人気ブログランキング |

2019年 07月 29日 ( 2 )

弓の稽古 射会は楽し (富士夏祭り 弓道大会)

d0068664_22384133.jpg
d0068664_22384829.jpg
会場は富士総合運動公園内の弓道場でした。
六人立てで比較的コンパクトですが、明るく開放感のある芝生の矢道がとても美しい弓道場です。

前日までは、台風六号上陸の影響もあり、開催が心配されましたが、日本海方面に逸れましたので、当日は曇り空程度でした。
参加者は百三十七名でした。
三人立ち、二射場で十二射。
結果、私は、三、二、三中で計八中でした。
最後、競射で二十位までの順位を決定。私は的を外してしまい、結果二十一位。
二十位までの賞品に、後一歩及ばず。むむむ。
それでも過去最高順位となりました。

今回は比較的調子が良かったと思います。
いつも二回目の立ちが若干凹むのはやや改善といったところでしょうか。
四射皆中というのは、なかなか出そうで出ないものです。
射程内確実だと思っても、スルッと逃げてしまうものですね。

弓道をやっていて疑問に思うのですが、”集中する”ってなんでしょう?”平常心”なら中りますか?
でも普段以上の実力は出ないですよね。
普段羽分けなら、射会で羽分け付近なら十分上出来でしょう。それ以上は実力じゃなくて、たまたま、まぐれでしょうから。
なんか最近思うのは、”根拠の無い自信”を煽る風潮って無いですか?
”大丈夫、できるよ”って、あがり症の方には、落ち着いてって励ましになるんでしょうけれど、”実力以上出せるよ”ってことじゃないですよね。
根拠が無いんです。
この記事内では冗長になるので書きませんが、今の自分にとっては、組み立ててみたいんです。
どこまで詰められるのか、何かに行き詰るのか。

射会は楽しいです。


by tin_box | 2019-07-29 23:22 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 講習会(参回目)

今回の講習会は大人気で、約三十名もの参加でした。
というのも、講師は教士七段 大山先生、教士七段 斉藤先生ですから。
他の地区から羨ましがられる講習会でした。
参段までの講習会としては、低段者には贅沢すぎという諸先輩方からの嫉妬の混じった声もありました。

前回は、歩行から始まって体配を徹底的にやりましたが、今回は射技を中心にした講習内容でした。
※講義内容について詳しく書きたいところですが、それはいろいろダメだと思います
兎も角、自分の方向性を確認できたことは良かったと思います。

参段以上の審査は、ともかく”中ってから”のものですから、どのような状況でも中てる事は大事です。

by tin_box | 2019-07-29 15:50 | ブリキ的生活 | Comments(0)