カテゴリ:ブリキ的生活( 607 )

バーミキュラ安納芋

d0068664_22542603.jpg
バーミキュラで蒸してみました。
d0068664_22544045.jpg
弱火で40分。
d0068664_22543558.jpg
柔らかくネットリ甘いお芋。
美味しかったです。

でも弱火とはいえ40分かかるというのはどうなんでしょう?
いや、美味しいんですけどね。
そういえば、母が昔使っていた焼き芋器がありました。それはペカペカのブリキ製だったと思います。
それは反射熱で調理する焼き芋かな?
まだ家のどこかに仕舞ってあると思います。
蒸すのと焼くのじゃ違うんでしょうが、わざわざ引っ張り出して、味の違いを確認するほど、サツマイモにコダワリはないんです。


あの、世の男どもは常々不思議に思っていると思いますが。
女性は焼き芋、サツマイモ好きですよね。
男はそんなに好きではないですよ。なぜですか?
なかには男でも好きな方もいるかとは思いますが、まれじゃないかなぁ。
かといって嫌いでもないですが。
積極的に食べたいとは思わないというか、あれば、勧められれば食べないこともない、みたいな。
ま、私は今回、興味半分で買ってきて試したんですがね。

by tin_box | 2018-12-14 23:14 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 道場の名札、年末年始

神社の道場に自分の名札が入りました。
これが一番うれしいです。少し認めてもらえた気がします。
研修生は掲示板に一覧の紙が貼ってあるだけですが、正会員は木製の名札を作ってもらえます。
初段なので、一番下の端っこですが、これから精進して徐々に上げていきたいと思います。

道場では、年末年始、節分にかけて、行事、神事がいろいろ多いです。
これからは、それらに(義務ではないですが)、積極的に参加していきます。てか、もういろいろ面子に入れられてる。


by tin_box | 2018-12-07 23:01 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 故障

武道、スポーツには身体の怪我や故障は付き物でしょう。
弓道にも特有のものがあると思います。
怪我についてはあまりないです。もしあったとしたら重大事故で大変です。
へたくそなうちは、顔や腕を弦で擦ったりしますが、怪我というほどでもないです。

故障については私はまだ経験値が不十分なので、さほど深刻ではないと思いますが、あるにはあります。
一つは肘です。両肘です。
伸ばすと関節付近が痛いですね。
でも不思議と弓は引けるんですが。
ほぼ毎日稽古してるんで、蓄積しているんでしょうか。
 ※グラス、カーボン系の近代製弓は反動、振動があるので、その性かとも言われました(竹弓はまだ引いたことないですが、振動がほとんどないみたいです)
右肩、肩甲骨周りはずっと筋肉痛みたいな感じです。

審査前、3ヶ月間ずっと坐射のみの稽古をしていましたが、1,2ヶ月は膝が大変でした。
昔バイクでの両膝の怪我があって、またその古傷を痛めてしまったようで、膝周りが少し腫れていた時期もありました。
 ※合気道でも、膝で歩く方法を教わりましたが、あまりやると膝を痛めるからと、その後はほとんどやりませんでした
ゆっくりした動作での立ち座りは、結構きついです。
 ※特に跪坐(きざ)で、”膝を生かす”という片側の膝を手のひら程度浮かして、お尻も若干浮かして待つのが辛いです
それでも審査前くらいになると、だいぶ慣れてきて、余裕を持てるようになりました。

稽古のしすぎは、稽古の質も落ちてくるし、故障を深めることになりかねないので注意すべきです。
しかし自分の場合、稽古を1日(1回)休むと感覚を取り戻すのに、同じく1日かかったりするようです。
なので、1回の稽古をあまりムキにならず、本数に拘ったりせずに、真剣に一手を大事にしてできるだけ休まずに稽古したいと思います。

by tin_box | 2018-12-05 11:07 | ブリキ的生活 | Comments(0)

バーミキュラ大根

d0068664_22280997.jpg
大根の田楽ですな。
たれ?は市販のものを使ったので、なんだか色写りが悪いですね。



More
by tin_box | 2018-12-03 22:48 | ブリキ的生活 | Comments(0)

バーミキュラでアヒージョ

d0068664_22545088.jpg
レストランなんかだと、鋳鉄製の小さいフライパンに、グツグツ熱々の料理が運ばれてくるんでしょうね。
うちにもアヒージョ用のちっこい鋳鉄フライパンがどっかにあったけど、一回も使ってないなw。
アヒージョをバーミキュラで作る必要があるのかどうか?
今回の場合、鶏肉とジャガイモなんで、中まで火を通すのに役立ってるかな。


More
by tin_box | 2018-12-02 23:12 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「人魚の眠る家」

d0068664_16431025.jpg
プール事故で意識不明となった幼い娘と家族、関係者。
脳死と受け入れて、臓器提供するのか、奇跡を信じてあらゆる手段を尽くすか。
それもいつか諦めるのか。
母親、父親、父親の経営する会社の研究者(脊髄損傷者が身体を動かす技術開発)、担当医師、祖母、祖父、研究者の恋人、臓器提供者を待つ子供と家族と支援者・・・。
それぞれの立場の人の思い、感情が揺れ動く。
母親の強い愛情は次第に狂気を帯びてゆく。
どこまでが愛で、どこからがいき過ぎた何かなのか・・・。

現実のニュースなどで、このようなことは報道される。
でもどこか一面からしか見ていない、報じられない。
医療技術の発達も、希望のみの面が扱われる。
当事者の本当の苦しみ、葛藤はみえない。

