人気ブログランキング |

2019年 10月 07日 ( 1 )

弓の稽古 県秋季弓道大会

d0068664_15461495.jpg
藤枝市にある県武道館で行われました。
約百八十名の参加で、三段までの部、四・五段の部、称号者の部に別れて競われました。
私は今回、順番が早い一立ち目で、久しぶり少し緊張しました。
成績の方はまったく振るわず、羽分けにも届かなく情けない結果でした。
まあ、あまりくよくよはしません。終わった事をいろいろ考えても仕方ないので、次に進むことにします。
この前日は、護国神社の射会もあったのですが、私はパスしました。
※護国神社の方は、他の射会とも重なったためか、参加者が少なく時間があまり、十六射したそうです
一方その頃、私は体育館の弓道場で稽古していました。
目的の一つは、この弓道大会で使う弓を選択するためでした。
今、主に15kgのグラス弓を使っていますが、今週は少し疲労が蓄積していて、余裕をもてる13kgを使ってみようかというアイデアでした。
引き方を修正している最中で、少々無理していたので、射会に臨むには少し余裕がないかなと思い、以前使用していた13kg弓を引っ張り出してみたわけです。
やってみた結果、若干ですが、13kg弓の方が中りが良かったので、当日は13kgを使用しました。
実際当日は、のびのび引けた感触でしたが、三立ち目にはモノ足りない気になりました。

私はあまり強い弓を引きたい、強い弓に拘りたいという気持ちは無いです。
それでも強い弓を引いたときの充実感のようなものは心地良いと思います。
限界近いところでの(強い)弓と自分の鬩ぎ合いの稽古と、余裕を持って自分が(弱い)弓を操る(って言っていいのか?)稽古、どちらがよいのでしょうか。
限界を超えてしまっている、弓に負けてしまう射はどうかなと思いますが、ある程度の強い弓は使うべきではないでしょうか。
弱めの弓を使う事を否定する気はないですが、自分の段階に見合った弓の張力については、各自熟考する要があるのかなと思います。

閑話休題。というか単なるエンディング。
日中は雨になるとはとても思えないよい天気でしたが、帰る際になって局地的な雨になりました。
竹弓を持ってこなくて良かったです。


by tin_box | 2019-10-07 23:41 | ブリキ的生活 | Comments(0)