人気ブログランキング |

2010年 04月 23日 ( 3 )

高速で迷~走~。

以下引用

高速料金でも鳩山政権迷走…前原国交相反発に見直し撤回
2010年04月23日08時06分 / 提供:スポーツ報知
 鳩山政権がまたもや迷走した。鳩山由紀夫首相(63)は22日、6月導入予定の高速道路の上限料金制をめぐり民主党からの求めを受けて再検討を決めたことに関し、前原誠司国土交通相(48)と官邸で協議。前原氏は協議後、「現時点では見直しは行わない」と明言、首相と平野博文官房長官も了承したことを明かした。

 21日、政府と民主党の首脳会議で、小沢一郎幹事長(67)が「政権公約では高速道路無料化と言っているのに、一部で値上がりするのはおかしい」と再検討を要求。これに鳩山首相が「引き取らせていただく」と応じた。小沢氏の“横やり”に怒った前原氏は反発し「辞任を示唆」したとの報道も飛び出していた。首相は前原氏の反発を受け、見直し方針を撤回した。

 二転三転の末、首相は前原氏の意向をふまえた上で「関連法案審議中は見直さないものの、法成立後に引き下げの方向で調整」という折衷案を採った。法案審議前に政府と党が対立すれば政権運営に影響すると判断、決着を先送りした。

 小沢氏はこの日夕、鹿児島市内の県連パーティーで「無料化どころか値上げになったのでは説明がつかない。全国から幹事長室にごうごうの非難が来た」とスピーチ。「無料と言ったのに、皆さんにうそをついたことになる」と、見直しの必要を重ねて主張。しかし、首相は「新しい政治に(党の)皆さんも加わって作り上げていこうじゃないかというメッセージと思っていただきたい」とKYなコメントを残した。

引用終わり

> 「新しい政治に(党の)皆さんも加わって作り上げていこうじゃないかというメッセージ~」

やかましいわい!
by tin_box | 2010-04-23 20:35 | 雑記 | Comments(0)

党首対決で 「誰がこんな国にしたんだ!」

谷垣氏
「あなたはですね、わが国が大切にしなきゃならない3つのものを破壊してきた。

まず第一に、日米同盟をはじめとする、わが国の国際社会における信頼の基礎を完全に掘り崩した。
残念ながら、そう申し上げざるを得ません。

2番目に、財源なきバラマキ。
来年度は予算を組めるのか。
このままでいったら、日本の財政は破壊される。
財政が破壊されるだけではなくて、国民経済、国民生活の明日が破壊されてしまう。
こういう基礎をあなたは、壊したんです。

3つ目。政治とカネ、あるいはマニフェスト違反が数々ありながら、誰も責任をとろうとしない。
こういうことが、政治と国民の信頼関係の基礎を裏切ってきたんです。

で、私は最後に申し上げます。
去年、麻生総理の時、鳩山総理は当時は幹事長でした。
代表質問でおっしゃったことがあります。読み上げます。

『私は国民を代表して、この日本の危機において、迅速機敏に有効な手を打たない内閣総理大臣が、その座に居座り続けること自体が、国民の利益に反すると申し上げます。
あなた自身が宰相としての最後の矜持(きょうじ)を持って、直ちに総辞職するか、衆議院を解散するか、決断すべきときである。』

あなたは、この発言を覚えておられるはずです。
あなたが、わが党の総理に代表質問でおっしゃったことを、そっくりそのままお返しして、私の発言を終わります」

ルーぴ~首相
「麻生総理に私がそのように申し上げたのは、結果として、正しかったのではないか。
そのように申し上げておきます(拍手)。
誰がこの国をここまで導いてしまったのか。その責任。
誰がここまでバラマキ政治を行ってきたのか。
それを私たちは、しっかりと受け取らせていただきながら、負の遺産を早く払拭(ふっしょく)するために、全力をあげる。
まさに、すべての政策の実現に向けて、職を賭して頑張ることはいうまでもありません。これからも、頑張って参ります」

4月21日17時38分配信 産経新聞 記事の一部抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000585-san-pol

もうね、言葉もありませんよ。
by tin_box | 2010-04-23 20:17 | 雑記 | Comments(0)

ルーぴ~ブーメラン。

ご存知、嘘吐きポッポ。


こんなこと言ってますが。
もう異常でしょう。

以下引用

鳩山由紀夫首相は22日、政治資金規正法違反の罪に問われた自身の元公設秘書に対する東京地裁での有罪判決について、この日配信の鳩山内閣メールマガジンで「大変残念なことで、責任を感じている」と陳謝した。

同時に「身を粉にして国民のために働かせていただき、政権交代により、大きく政治を変えてほしいとの期待に応えることで責任を果たしていきたい」と表明した。

ただ、野党側が要求している政治資金の使途公開に関しては、午後の衆院本会議で「どの部分を公開するか弁護士と相談するが、プライベートな部分は必ずしも公表する必要はない」として、全面公開を拒否する考えを重ねて強調。資金管理団体の収支報告書については
「精査して、しかるべき時期に訂正する」と述べた。

首相「大変残念で責任感じる」元秘書の判決に
http://www.sanspo.com/shakai/news/100422/sha1004221809025-n1.htm

引用終わり。


> 大変残念なことで、責任を感じている

責任は感じるのではなく、とるもの。

> どの部分を公開するか弁護士と相談するが、プライベートな部分は必ずしも公表する必要はない

政治資金にプライベートは無いでしょうよ。

ちっともおやめになる気配がありませんが、もう誰も鳩山総理を信じてませんよ。
by tin_box | 2010-04-23 19:46 | 雑記 | Comments(0)