タグ:弓道 ( 34 ) タグの人気記事

弓の稽古 プチスランプ脱出

なあにまだ一年も経ってないのに、スランプだなんてナマイキなw、と言われそうですが。
プチです、プチ。ちっさな躓きです。

つい先日までは、的中率も良好で、上達が早いなんて煽てられて、一端(いっぱし)の弓引きになったつもりでした。
ところがある日、稽古中に暴発(引き分けの途中で発射してしまうミス)してしまいました。
それまでは暴発の経験はほとんどなく、たいへん驚きました。
暴発したのは早矢で、乙矢を弽の若干奥に保持していたため、弽の弦枕にちゃんと弦が掛かっていなかったためでした。
そういう理由がわかっていたのですが、それ以降、同じように引いてもなぜかうまくいかなくなり始めました。
矢はブレブレに飛んでいくようになり、更には、いくら引いても安土に届かなくなったりと、散々な状態になってしまいました。
あげくは隣の的に中ってしまうという失態。
初心者なりにバランスが取れていたものが、バラバラになってしまったようでした。
自分なりに試行錯誤していましたが、なかなか直らず。
先生に再度チェックしていただき、調子を取り戻すことが出来ました。
主な原因は、(暴発が怖くて)妻手で矢を掴んでいてしまっていて離れでブレが生じたことでした。
それは振り返ってみれば、手首の力を抜けば、矢が真っ直ぐ綺麗に飛んでいくんだと既に経験済みのことでした。
我ながら気づかず、がっかりです。
矢が届かなかったのは、また別の原因でした(引きが足りなかったのではない)。

弓は、単純に見えて、一つコツをつかめば良いと言うものではなくて、全身の複合的な調和が必要です。
何か一つの動きや事象に囚われてしまうと、他の動きが狂ってきたり、直したはずのクセが再発したりするようです。
失敗は上達に必要なものです。
自分の経験知として身に付けていきたいものです。

by tin_box | 2019-02-20 22:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 昇段審査見学

2月10日、市営体育館弓道場で定期昇段審査が実施されました。
私の通う弓道教室と神社支部からも数名受験されましたので、応援、見学に行きました。
11月の審査よりは少ない人数でしたが、それでもかなりの受験者数でした。
※私はまだ期間が過ぎていないため受験資格がありません



More
by tin_box | 2019-02-12 15:45 | ブリキ的生活 | Comments(0)

静岡浅間神社節分祭 蟇目鳴弦式

2月3日静岡浅間神社で節分祭がありました。
弓道教場では、蟇目鳴弦式(ひきめめいげんしき)を奉仕させていただきました。
d0068664_15361693.jpg
写真は自分では撮れませんでしたので、友人に撮影してもらいました。
d0068664_15363018.jpg
午後3時頃より執り行いましたが、すでに周囲は豆まきを待つ人で一杯。
d0068664_15362308.jpg
場所が舞殿で高い位置なので、大部分の人には何やってるのかよく見えなかったでしょう。
蟇目鳴弦式は、実際に矢を放つのではなく、邪気を祓う儀式を行います。
先生の動作を少し覚えようと見ていましたが、長く複雑なので途中で諦めました。
d0068664_15361373.jpg
この板を集まった人々がおにやら棒でバシバシ叩きます。

節分のお祓いもしました。
福引ではお米をいただきました。

by tin_box | 2019-02-04 16:06 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 弓返り初心者

弓返り(ゆがえり)は、矢を射った瞬間に、弦が返る反動で弓がくるっと回転(3/4回転位)する事です。
ある程度上達(弐段、参段位)していくと習得できると言われてます。
私はまだ、1/4ほどしか回転しません。どうやらそれ以上の回転を、ぎゅっと握って止めてしまっているようです。
弓返りそれ自体が目的ではないので(正しい射の結果としては必要)、今はできなくてもあまり気にしないようにしています。
※弓道初心者でも最初からできる人もいます

最近、的中率が5割ほどに上がってきて、少し気持ちに余裕が出来てきました。
なので、手の内を修正してもっと角見を効かせる様に試行錯誤しています。手の内は弓返りに重要です。
一日の稽古の中で、一回か二回はくるっと3/4回転することがあります。その時はやっぱり弦が返る反動の感触も違うものがあります。
それが常時出来るように、稽古しています。

by tin_box | 2019-02-01 23:20 | ブリキ的生活 | Comments(0)

静岡浅間神社大的式

昨日(1月15日)、静岡浅間神社にて、奉射祭(ぶしゃさい)大的式がありました。
当弓道教場の奉仕行事として、昨年末から準備を進めていました。
いろいろ大変でしたが、無事奉納することが出来ました。



準備や当日の様子
by tin_box | 2019-01-16 17:20 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射の空振り

”射の空振り”
どこかで聞いたことがあるわけじゃないですが。
森下典子さんの著書「日日是好日」の最後の方に出ていた”言葉の空振り”から、ちょっとパクリ、いや思いついた?思い当たったわけです。
”言葉の空振り”は、自分が感じたこと、思った事を言葉に言い表せないもどかしさだと思います。
 ※「日日是好日」大変素晴らしい作品なのでぜひ読んでみて下さい
同名の映画も観ましたが、映像では伝わりにくい部分、素通りしがちなシーンが、逆に文字では詳細に表現でき、読み手は自分なりに豊かにイメージできることもあります。逆ももちろんあります。

話を戻しまして。
”射の空振り”で自分の思うことは、森下さんの言う”言葉の空振り”とは、もちろん違いがあります。
というか、私の場合はまだ漠然としている感じなのですが。
”射の空振り”は、”失”や、射の(明らかなミスでの)失敗のことではありません。
いつも同じように引いているつもりでも、中ったり、中らなかったり、満足のいく射であったり不満な射であったりします。
その原因が技術的なものなのか、心の持ち方とかが射に反映されてしまっているものなのか。

