古での大先生の受け売りです

弓道は、ホントに誤魔化しが利かないです。
たいていのズルや手抜きは即座に見透かされます。
後々そういった(誤魔化しや手抜き、不理解)ことは、自分自身に響いてきてしまいます。

稽古は素直さ、一つ一つを大事にすることが大事だと思います。


by tin_box | 2019-03-18 15:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)