人気ブログランキング |

タグ:弓道 ( 46 ) タグの人気記事

弓の稽古 静岡浅間神社廿日会祭弓道大会

d0068664_20591382.jpg
先日、当神社道場で射会が催されました。
前日から道場の荷物を出したり、鯨幕を張ったり、安土や矢道を掃除し準備しました。
当日は少々肌寒い曇り空でしたが、熱々おでんを振舞ったりして選手の方たちをおもてなししました。
約百人もの来客があり、たいへんな盛況でした。
d0068664_20591918.jpg
d0068664_20592594.jpg
d0068664_20592815.jpg
d0068664_21081608.jpg
競技とは別に板割りもやりました。これは別賞品。

浅間神社廿日会祭(他の行事は終わってます)の一つですので、お祓いの後、実施されました。
矢渡しは道場の上段者、最後の納射は優勝者、介添えは二位、三位。
優勝者、二位、三位は学生さんでしたので、まだ十分な経験がなく、先生方の指導を受けつつ行いました。

道場会員はもっぱら運営に当たり、競技参加はなしでした。
普段、体育館道場で会う他支部の方々や、射会で見かける方が来てくれるのが嬉しかったりします。
私は看的、矢取りを担当しました。矢取りはたいへん忙しく、また看的は集中力も必要でした。
射会はお客としていくのは楽しいだけですが、運営側はなかなか大変です。
これも地元弓道界の日頃のお付き合いの感謝の一つですね。

by tin_box | 2019-04-21 22:43 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 柏手

神社の道場では、稽古の始めと終わりに神棚への拝礼があります。
拝礼では、二礼して柏手二回、最後に一礼します。
稽古始めの拝礼の皆の拍手は、あまりビタッとは合わないことが多いです。
しかし終わりの拝礼では、不思議と拍手の音がぴったり合います。
最初気づいた時は、大人だけだったので、そういうこともあるかぐらいに思っていました。
しかし、中学生が多い弓道教室の日でも、稽古開始の拍手はてんでバラバラで揃っていないのに、稽古終わりの拍手は数人を除いてはぴったりと合うのです。
自分も含めて、リーダー役の人に合わせようと注意深くタイミングを計っているわけではないと思います。

この拍手の件を、呼吸が合うということとして考えられないでしょうか?
同じ場を共有していると、自然に呼吸が合ってくるという話をどこかで聞いたように思います。
ちょっと考えると、少しいいかげんな説かと疑ってしまいます。
実感しにくいし、それぞれの人の呼吸が合っているのをどう確認するのか疑問です。
同じ場に居ても個人の感情や行動で、呼吸が早まったり、遅くなったりすることは当然あるでしょう。
その説の言いたいことは、きっとそうではなくて、たぶん呼吸と言うよりは、動作のタイミング的、リズム的なものが合致してくるんじゃないかと思います。

弓道場では、最初は一回だけ審査の間合いで坐射※1を行います。
※1 その場の人数により調整しますが、三人~五人が”立ち”という組になって行射します
初心者はその間、見取り稽古します。
その後は、全員自由稽古で、各個人に先生が指導します。
他の人とタイミングを合わせる必要があるのは、最初の審査の間合いの坐射だけです。

行射での射法八節では、それぞれの動作での呼吸※2があります。
※2 呼吸法、息合いの話とかあると思いますが、それはまた別テーマで
上段者も初心者も、違いはあるにしろ割とゆったりとした動作に合わせて、息を吸ったり吐いたりしてるわけです。
そんな時間の中で、気分的なのか、雰囲気的なのか、バイオリズム的なものなのか、何かが揃い始めるのかもしれません。
その最後に、拝礼でその何かがバチッと現れるみたいなことかなと。
よくわかんないですかね。
弓の稽古とはあんまり関係ないですね。

by tin_box | 2019-04-12 16:06 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 上達の敵

