人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 50 )   > この月の画像一覧

PRESENCE

d0068664_993549.jpg
いわずと知れた名機中の名機。カメラ史に燦然と輝くプレゼンス。
FTnは以前から持っていたが、尖がり屋根のFは持ったことがなかった。
最近になって出物があって、安く入手した。
しかし実際手にして驚いたのは、FTnと、ペンタ部が異なるだけで、これほど感触が違うのかと。
言っちゃ悪いが、FTnは不恰好過ぎ。
メーターは便利かもしれないが、全体のバランスを欠いている。
持ってはいたが、あまり使ってはいなかった。
手近に2台おいて、比べてみるが、同じベース機とは思えないくらい。

Fは撮る気にさせる。それだけのオーラを放っている。
シャッター位置が悪いとか、巻上げで指が痛いだとか、三脚使いにくいだとか、レンズのヘリコイドがスカスカだとか、回転方向が逆だとか・・・・ぜんぜん気にならない;。
このよく使い込まれた機の前オーナーに、なぜ手放したのか聞いてみたい気がする。

気になることが
by tin_box | 2007-04-07 09:31 | カメラ物欲系 | Comments(1)

下り道。

d0068664_2032716.jpg

by tin_box | 2007-04-06 20:32 | 田舎のハコ | Comments(1)

E-410タノミ~ノ。

先日、E-410の予約を入れた。
何でもいいから、動かないカメラでもいいから下取りを入れると\9k安くなるというので、決めてきた。
「写るんです」でもいいの?と聞いたら、だめでもないような口ぶり。
さすがにそれはしないが。
いざ、いらないカメラとなると、なかなか家中見回してみてもないなぁ。
まあ、それはともかくとして...。

なぜIS(手ぶれ補正)付のE-510まで待たないのかと。
実を言えば、オリンパスがISを発表したことで、気が済んでしまったというw。
当初は3機種ともいっちゃうのかぁ~なんて心配したが。
冷静になって考えれば、自分的にはISはあまり必要性がないかとも。
結局は、自分のメインにしているメーカーがその技術を持ったことで、ユーザーとして安心してしまったのだろう。
カメラやレンズの機能、性能などはとかくそんなものだ。
自分には使いこなせないものまで欲しが(ザーッ)・・・。
現実は入門機で我慢しても、そのメーカーのプロ機が高評価なら、なんとなくいいような。
逆にライバルメーカーの方が評価が高かったりすると、ひどく疎外感を感じたりする。
そんなこと分析してもつまらんが。

それよりも410の感触のほうが印象的だったし。
ライブビューについては、過度の期待は禁物だと思っている。
AF時のシャッタータイムラグもかなりあるから、コンデジ液晶を見ながらシャッターを切る感覚だと、タイミングを外してしまうだろう。
PIEで試した感じもそんな風だったし。
それにカメラ本体の液晶で微妙なWB、色合いのチェックはやはり難しいと思われる。

で、あと残るは画像エンジンの方だったのだが、こんなサンプル画もありーの(トツギーノ調で)。

お、なんだか、いいじゃん。本当だろうか?
by tin_box | 2007-04-05 20:41 | カメラ物欲系 | Comments(3)

山の春。

d0068664_20252727.jpg

by tin_box | 2007-04-05 20:25 | 田舎のハコ | Comments(0)

シャインフリュークの法則

ってのがある。
どういったものなのかは、ここで知ったかぶって書くつもりもないので、ググッて欲しい。
※今時、たいていのことはネットで調べられるので、やたらと誰でも調べられる「にわか知識」を並べ立てるのは冗長だし、かっこ悪いと思う。
個人のHPやブログで必要なものは、自分の考えや経験したこと、実践だと考えている。そういった情報の類は、参考としての引用やURLなどを示す程度でいいのではないか。と言うのが、私の考え。


実際やってみれば、なんとなく、そんな感じだよなとかは思っていた。
この理屈を知っていて少し役立つのが、後枠(フィルム面側)を動かす場合かな。
※後枠をあおる方法では、レンズボードをあおる方法と異なり、被写体の形が変形するそうなので、また試してみたい
しかし、シャインフリュークの法則を本当に実践しようとしたら、測量になってしまうしw。

最近はE-500か、PENTACON Sixのどちらかで撮ることが多く、35mmフィルムは使う機会が減っていた。
久々にアオリ撮影でホースマン985+OM2や他の機で35mmを使ってみると、なんだか物足りない。
業務用ネガなんて使っているせいもあろうが、心持、ボテッベタッとした印象。
デジタルに慣れてしまったためだろうか。
ポジで撮ればまた違うかな?
by tin_box | 2007-04-04 21:40 | 撮影技術 | Comments(0)

桜海老春漁解禁!

d0068664_20214974.jpg
駿河湾の春の桜海老漁が解禁となり、スーパーにも出回ってきた。
しかしまだ値段が少し高く1パックの量も少ないので、かき揚げはあきらめて他の料理で。
とはいっても、桜海老はなんと言ってもかき揚げが一番。
他の料理もあるにはあるが、これがなかなか・・・。
ご存じない方は刺身がよさそうと思うだろうが、これがひげが引っかかっていまいち。
桜海老ご飯にしても、桜海老だけでは風味が今ひとつで、筍などと混ぜて食すのが普通だろう。
言っちゃ悪いが、これほどの名物で、料理法の少ないものもないんじゃなかろうか。
乾物は、風味が豊かでいろんな用途があるが。

で、今日は思いつきで作ってみた。
・生桜海老に醤油をかけてちょっと置いておく
・それに玉子を混ぜてざっとかき混ぜ
・フライパンでシーチキンを炒めて、それに上記のものを混ぜて弱火で蒸し焼き
何のことはない、先日の納豆シーチキン玉子と似たようなものだが、今回は半熟ではなく、ふっくらとさせるところが違う。
シーチキンを入れすぎると、桜海老の風味が負けてしまうのでちゅうい。

※料理の写真なんか初めてじゃないかえ?
by tin_box | 2007-04-04 20:46 | ブリキ的生活 | Comments(3)

アオリ撮影 落とし穴。

まずはこの画。
d0068664_20221157.jpg

すでにスイングをかけていて、手前の鉄パイプ右側、板部にピントがきていて、さらに左奥のトタン、枯れ草にもピンがきている。しめしめうまくいったと思いシャッターを切った。
しかし、プリントをよくよく見ると、不思議な画になっていた。

何がへんって。
by tin_box | 2007-04-03 20:41 | 撮影技術 | Comments(1)

山の上から。

d0068664_21191868.jpg

by tin_box | 2007-04-02 21:19 | 田舎のハコ | Comments(3)

今年の桜。

d0068664_21512458.jpg
気合を入れて撮らないまでも、一応は押さえておかないと気が済まぬ。

ZD35mmF3.5 マクロは使いやすい。
狭すぎない画角と、絞らなくてもそこそこの被写界深度。
寄りたければ好きなだけ寄ることも出来るし、軽くて素早い動作はストレスを感じなくて済む。
やっぱり50mmより良くないかえ?
by tin_box | 2007-04-01 22:01 | 花木、虫類学者 | Comments(2)

アオリ撮影例 スイング。

昨日の例が分かりにくく思えたので、今回はシンプルに...。
画としては、面白くもなんともないが、操作例として撮ってみた。
まずは普通に手前の花にピントを合わせたもの。
d0068664_13402112.jpg

普通のカメラでは、左側奥でボケている花にもピントを合わせたければ、絞り込んで撮るわけだが。

スイングしなけりゃ意味がない
by tin_box | 2007-04-01 14:26 | 撮影技術 | Comments(0)