人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

湘南モノレールで行く江ノ島、新江ノ島水族館 新江ノ島水族館 窓編

行く前に新江ノ島水族館のサイトを見たとき、なんだかまとまりがないなと。
パンフレットでもそれは同じ、当日、水族館の外見も(雨と風でじっくりは見てない)あんまりインパクトがないなぁと。
くらげに力を入れているのは知ってたけど。
d0068664_20181827.jpg
d0068664_20182956.jpg
d0068664_20183859.jpg
古い水族館では枠がちょっと邪魔だったが、今時の水族館の窓は広いしいろんな形状があって楽しい。


by tin_box | 2019-05-31 22:06 | ブリキの街 | Comments(0)

湘南モノレールで行く江ノ島、新江ノ島水族館 江ノ島編

d0068664_22145574.jpg
強い風と雨で江ノ島への道はなかなか辛かったですが、島の中に入ると店が風除けになりやっと一息。
d0068664_22150962.jpg
一緒に行った夫婦の嫁さんがかなりのミーハーで(本人も認めてる)、絶対にたこせんを食べると。えー並ぶのやだなー。
この日は平日だったので、まったく並ばずに買うことが出来ました。
※なぜミーハーとたこせんが繋がるのかと言えば、なんというか流行りものとかTVに弱いという・・・
兎も角、たこせんは美味しかったです。のど渇きます。すぐに食べないと湿気ってバリバリの風味が損なわれます。
えびせんもあります。
d0068664_22145931.jpg
二度目はちゃんとお参りしました。
d0068664_22150563.jpg
天気が悪かったので、江ノ島にゃんずもこのこだけ。
人がかまっても、まったく動じず。
江ノ島は以上です。

by tin_box | 2019-05-29 22:34 | ブリキの街 | Comments(0)

湘南モノレールで行く江ノ島、新江ノ島水族館 大船観音様とモノレール編

d0068664_11392801.jpg
大船から湘南モノレールで江ノ島まで行ってきました。
当日は朝から雲行きが怪しく、風と小雨が断続的なイマイチな天気でしたが、暑いよりはマシと思いつつ出発。


More
by tin_box | 2019-05-29 12:00 | ブリキの街 | Comments(0)

弓の稽古 焼津かつお射会

d0068664_22114947.jpg
焼津弓道場の射会に行ってきました。
天候に恵まれ、涼しい風が気持ちよかったですが、日差しは強く汗ばむほどでした。
今回は道場から七名参加(他見学二名)でした。
d0068664_22120195.jpg
d0068664_22120801.jpg
コンパクトな道場ですが、設備は整っており、座敷?(畳の間)などもあり、羨ましいです。
d0068664_22121341.jpg
ここの昼食はかつおご飯とおでんです。
たいへんボリュームがあり(女性は食べきれない人も)美味しいです。

立射十二射で、私は三、二、二の七中。
羽分けに毛の生えたw。あともう一本欲しい。とは、誰もが思うところでしょう。
賞品が大盤振る舞いで、飛び賞も多かったのですが、私は引っかからず。
ともあれ、今回は待ち時間の仲間とのおしゃべり、その場で撮った動画チェックも楽しかったです。
先輩には、私の射は「なんだかわからないけど、外す時はわかる」と言われ、気になって仕方ないです。

by tin_box | 2019-05-26 22:39 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 番外編:いのっちも居ます

d0068664_15435033.jpg
神社道場は市街地ですが、山のすぐ下にあるので、野生動物が時々登場します。
ウサギ、タヌキ、イノシシなど。
この日、夜の稽古でも矢道の端でなにやら餌を探していました。
昨秋には親子で登場してましたので、少し小さめのこの子は子供の方でしょう。
矢がバンバン飛んでいるすぐ横ですが、怖がる様子もありません。
矢道に入ってきた場合は、稽古を中断して、追い払います。

by tin_box | 2019-05-25 15:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「くらやみの覇者」展 ふじのくに地球環境史ミュージアム エピローグ