礼記射義(らいきしゃぎ)の一節にもあります。
”発して中らざる時は、則ち己に勝つ者を怨みず。反ってこれを己に求むるのみ”
中りの結果だけじゃなく、普段の稽古でもそうです。とかくゆれる心です。
嫉妬、見栄いいカッコしい、意固地、虚栄、プライド、疑念、過去の成功体験(的中実績を誇る)を語る、失敗を引きずる、言い訳、他人のせい(道具のせい、周囲のせい)にする・・・。

射位に立ち、弓に矢を番える時、はっきりわかります。
今、自分が射に集中しているか、余計な事を考えているか。
もうその前の準備段階から、自分自身でわかるのです、間違える時は、ずっと前からおかしいと。
そして、発した瞬間に悟るのです。
自分が今の射でやったこと、できなかったこと、考えていたこと。
中ったか、中らなかったか、もうその時にはどうでもいいことです。もっと他に大事にすることがあります。
弓道一年生の私にも、少しわかってきました。

ライバルは居てもかまわないと思いますが、過剰なライバル心は有害になります。
ライバルの射を見取り稽古する時、何を思ってますか?
他人の目を気にすると(時にそのように誤解してしまう指導もあるかと思いますがそうではないです)自分の射を見失います。
先生の教え、同僚のアドバイスには素直でないと、学べません。

ほめ言葉は、聞き流しておきましょう。
「励みになります」と一言だけ答えておきます。

段位は名誉のためではないそうです。

いろいろあります。



by tin_box | 2019-04-09 23:30 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射会は楽し(高尾山春まつり奉納射会)

牧之原市にある高尾山石雲院の射会に行ってきました。
桜は一週間前に終わっていたそうですが、晴天のたいへん暖かい日で射会日よりでした。
70名ほどの参加でした。
d0068664_20491274.jpg
ここの射会は、三段的といって、写真にあるように的が階段状になっており、それを二つ(の段)ずつ(一段一手)組み合わせで三回引きます。
d0068664_20492893.jpg
一番下の段が、通常の的の位置だと思いますが、二段、三段は未経験の高さであり、どの程度上げていけばよいのか、手探りでした。
成績は三中でしたが、三回目には中段、上段的に中てることもできました。
d0068664_20500161.jpg
しるこの振る舞いなどもあり、リラックスした大会でした。
d0068664_20500660.jpg

by tin_box | 2019-04-07 21:04 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 帯と袴

弓道を習い始めた時、動き易い服装、ジャージなどでOKでした。
ただし道場内は素足禁止なので靴下、できれば白足袋着用です。
始めてしばらくすると、弓とか矢より先に、そろそろ道着を着てきたらどうかと言われます。
※これはそれぞれの道場の方針や地域、学校によっても違うかもなので、あくまで私の知っている範囲でのことです

弓道着は帯と袴を着用します。
普段から和服に馴染んでいる方、もしくは他の武道を経験されている方なら問題ないと思いますが、まったく初めてだと難儀するでしょう。
胴衣の方は、結び紐もあり背中の線を背骨に合わせれば問題ありません。

帯は結び方が数多くあり、どの結び方が良いのか最初はわからなかったです。
袴結び?という袴をはくときに背中側の腰の下が少し出っ張って見栄えよくする方法が良いです。
これは、神社の神事で直垂(ひたたれ)を着るときも同様な結び方です。

袴の紐の結び方もは綺麗に決まっていないと、先生、先輩方のダメ出しが入ります。
着付けチェックはなかなか厳しいです。
先日、神社の教室の人と子供(男)の袴の具合を見てみましたら、あんまり自己流なのでビックリしました。
袴の紐もくしゃくしゃになっていて、アイロン掛けて全部やり直した方がいいとアドバイスしました。
ネットで着付けを検索すると、少しずつ異なるいろんなやり方が出てきて、どうして良いかわからなくなるってこともあると思いますが。

また袴の丈も要チェックです。
私は弓具店で買った時に、丈を合わせてもらったので、特に問題はなかったです。
先日、審査会を見学していた時、床すれすれに長い方や、足袋の上まで見えそうに短い方が少数ですが見られました。
言い方は悪いですが、あれは非常に見苦しいもので、身だしなみがなっていないと、それだけでその方の弓道全体の取り組み方が疑われてしまい、審査にも影響するのではないかと思いました。


by tin_box | 2019-03-31 23:22 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射会は楽し(弓道教室)

