人気ブログランキング |

2009年 03月 10日 ( 2 )

くれ!

d0068664_22314655.jpg

by tin_box | 2009-03-10 22:32 | ピンホールあるいはトイ亀。 | Comments(4)

英語教育。

幼児期から英語を学ばせては?という話がある。
私はしっかりした日本語教育の整備が先だと思う。
英語教育はTVで宣伝している英語塾に当分の間、任せておけばいいのではないだろうかと思う。学ばせたい親主導でいいんじゃ?
それよりも正しい日本語と日本文化が先だよと。
それはそれとして(私が語るのも無責任と思えるので)、話は別角度からになるが...。

英語教育は重要だろうなと感じるよくある一つに、東南アジアの若者が英語を流暢に話していることだろう。
これをみて、日本は東南アジアより英語教育が遅れていると、焦燥感を抱くのだろう。
確かにそれはあるが、彼ら側の事情は日本人が思っていることとは少々異なる。
彼らは高等教育で各分野の高度な専門知識を学ぶ。
そのためには膨大な専門書を読まねばならない。
それらは主には欧米各国のもので、専門書のほとんどは欧米からのものだ。
自国言語の専門書などはほとんどない。
英文が読めなければ話にならないのだ。

では日本ではどうか。
ほとんどの分野の専門書は日本語で読めるだろう。
明治以降、先人達の弛まぬ努力によって、欧米の知識、技術は翻訳され、広められた。
それを下地に更に専門書は国内で書かれ、相乗効果を生んできた。

アジアの学生に、日本ではほとんどの分野が日本語で学べると言っても容易に信じてもらえないそうだ。

英語不要論に結びつけるつもりはないが、環境が違うのだと言うこと。

ま、確かに英語は必要な人にはそうであるし、使えるには越したことはない。
by tin_box | 2009-03-10 22:29 | 雑記 | Comments(0)