d0068664_15161281.jpg
表題詐欺のような記事に、長々とお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。
この一連の記事もやっと終了となりました。
ふじのくに地球環境史ミュージアムはたいへん素晴らしい博物館です。
廃校になった高校の校舎のほとんどを使い、静岡県の自然をありったけ広く深く表現した展示は本当に見事です。
場所は少々わかりにくい、他の観光スポットとは離れていますが、行ってみて損はないと思います。

by tin_box | 2019-05-25 15:31 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「くらやみの覇者」展 ふじのくに地球環境史ミュージアム サメたんと一緒

d0068664_22292993.jpg
d0068664_22295509.jpg
サメはいろいろ役にたっている。

More
by tin_box | 2019-05-22 22:34 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 射型と射形

前記事の注1.で書きました。
射型と射形、弐段以下と参段以上では、表記が異なると。
今日、道場に行った際に、古い教本を確認してみましたら、段位の順序が逆でなおかつ各段位すべて”射型”でした。
これは明確に意図して、変更、区別したんでしょう。
弐段までは型(手本)をよく真似るように。
参段以上は、形(内から現れる)を表現せよ。
ということではないでしょうか。
茶道も”かたち”から入ると言うし。

by tin_box | 2019-05-20 23:07 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 昇段の条件を考える

先日、弐段に合格したばかりで、まだ少し先ですが(合格後、五ヶ月以上経たないと昇段受審できない)参段への準備として審査基準を考察してみます。
参段は一つの壁で、合格率も低くなっているようです。
これまでのように、あいまいな上達の自己判断ではたぶんダメで、合格に向けてはポイントをはっきりさせて稽古していく必要があるかと思います。

まず最初に弐段の審査基準を確認してみます。
弓道教本には弐段の資格基準として
”射型・体配共に整い、射術の運用に気力充実し、矢所の乱れぬ者”
とあります。
分解してみますと
射型(注1.):弓を引くときの一連の動作、確実な動作で滞りなく行われていること。
射法八節を概ね理解し体現していること。
体配:立ったり歩いたり、基本的な姿勢ができていること。
これが意外に難しいと言うか、おろそかにしている人が多く、傍から見ていると見苦しい、みっともない人がいたりします。
これの印象は審査に影響大だと思います。他の点数が微妙なら、最後に効いて来るかも知れません。
射術の運用に気力充実:これは気迫を見せろって事でしょうか、たぶんそうでしょう。
私が思うに、”弓矢の扱いに慣れていて、的を狙うことに集中できている”ことでしょう。
”失”をして動揺したりしてはいけません。何食わぬ顔で続けます。
矢所の乱れぬ:矢所は矢のいった場所ですから、的に中らずとも、その近くに矢がいくことでしょう。
一本中れば、そう判断されるでしょうね。二本外しても的回りに近ければOKかもしれません。

こうやってみると、要件が整理されて稽古もし易いような気になってきます。
 注1.射型と射形は違う? 教本の資格基準では、弐段までは”射型”、参段以上では”射形”の表記になっています
  なぜでしょう?
  たぶんですが、”型”は鋳型のような決まった型にあてはまる様子でしょうか
  対して”形”は内から外に現れる形ということでしょうか


参段ではどうなんでしょうか
by tin_box | 2019-05-19 23:10 | ブリキ的生活 | Comments(0)

「くらやみの覇者」展 ふじのくに地球環境史ミュージアム ロレンチニの感ずるままに

d0068664_14455842.jpg
ロレンチニ瓶と呼ばれる鼻先にある感覚器官で、くらやみでも餌にする生物の発する微弱な電気などを探し出す。
d0068664_14460330.jpg
どや、すごいやろ。
d0068664_14460810.jpg
これで砂を掻き出したり、小魚の群れを切り刻んだり。

胎児とか【少し閲覧注意】
by tin_box | 2019-05-18 15:09 | ブリキ的生活 | Comments(0)