私は神社の道場と平行して、市営体育館の弓道教室に通っています。
というか、以前にも書きましたが、最初、弓道教室に通っていて、その後、神社道場に誘われてという流れです。

弓道教室は四箇月が一期になっていて、今期は三月末が期末です。
最終日には、射会(の稽古)を行うことになっています。

坐射四射、立射四射の変則パターンでした。
(えらそうに言うつもりはありませんが)射会に慣れていない、初めての生徒さんも居ましたので、先生の長めの説明がありました。
それに出てくる用語もまた、説明が必要となかなか難儀なものでした。
説明が終わり、いざ、始めてみるとまだ疑問点がいろいろ出てくるのか、あちこちで生徒同士でワイワイとうるさいこと。

で、私の前、大前でしたが超ベテランの女性初段のお方。
私には無理無理とか散々ゴネてましたが、変更不可なので無理やり行って貰いました。
時折動作が停滞するので、後ろから指示しつつなんとかやりましたが、傍から見れば弓道漫才のボケと突っ込みのようだったでしょう。
で、突込みしつつの射では、またも羽分け。
結果を見ると、羽分けが五人も居ました。そこから一人も抜け出ることなく。
競射の時間はなかったので、それで終了。

これはこれで、楽しかったです。
来週は遠征です。

by tin_box | 2019-03-29 22:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射会は楽し(久能山東照宮奉納弓道大会と浅間稽古射会)

朝は一時雨で天気が心配でしたが、昼過ぎには快晴になりました。
射会は神事のあと、昼過ぎからゆるりと始まりました。
d0068664_14384221.jpg
道場は東照宮の参道の横を少し登った山の中にあります。
海に向かって開放された風通しのいい明るい雰囲気の道場です。

久能山東照宮へ行くのは、少々不便です。
途中の日本平まで、かつては有料道路(現在は無料)だった快適な道を行き、山頂からロープウェイ(往復1100円)で行くか、海側の久能海岸から、千段以上ある石畳階段をジグザグ登っていくしかありません。
神社の宮司さんや職員の方も毎日登って通勤されているようです。
ですから、この道場は普段はほとんど使われてはいないようです。もったいないような・・・。
d0068664_14384730.jpg
それはともかく。
内輪での大会ということで参加人数も少なめ、和気藹々の雰囲気でした。
年齢層は高いですが、若い方もちらほら。
d0068664_14385202.jpg
同行した先輩が競射(同中上位者の順位を決める)に出られました。
私は、三中、零中、二中で、平凡な結果でした。
一立ち目で三中したのが、逆に二立ち目に影響してしまい、三立ち目でなんとか盛り返したが、羽分けには至らず。
ってのが言い訳的説明なんでしょうが、今の自分的には、ただ単純に射会を楽しんでいるだけで、何の気負いもプレッシャーもないんです。
ですから、精神的なんとかというのは、今はあまり関係ないように思えます。
強いて言えば一立ち目○○○×なんですが、四射目にちょっと考えてしまった程度です。それがそうだよと言われればそうなんでしょうか?
今後、段々欲が出てきていろいろ考えて悩んでしまうのかなとも思います。
でも自分的には、一射はそれだけなんであり、(心理的な面で)前後を関係付けるのは負の効果しかないんじゃないかと思います。
技術的には、矢所を確認して調整することは必要です。

休息中に背中で小耳に挟んだんですが。
ある方(たぶん年配の方)が若い方に言ってた事「四段くらいになると弓道ってこういうものなんだって、わかるよ」
そうなんですか、了解です。その日を楽しみに稽古します。

夜は神社支部道場で射会(稽古)でした。
会員だけで射会形式で月一で行っています。
こちらは八坐射で、また羽分けでした。
あとで一歩で勝ち越し?
現在の自分の壁なんでしょうか?
とか、考えること自体がよくないw。

