弓の稽古 審査見学

昨日は、県弓道連盟 定期審査の日でした。
支部の先輩が参段審査だったので応援をかねて見学してきました。
d0068664_20404962.jpg
弐段を受けた人数が一番多く100名ほどで、ほとんどが高校生のようでした。
なんでも、4月から始まる部活、夏合宿などを経て9月に挑戦と言う流れだとか。いや又聞きなんですが。
d0068664_20403026.jpg
見ている方も胃が痛くなるようなビリビリとした空気感でした。


More
# by tin_box | 2018-09-24 21:12 | ブリキ的生活 | Comments(0)

砕氷艦「しらせ」 清水港 その11 艦橋編4 最大傾斜

d0068664_22435008.jpg
悪天候で、ココまで傾くのも驚異。それに耐えるのも驚異。
d0068664_22435378.jpg


More
# by tin_box | 2018-09-22 22:45 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

砕氷艦「しらせ」 清水港 その10 艦橋編3 操舵

そうだ南極へ行こう なんつってw。
d0068664_22410123.jpg
d0068664_22410744.jpg
電子化されているんですねぇ。

More
# by tin_box | 2018-09-19 22:44 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

弓の稽古 乙矢を中てる

d0068664_14414345.jpg
弓の稽古では、一手(甲矢(はや)、乙矢(おとや)の2つの矢を持つ)で行射します。
最初の甲矢がスパーンと中(あた)ると、気分がよく思わずニマっとしてしまうのですが、すぐに次の乙矢を射なければなりません。
甲矢、乙矢両方とも、皆中(かいちゅう)すればよいですが、よくあるパターンとして、乙矢がなかなか中らないんです。
動いてないんですからね、同じ様に射れば中るはずなんですが。
どこかで読みましたが、学生さんの間ではこれをビビッたと見てバカにされるんだそうです。
「あいつ調子に乗って失敗したぜ」ということでしょう。
で、自分も同様のケースの度に、この話を思い出します、というかわざと思い出して、自分の心理と動きに何か影響するのかなと自己観察しながら稽古しています。
ですが、今のところ何か解ったとか、動ぜず中るようになったとかは、ないんですがw。

逆に甲矢を外して、乙矢が中ったというのは(学生さんがなんていっているのか知りませんが、ともかく)、なにか修正してうまくいったというのであれば、納得して自信にも繋がるでしょうね。

前回の弓道記事で、一射絶命という題の本を取り上げましたが、"一射絶命"は弓道の名言です。
それほどの気概、集中力を持って稽古せよ。なんですね。
一矢毎でも、日毎でも同じ。

ところで、中る矢を放った瞬間ってのは、自分から見てても矢の軌道がキレイなんですね。ヒューンくるくると真っ直ぐに的に吸い込まれていく。
失敗した時は、自分の場合、なんだか蛇みたくうねうねと、あさっての方向へ飛んでいく事があります。後半の矢の回転もなんだか中途半端で。
なんでだろうと考え、技術的、道具と身体的なこと点検します。手の内?妻手?肘?
心理的には、早気(はやけ)とか。
惑わせられない、いやそうでなくて、惑わないこと。的は動かないですしね。

※写真は修理した矢で糸で固定中です

# by tin_box | 2018-09-16 17:05 | ブリキ的生活 | Comments(0)

砕氷艦「しらせ」 清水港 その9 艦橋編2 説明パネル

d0068664_20394570.jpg
d0068664_20400019.jpg
d0068664_20395522.jpg
d0068664_20394962.jpg
氷を割って進んでいくと言うのに、なんで先端が丸いんだ?と疑問に思っていたけど、謎が解けました。
# by tin_box | 2018-09-14 20:42 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

弓の稽古 弦切れ

d0068664_23362408.jpg
今日の稽古前の準備中、弦をみたら、末弭(うらはず)の上関板に当たる箇所が、切れる寸前の様子でした。
このまま使用して、その時に「失」の処理をやってもいいかなと思えましたが、予備を持っていたので交換しました。
弦切れがどんな感じで起こるのか、まだ未経験です。会の時、起こったら少々痛いことになるんでしょうか。
※竹弓は弦切れで育つとか言われてるみたいですが、グラス弓だし合成弦だし無関係ですね
ギターの弦などが演奏中に切れる時は、クンッとかベンッって感じで割とあっけない感じなんですが、弓だとどうなんでしょう。
最近、後ろの人が切ったことがありましたが、特に大きな音はしなかったです。

追記
弦切れについて調べていたら、この場所で切れるということは、角見(つのみ)が甘いということでした。
弦本来の寿命より早く切れ易いと。
はい、よりいっそう稽古に励みます。

# by tin_box | 2018-09-11 23:53 | ブリキ的生活 | Comments(0)

砕氷艦「しらせ」 清水港 その8 艦橋編1

今回は艦橋の窓(窓って言い方でいいんですか?)周辺を主にしてます。
d0068664_16302965.jpg
d0068664_16303237.jpg


More
# by tin_box | 2018-09-11 16:37 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

弓の稽古 的なんかいらない(かもしれない)

d0068664_16564290.jpg
また、よちよち歩きの初心者が、ナマイキなお題をだしてきたなw って。
それも承知の上で、すみません。
兎も角
的、なんだったら、オーバーヘッドプロジェクタかなんかで、見えるだけでいいんじゃないかと。
でもね、そうすると、万一中たったときのパーンっていう気持ちいい音しないじゃないですか。
そう、そこなんです...。


More
# by tin_box | 2018-09-10 22:36 | ブリキ的生活 | Comments(0)

砕氷艦「しらせ」 清水港 その7 通りすがり編

見学路で撮った順番なので、何の流れもないです。
d0068664_20461215.jpg
d0068664_20462465.jpg
d0068664_20464358.jpg


More
# by tin_box | 2018-09-09 20:52 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

砕氷艦「しらせ」 清水港 その6

d0068664_22453760.jpg
d0068664_22455668.jpg


More
# by tin_box | 2018-09-06 22:47 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)