2018年 02月 01日 ( 2 )

映画:「不能犯」

d0068664_20482912.jpg
今朝のTV番組に二人が出てて、松坂桃李がメンタリストのDaiGo仕込みの(確かそう言っていた)ちょっとした心理トリックを番組出演者に披露した。
それは大変面白いものだった。
今日、この作品を観て、それが少なからず繋がっているように思えた。

超心理テクニックを操り、殺人を犯していく(実際には勝手に自分で死んでいく)不能犯:宇相吹正(松坂桃李)に対決する多田友子(沢尻エリカ)。
多田には、宇相のコントロールが効かない。
それで互角の戦いでガシガシ戦うってのなら、ハリウッド・アクション的なつまらない作品だったと思う。
しかしこの作品はそんな単純ではなく、殺人を依頼した者たちのエピソードも絡んでいくところが面白い。
殺人依頼が純粋でないと大変なことになるという・・・。純粋な殺人依頼なんてあるのか?
「愚かだね、人間は」という台詞が効いている。
最後の多田の決め台詞のシーンはちょっと、アレだったが、良い作品だと思う。

by tin_box | 2018-02-01 22:30 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「祈りの幕が下りる時」

d0068664_15541836.jpg
3回泣いたw。
登場人物、関係者が多くて、最初全体像がつかめないが、終わってみると割りと整理し易いストーリーだった。
松嶋菜々子と阿部寛の関係が最後の方まで謎で、それがぐるっと廻ってキュッ的な感じになっている。
ってもわかんないね。
回想シーンとか出てて、現在との繋がりが少し解りにくかったりしてるんだが、その辺ストーリーの面白さに奢らず、ちゃんと人間の情感を大事にしているところが、泣けるところ。

by tin_box | 2018-02-01 20:47 | ブリキ的生活 | Comments(0)