人気ブログランキング |

2019年 10月 01日 ( 1 )

弓の稽古 道着

最初に弓道着を購入した時、道着は三種類見せていただきました。
綿、ポリエステル、ブッチャー(昔いたプロレスラーみたい)素材のものでした。
私は価格的なことも若干あったような気もしますが、生地の白さで、青すぎず、黄色すぎずで、ポリエステルのものを選びました。
結果的に、それがベストな選択だったと今でも思っています。
その後、替え用として他の素材のもの買ったりしましたが、あまり良いとは思っていません。
なぜポリエステル(混紡ではなく100%)が良いかといえば、洗濯後、しわにならず、張りがあって、着た時にだらっとしないからです。
乾燥も早いと思います。
若干厚手なので、夏には少し暑い気もしますが、他の素材と大差ないレベルだと思います。
綿素材(あるいはポリエステルと混紡)のものは、ほんの少し薄手で軽かったのですが、洗濯するとしわが出ますし、着た感じがだらしなく見えてしまうので着る気がしません。
ブッチャーは着たことがないのでわかりませんが、少し白さがないし、少し高いですね。

あと、ポケットの位置です。
私は左のお尻付近にるのがベストだと思います。
右前にあるものは、帯と被ってしまいましたし、弽(ゆがけ)をした右手ではなんとも使えないものでした。

道着は、あまり関心を持っていない方、そんなもんだと思っている方も多いとは思いますが、素材によってかなり見た目が違ってくるので、一度他の人の道着もチェックしてみてはどうかと思います。

by tin_box | 2019-10-01 23:40 | ブリキ的生活 | Comments(0)