人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

弓の稽古 弓巻き

先生から竹弓をお借りした際、弓巻きも運搬用にお借りしましたので、先日、弓巻きだけ先にお返ししました。
なので今回、弓巻きをあらたに購入しました。
弓巻きを使うのは今回が初めてです。
あっ、以前に神社の神事用の弓を仕舞う時にちょこっとだけ触れたかな?

弓巻きは細長い裏地付きの布で、片方が弓の弭(はず)を帽子のようにすっぽり覆うようになっています。
弭(末弭?、本弭?)に被せて、くるくると斜めに布を文字通り弓に巻いて(右巻き?左巻き?)いき、反対側を紐で縛って完了です。
弓巻きは、あらかじめ裏返しに巻いておくと巻き易いです。
ですから弓を使う時も、巻きながら解けばいいですね。
脱げてしまわないか心配になりますが、中には弓の下着の役目の弓袋を穿かせてますし、しっかり巻いてちゃんと結んでおけば大丈夫です。

普段使っているはグラス弓については、一般的なファスナー式弓袋を使っています。
合理的、便利にできていてはいますが、あまり雰囲気はないです。
※一般的に皆が使っている矢筒も、それだけを知らない人が見たら弓道用とは思わないでしょう。弓道始めて最初のがっかりでした。
 先生たちは、もっと伝統的な高級な矢筒を使ってます

先日まで、弓巻きは、昔風すぎるし、面倒くさいものだと横目で見ていました。
しかし自分で使い始めてみると、クルクルと巻く作業もなんか楽しいんですね、これが。
まあ、グラス弓を巻く事はしないと思いますが。

by tin_box | 2019-08-18 17:04 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「古代アンデス文明展」静岡県立美術館 土器におけるかたちの捉え方3と、ややしゃくれ民族の肖像

d0068664_22593738.jpg
コンドルかな?

More
by tin_box | 2019-08-17 23:05 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 「継ぎ矢」じゃなくて(ちょっと痛すぎる)「筈打ち」を見ました

d0068664_20525103.jpg
一緒に稽古していた五段の方が”継ぎ矢”ならぬ”筈打ち”をしました。
変な音がして、矢が安土の手前に転がったので、「跳ね返されましたね」などと笑っていたのですが、矢を取って来たら、こんな状態に。
甲矢(この写真の矢)の中ったと同じところに乙矢が、もしくはその後に数射した矢が中ったと思われます。
これがそのまま二本が繋がっていたら、”継ぎ矢”で、甲矢が中っていたら、両方的中になります。
今回の場合、”筈打ち”で、後の矢は落ちてますので、後者ははずれになります。

私も何度か筈打ちをしていますが、シャフトまでいってしまったのは初めて見ました。
しかし痛い出費になりますね。

by tin_box | 2019-08-16 21:52 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「古代アンデス文明展」静岡県立美術館 儀式用香炉コレクション

d0068664_16392236.jpg
こんな連中です。

More
by tin_box | 2019-08-15 16:43 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 竹弓初体験

先日、先生から竹弓を手渡され、肩入れしてみろと言われました。
素直に引き分けてみました。
今、私が使っている15kgの弓より、少しだけ弱い感じがしましたので、14kg程でしょうか。
使ってみろと言われ、えっ!と驚きましたが、いきなりで戸惑いつつも、ありがたくお借りすることにしました。
横で先生は、周囲の人に話すように、「人に竹弓を貸すってのは、壊されても文句言えない。実質あげちゃうことと同じ」と言われました。
取り扱いを勉強して、大事に使わせていただきます。
しかし、弓を始めて二年にも満たない者が竹弓を使ってよいのでしょうか?
先生が貸してくださったんだからいいんだと信じて、使わせていただきます。

今日の稽古では、先生も注視するなか、意外とすんなり引けて、ほっとしました。
グラス、カーボンのような捻じれに対する硬さが少ないので、引き分けの手ごたえを確かめつつ、弓に逆らわないようにしました。
弓手への振動が少ないのが良いです。
やはり握りが合わないので、それは調整しようと思います。

by tin_box | 2019-08-13 23:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 ギリ粉と筆粉

私はギリ粉は白いものを使っています。
少しでよいし、弽も汚れにくいと思います。
黄色いギリ粉は、私が使った感触では、白よりも若干滑るようですし、湿度の高い日には、弽に付着している古いギリ粉がべた付くようです。

筆粉は、最近まで使っていませんでしたが、数ヶ月前、試しに付けてみたところ、手の内の感触が安定すると思いましたので、使い始めました。
筆粉と握り皮は、密接な関係があると思いますが、これはちょっと客観的な話が出来にくいものだと思います。
握り皮だけでも、通常の皮、バックスキン、印伝や、テニスグリップのような素材もあったりなど、それらと筆粉との相性もあるし、個人の好み、試行錯誤で探っていくしかないようなものかもしれません。


by tin_box | 2019-08-11 23:08 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 矢を少し切りました