誰かの愛とか正義は限定的で全てを解決することは出来ない。
良かれと信じても、誰かにとってはアダになることもある。
難しいな。

by tin_box | 2018-11-29 20:23 | ブリキ的生活 | Comments(0)

バーミキュラでじゃがいも

d0068664_22235579.jpg
まあ、料理のうちには入らないんですけど。
うちにバーミキュラがあります。これは要するに無水鍋です。
以前は、ストウブも持っていましたが、ほとんど使わず手放してしまいました。

無水鍋というと昔、母がアルミの無水鍋を使っていて、それでたまに料理していたのを思い出します。
でも重いんで、だんだんあんまり出番がなくなって、蓋の方で(蓋もフライパンのように使えて保温性がいいので)すき焼きばかりに使ってました。
※なんか空焚きしてしまって歪んでしまい無水鍋として使えなくなったような気もする
 その後、圧力鍋を買って使ってましたが、調理手順や管理がめんどくさいとかで使わなくなってた

話を戻しますと。
バーミキュラは蓋は料理には使えませんが、現代の鋳鉄製無水鍋です。これも重いです。重すぎです。
ホーローびきになってます。
熱周りがいいので、ご飯なんかもうまく焚けます。

で、今回は単にジャガイモを蒸かしたわけです。
茹でたんじゃなくて、土落して鍋に入れて弱火で20分、火を止めて20分くらいかな? レシピはないんで適当でした。
完璧、ホクホクにできました。美味しいです。
素材の水分のみでも調理できるってのが、この種の鍋の売りなんですが、それ自体には、今時、うんそれで?という気がしないでもないです。
味が薄まらない、栄養素が流れ出ないってのがあるのかな?
普通の鍋でも水分のある野菜入れとけば、水ほとんどなしでも作れるしね。
先日は、南瓜を調理してみましたが、少し水分が足らない感じでいまひとつでした。
今度は大根やってみるかな。

by tin_box | 2018-11-28 22:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 審査の間合い

通常の稽古で最初に行われるのは、審査の間合いでの行射です。
いきなり緊張感MAXで、最初はとても緊張したものです。
今でも自分の心臓の鼓動を感じつつ、丁寧に行います。
実際の審査では、稽古時の何倍もプレッシャーが掛かるのですから、稽古時には自分で自分にプレッシャーを掛ける位の気構えが必要かと思います。
※年配の方には、血圧とか心臓への負担が気になりますが

審査の立ち順で、自分が何番目になるかは、その時に寄ります。
ですから稽古時に、好きな順を選ぶようなことは良くはないでしょう。
先生より大前(先頭)指名されれば、逃げてはいけません。
2番、中(3番)とかが気が楽でいいんですがね。
この稽古を怠ると、実際の審査時での思わぬ失敗や、”失”への対処ができなかったり、全体の流れ、同組の他射手と呼吸を合わせられない、リズムに乗れないなどになってしまう事になりかねません。

私だけかもしれませんが、時々、ちょっと気を抜いてしまい、いいかげんな所作をやってしまったりすると、途中でいくら修正しようとしても全然出来なくなってしまうことがあります。
そういう時は最初からやり直さないといけません。

坐射ばっかり3ヶ月もやっていたら、もうすっかりそれが当り前になってしまい、立射解禁で再開したら、なんだかせわしなくて調子狂ってしまいました。
でもこれからは数引いて、的中率を上げないといけないです。



by tin_box | 2018-11-25 23:09 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ボヘミアン・ラプソディ」

d0068664_15562011.jpg
特別なのは、20世紀FOXのロゴタイトルのBGMからしてブライアンっぽいギターで演奏されていたこと。

当時、リアルタイムで、ボヘミアン・ラプソディを聞いた時の衝撃は今でも忘れない。
6分もある曲をラジオが流していた。
それはまれなことで、たいていは2,3分で切ってしまう。
 それまでの長時間のシングル曲というと、ドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」で、確かシングルの両面(EPレコード)で一曲だった。
 A面がフェードアウトするから、急いでB面にひっくり返してフェードインする続きを聞いてた様に思う。
その時から、Queenのとりこになっていった。
でもQueenは友達でロックを聴いていた連中にはバカにされてた。
そいつらはLZとか、DPとか聞いてた。
自分的にもミュージックライフ誌はミーハーだと小ばかにしてたし、その表紙を飾っていたQueenには、ちょっと困ってはいた。
フレディの衣装の趣味もちょっと理解できなかったwが、それでもQueenは大好きだった。

フレディを演じたラミ・マレックはほぼ完璧だった。
ロン毛の時代の顔はちょっとミック・ジャガーにも似てたな。
あの出っ歯を矯正しなかったエピソードはホントか?

ブライアンのギターを真似て、10円玉で弾いたりもしたこともあったけど、ギターが金属粉だらけになってやめたw。

by tin_box | 2018-11-24 23:20 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「スマホを落としただけなのに」

d0068664_15494396.jpg
この題名にあるような問題は、ちょとありきたりかなと、正直思っていた。
でも本作品には、意外などんでん返しがあった。
ヒントは2つばかり出ていたので、なんとなくは気づけたが、ストーリー的には面白かった。

登場人物の1人、以前身近に居た人の性格、しぐさに良く似ていてリアルで気味悪かった。

by tin_box | 2018-11-24 15:56 | ブリキ的生活 | Comments(0)