人気ブログランキング |

ディスカバリーご近所 クリーニング屋(過去形)。

d0068664_2210582.jpg
GS645Sの露出計用受光素子は、距離計光路途中にハーフミラーを入れて設置されているようです。
いや、もしかしたら違うかもしれないですが。
ファインダー中央部を指で覆うと露出計が動きますので、そうじゃないかなと。

ブローニー機のフィルム装てんは、なかなか難しかったり面倒な機が多いのですが、このFUJI GS645Sは相当に楽な部類です。

中判機のフィルム装てんについては、各メーカー、各機種で創意工夫がなされていて、なかなか面白いです。
※そのうち書く気が沸いたら記事にするかもしれません

ただ、たまに使う機でフィルムバック式のものでは、装てん方法を間違えて裏表逆にしてしまい、オマケに富士のフィルムだったりすると、巻き取り側の軸から抜けなくなったりして、焦りまくることもあったりするのは、私だけでしょうか。

プロ、アシスタントの方のハッセルのフィルムセットなどを見ていると、ほれぼれしてしまいますね。
まるで手品師のようですが、もうそれも不要になりつつあり...。
誰か動画で残してくれないかなぁ。

あ、135判でもバルナックはよく手間取るなあ。
自分じゃないフィルムのかけらが出てきたこともありw。
by tin_box | 2009-03-17 22:13 | 田舎のハコ | Comments(0)
<< 製材所 コミットメントについて... かわりカキピカタ風。 >>