人気ブログランキング |

2009年 10月 30日 ( 2 )

読書週間 私の本棚3。

d0068664_22584315.jpg
あははは。
懐かしいです。
by tin_box | 2009-10-30 23:00 | インドア/スティル・ライフ | Comments(0)

ライヤーゲーム。

民主党政権は、景気対策をろくにやってませんね~。
そんな中で、数少なく示されているのが

・子ども手当の支給    来年6月かららしいですが
・高速無料          なんだかごく一部みたいです
・暫定税率廃止       ・・・以下参照・・・
 
これらで内需拡大を図るということらしいですが、早速...。

--引用始まり--
<自動車4税>暫定税率全廃先送り検討 財政難で方針転換
10月30日2時30分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000006-mai-pol
 政府は29日、10年度からの実施を公約していたガソリン税など自動車関係4税の暫定税率撤廃を、11年度以降に先送りする方向で検討に入った。全廃で2.5兆円の減税となる予定だったが、年末の10年度税制改正では、4税のうち自動車取得税と自動車重量税の減税にとどめる案を軸に検討する。政府税制調査会の議論次第では、民主党中心の連立政権が4年間で取り組む段階的な全廃スケジュールだけを示し、減税を完全に先送りする可能性もある。

 全廃を見直すのは、来年度予算の概算要求が過去最大の95兆円に膨れあがるなど財政事情が厳しい上、政権獲得前に見込んでいたムダ削減による財源確保が困難になったため。また、ガソリン税と軽油引取税は、来年度以降に導入を模索する環境税への衣替えを視野に、当面は温存する。政府は将来の暫定税率撤廃の方向性を堅持することで、国民の理解を得たい考えだ。

 しかし、暫定税率の10年度全廃は、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ目玉政策の一つ。ガソリン税で1リットル当たり25円、軽油引取税は1リットル当たり17円の上乗せ分の撤廃で、景気を刺激すると表明してきただけに、先送りが決まれば公約違反ともとられかねない。

 税制担当の峰崎直樹副財務相は同日の政府税調後の会見で、「竹を割ったようにすぱっといかないこともある。今年は暫定税率廃止の方向性は必ず確認するが、時期や金額など、廃止の中身は今後議論する」と述べ、全廃先送りの方向を示唆した。【斉藤望】
--引用終わり--

あの~、財政が苦しいのは、端から見ててもよくわかりますよ。
でも、それをイマサラ前政権のせいにするのはどうなんかなぁ(国会質問で)。
大見得切ったんでしょ、日本男子らしくないでしょう。違う?

それにいろいろと見えている事もありますね。
でもしかし、首相、閣僚たちは「マニフェスト命」と言い続けていますね。

いい加減、自己矛盾に気づいて、というかなんと言えばいいんでしょうね。
自分でわかっているのに強情張ってるみたいな。

高速道路無料化なんて、ちょっと考えれば中学生だって矛盾だらけだって理解できますよ。
誰もそんなこと望んでないんだから、さっさと撤回するよろし。
by tin_box | 2009-10-30 22:53 | 雑記 | Comments(0)