そろそろ矢を少し短くしたいと思い、先生に矢束を見ていただき3cm切ることにしました。
DIYで切る方も結構おられるようですが、私は弓具店に持ち込みました。
専用カッターでギャン!と一瞬でカット、矢尻をカンカンと打ち込んで完了です。
数百円で済みました。

初心者の頃の矢は安全のため少し長めにします。
短すぎると、引き方が不安定な初心者は、会で矢が弓の反対側に入ったりして大変危険です。

もう、矢束も安定しているし、弓より出すぎている分は無駄ですので切ることにしました。
メリットとして、矢の扱いが少し楽になることと、矢のブレが少し軽減されるだろうこと、的中率アップの期待でしょう。

早速今日、稽古に使ってみました。
持った感触は、事前の想像以上に軽く感じられ、矢を振り操作した時の微妙な揺れもほとんどない感じです。
では実際、矢はどう飛ぶのか、事前の予想では、たぶん少し上にいくだろうと想像しました。
先日記事にもしたアーチェリーパラドックスの動きは、どうでしょうか。
弓から出てていた余計な部分がなくなり、振動周波数的には好影響かもしれません。

実際、行射してみると、やはり若干上に行くようで、その分修正していたのは正解でした。
ブレはあまりでなくなっているようでした。
”ねらい”も(上下方向を修正しましたが)ほとんど変らなくいける感じでした。

3cm切って自宅で腕に当てててみた時は、かなりギリギリだったかなと思いました。
しかし実際に弓で引いてみると、腕が弓の張力を受けているためか、若干余裕がありました。


by tin_box | 2019-08-10 21:11 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「古代アンデス文明展」静岡県立美術館 土器におけるかたちの捉え方2

d0068664_15424329.jpg
シャチかな?

More
by tin_box | 2019-08-08 15:53 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 最終的には中白に中てたい

ゆくゆくは常に中白の中心に中てたいという野望?があります。
今のところは、的に入ればOKなんですが、それでも、枠付近で、”カスッ”というような音がすると少し残念です。
それを今は不可能に近くても、中心近くにするには、どうすればよいのか、考えていくことは精度を高めるためには必要なことでしょう。

射会においては、優勝決定は射詰めですが、上位入賞決定は遠近競射です。
今のところはあんまり機会が無いですがw。
それでも、先日の富士の射会では競射に参加して、ちょっと悔しかったわけです。

今日は、ある事を試してみたのですが、その結果としては、矢所が、三時付近に集中してたとのことです(矢取りを他の方にやっていただいたので)。
その試したこと+いつもの”狙い”の結果がそこだと言うことでしょうか。
そうなると、”狙い”を若干修正しても良いかもしれません。

by tin_box | 2019-08-06 23:41 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 アナタの”ねらい”はどこですか?

周囲の人たちに”ねらい”について尋ねたところ、先日の記事に書いたことへの自信が少々揺らいでしまいました。

後ろから見させていただいて、明らかに”ねらい”、"的付け"が矢の延長線上に無い人が何人かいました。
先生に”ねらい”を確認してもらっていないと言うことではないようなのですが、確認後、射形が変ったり、自分自身で中りの良い方へ移動させたりしているようです。
んー、それで中るのであれば良いのでしょうか?
例えて言えば、野球のピッチャーがカーブやシュートを常に同じに投げるような、射法なのでしょうか。
あー、でもボーリングで言えば、常に同じカーブボール投げますよね。

私のイメージとしては。
矢は空中に浮かんでいます。上から見ると的の中心と矢は一直線上にあります。
矢は緩やかな放物線を描いて飛んでいき、的に到達します。
ですから、横正面からみると、矢はほんの少し上を向きます。
次に矢が飛んでいくための力学的構成要素です。
矢筈には弦が掛けられ、基本的な動きとして、矢を強力に前に押し出します。
しかし弦は弓に引っ張られていて、素直に真っ直ぐには矢を押していません。
弓は、矢の板付きより少し後ろ左側に、矢摺り籐が軽く触れています。
弓があることで、矢は後ろ(左側)には出にくくなっています。
更に、先日も記事にした、アーチェリーパラドックスも生じています。
あと、頬付けで射手の頬あたりに矢の中程が触れていますが、それはまた別な話なので無視しておきます。

という具合に、矢を浮かんだまま、真っ直ぐ飛ばすには、少々工夫してやらねばなりません。
それが射法だと私は考えています。
決して、カーブやシュートが射法だとは思っていません。
弓手と妻手で、矢を正しい位置に持っていき、そのまま放つ事だと、今は考えてます。

とまあ、これが正しい足踏み、胴造りへと繋がっていくと思うわけです。

by tin_box | 2019-08-05 23:24 | ブリキ的生活 | Comments(0)