空振りというのは、たぶん、心の方?いやそんな大層なものではなくて、その瞬間の雑念的なものによって生じるかもしれません。
”中てるんだ”と言う思いが強すぎて行き過ぎた動作を生じてしまったり、逆に自信過剰で気を抜きミスをしたり。
あるいは、緊張しすぎて”心ここにあらず”で、何をどうしたかすら覚えてなかったり。
でも外から見ると、単に未熟だったりミスだったりするわけです。
そんな内面事情を一つ一つ説明できないから、自分の中で”しまったな”と思うだけなんです。

逆に言うと、自分のやってしまう”射の空振り”は、とても面白いです。
後から、今のは余計なこと考えてたとか、緊張して、日頃注意されてたことをすっぱり忘れてたとか。
あるいは、一手束中して、次も中てたいと欲が出てとか。

そういうのを楽しめることもありなんじゃないかなと。
何言ってんだかよくわかんないですね。
ま、そんなこと考えながらの初心の冬です。



by tin_box | 2019-01-10 15:50 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 初稽古(自主)

体育館弓道場が今日からでしたので、張り切って朝一で出かけました。着物着て。
すると、混んでいるかと思いきや、あり?誰もいない・・・。年末は混んでたのに。
ちょっと早すぎたかな。
ま、そのうち揃うでしょうと、垜(あずち)の水撒きから準備してましたが、なかなか来ない。
教室の先生親子が早めに来られましたので、一緒に着物の所作の稽古。
その後、教室の先輩が来て、更に遅れて2人ほど。
なんだかちょっと拍子抜けする年初めの稽古でした。
※後から聞いたら、午後はそれなりに来ていたみたいです
ま、弓道場を贅沢に貸切的に使えるのはいいんですけど。

で、肝心の稽古の中身なんですが。
所作は忘れてなかったし、割とスムースにこなせたと思うんですが、射の方がねぇ・・・。
少々痛んだ筋肉を休めたというより、ただサボらせていただけじゃないかという感じで、プルプルするし。
矢所はそんなに悪くなかったんですが、年末にあった弓手がビタッと決まる感じが弱い。
まあ、ぼちぼち行きます。

by tin_box | 2019-01-04 23:09 | ブリキ的生活 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。 弦と矢の手入れ

今年もよろしくお願いします。

今年はすることもなく、だらだらと、自分で自分が嫌になるような正月はじめです。
スキーやサーフィンをやっていた頃は、出かけていたりしたわけですが、今は弓道場はどこも使えないし。

まだ準備していなかった弦と矢の手入れをしました。
d0068664_16390024.jpg
昨年「吟」という、弦をいただきました。
柔らかい、しなやかな弦らしいですが、私には余りよくわからないんじゃないかと思いますw。
ツルネも気にしてる余裕ないし。
d0068664_16390341.jpg
弦輪の表、これであってますよね?
ちょっと角から下になっちゃったかな。
でも伸びて調整するんで。
あと、中仕掛けという、矢を番える部分を作ります。
※写真は撮りにくい部分なので省きます
麻糸をくるくる巻いてボンドで固めます。これをちゃんとやっておかないといけません。
太すぎると矢筈が弦にはまらなかったり、細すぎると、打ち起こしなどで矢を落としたりして"失"の原因になります。
乾くと若干細くなるので、後で確認します。
また使っているうちに傷んでくるので、時々メンテします。

by tin_box | 2019-01-01 17:12 | ブリキ的生活 | Comments(2)

弓の稽古 納射会

今日の夜は神社支部の納射会がありました。
先生方、有段者、有級の中高学生で、大変な人数が集まりました。
的場に幕を張り、いつもとは少し違う格調がありながらも和やかな雰囲気。
礼記射義、射法訓を唱和(先導役をやりました)の後、級、低段者、高段者の順で一手行射。
少々緊張がみられる人もあり、なかなか面白い(といっては失礼ですが)です。
それにしても、私が入ってからお見掛けすることがなかった高段者の方では、もう何年も弓を取ってなくて、今日久々に弓を引いたのに、ズバン!と中るという、皆さんが思わず笑ってしまうような方もいたりして興味深かったです。
その後、板割り大会。お茶とお菓子付き。
20cm四方程度の板(金、銀)を立てます。
これが中り方によっては、パーンと飛んで綺麗でした。
景品はお菓子の大袋。
楽しい会でした。
今年もこれでお終い。
しばらくは弓の稽古もお休みです。


午前中は、体育館の弓道場で今年最後の自主稽古でした。
朝一の6射中5射的中と、自分的には信じられない的中率。
ま、その後は普通でしたがw。
それでも納射会の行射も束中だったので、いい感じで今年一年を締めくくることが出来ました。
明日から一週間弱、弓を引けないのが少々もどかしいですが、少し痛む肘や肩を休めたいと思います。

by tin_box | 2018-12-28 23:44 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 道場の名札、年末年始

神社の道場に自分の名札が入りました。
これが一番うれしいです。少し認めてもらえた気がします。
研修生は掲示板に一覧の紙が貼ってあるだけですが、正会員は木製の名札を作ってもらえます。
初段なので、一番下の端っこですが、これから精進して徐々に上げていきたいと思います。

道場では、年末年始、節分にかけて、行事、神事がいろいろ多いです。
これからは、それらに(義務ではないですが)、積極的に参加していきます。てか、もういろいろ面子に入れられてる。


by tin_box | 2018-12-07 23:01 | ブリキ的生活 | Comments(0)