そんなわけで一日射会三昧でした。
というか、ここ数週間、射会ばっかりで、審査の間合いとか所作が少々雑になっている気がします。
そこは周囲が少々ラフになっていても、流されずに自分の所作に集中していかないといけませんね。

射会はもう少し続きますw。

by tin_box | 2019-03-27 16:06 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射会は楽し(中部地区春季弓道大会)

先週に続き、静岡県武道館での開催でした。
天気は快晴でしたが、少し風が強く冷たかったです。
今回は坐射十二射(先週は立射)。参段までの部、四・五段の部、称号の部に分けられての競技でした。
風が不規則に吹く中、最初立ち上がりは少し難しく感じました。
様子見を最初の一本で見極められれば良かったのですが、直前の稽古の感じにちょっと拘ってしまい、今日の調子の把握に二本を費やしてしまったのが、少し悔やまれました。
結果は羽分け(十二射で六的中)で、入賞にはあと一歩及ばずでしたが、先週よりは良い結果でした。

待ち時間に通路や控え室をうろうろしていると、先生方や先輩方にアドバイスや、励ましのお声をかけて頂けました。
新参者の私にも、気にかけていただいてるんだなと、本当にうれしく幸せな気持ちになりました。
弓道を始めてから、急速に弓道繋がりでの人の交流が広がってきていて嬉しいです。

今回は、皇后杯優勝者の斉藤先生を始め、国体常連の猛者の方々の射を拝見できました。
同行した先生も入賞されて、良い一日になりました。

by tin_box | 2019-03-24 22:50 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射会は楽し(貴和会)

先週、静岡県武道館(藤枝市)で貴和会主催の射会があり参加しました。
静岡県武道館には初めて行きましたが、大変立派で美しい建物でビックリしました。
全体的に開放感があり各所の意匠が美しいものでした。
弓道場も瓦、木材が美しく、吹き抜けの一般通路側からも見学が出来ることに感心しました。
ところが皆さんそんなことはまったく関心がない様子でした。
弓道場入口近くにある施設全体の模型の名札には、久米設計とあり、ググッてみたら、長野オリンピックのエムウェーブを手がけた会社とわかりました。
なるほどね。
d0068664_22345942.jpg
それはともかく。
参加者100名ほどの市民大会規模の射会でした。
三人立ち、立射なので、皆さん慣れたもので、進行も早かったです。
d0068664_22345216.jpg
風船割りなどのお楽しみもあり、賞品も盛りだくさんでした。
d0068664_22345513.jpg
上位者も多く、競射により決着。
優勝者による納射もありました。

日頃、指導いただいている先生方や先輩たちと同じ条件で競えることは、とてもワクワクし楽しいものです。
来週の射会はクラス別ですが、それはそれでやりがいがあるものだと思います。

by tin_box | 2019-03-22 22:48 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 講習会

先週、参段までを対象とした講習会に参加してきました。
基本的な体配、所作の確認や、教本にはない動作のコツなど、幅広くかつ詳細に教えていただきました。
いつも指導していただく先生たちとは違う視点での注意などもあり、大変参考になり刺激を受けました。
普段、今更訊けないと思ってた疑問への回答も得られました。
ないがしろにしがちな基本体、慣れてきた頃に再度ちゃんと出来ているのかをチェックすることはとても大事です。

弓道における参段までの段位は、低段位と呼ばれ、それより上位段とは区別されています。
その呼び方に少々不満を持っている方もおられるようですが、それは仕方ないと思います。
参段までは弓道における形(カタチ)を習得していく最中であるからです。
その先に自分なりの弓道があるはずです。
※ここは前回の練成稽古での大先生の受け売りです

弓道は、ホントに誤魔化しが利かないです。
たいていのズルや手抜きは即座に見透かされます。
後々そういった(誤魔化しや手抜き、不理解)ことは、自分自身に響いてきてしまいます。

稽古は素直さ、一つ一つを大事にすることが大事だと思います。


by tin_box | 2019-03-18 15:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)