人気ブログランキング |

2008年 09月 13日 ( 2 )

オートハーフ・タイム パープルエアー

d0068664_2146213.jpg
カメラ機材には、本来それぞれが持っているリズムがある。
オートハーフはそのリズムが非常に速く、ほとんど考える必要のないカメラといえる。
ファインダーを覗く必要もあまりない。
スケッチ的な、粗いけど、なんか分かるみたいな結果があればいい。

今時の、いくらコンパクトで、高機能であっても、瞬間にシャッターが切れなければ、もう、まったく撮る気が失せてしまうことはよくある。そういうカメラは失敗カメラだ。

中判マニュアル機となると、そのリズムはゆったりしている。
好きなだけ時間を掛ければいいし、時には待ち伏せ的に瞬間を狙うことだってできる。

デジタル一眼はどうか。
E-3に限って言えば、AFに最速を求め(まだもうちょっとがんばりましょう、レンズによって差があるので)、防塵防滴を持ってしてフィールドを選ばず。
ただ、まだ少し大きいし、重い。
他メーカー機種は知りません。

ともかく、いろんなカメラを使うにあたっては、使い始める準備として、そのカメラのリズム、モードに入っていけばいい。
でも、やっぱり自分にはリズムの合わない、悪い機材は使わなくなってしまう。
by tin_box | 2008-09-13 22:09 | ブリキの街 | Comments(0)

空倉庫。

d0068664_16523519.jpg
近代のアダプタの位置決めが甘いせいで、やっぱりあの小さいフード(みたいなもの)でもけられていた。
歪曲は結構大きく開放では周囲が少し流れ気味。
by tin_box | 2008-09-13 17:00 | ブリキの街 | Comments(0)