人気ブログランキング |

写美 ランドスケープ 柴田敏雄展

d0068664_22582930.jpg
実に不思議な作品群だった。
各画には題名もない。
撮影場所のみパンフレットに記載されていた。

地元の山間部へちょこっと行けば、このような場所は無数に存在する。
実際、地元のものの作品も複数あった。
しかし、私はいつもそういったポイントを横目で見ては通り過ぎるだけだった。
他人と違う視点や発見をと、常々心がけてはいるものの、その網には掛からずw。


例えばどれか1点だけを観たとしても、きっと氏の作品は理解できないだろう。
たくさんの展示作品を観てみて、少しは感じることができるかもしれない。

私が感じたのは、ほとんどの撮影者が意識するであろう視点ではなく、テクスチャ、質感、手触り感じゃないかと思う。
光影を避け、陰影のみによって、遠近感を無くす。
それが何であるかとか、特徴的なカタチをあえて見えなくする。
その辺が受け入れられなければ、理解できないのではないか。

こういったアプローチは時々あるのかもしれないが、これほどたくさん一度に観たのは初めてだった。

と思ったら、この方は東京芸大の油絵出身なのね。

解説の中の一節に印象的だった箇所。

カラーは現実から逃れられない。
モノクロしか撮っていなかった頃は、モノクロで画にならないものは避けていた。
しかし、カラーも撮るようになると、そういったものも撮れるということ・・・

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/exib/2008/12/17/9851.html

ベルギー・ワッ・・・。
あ、いやなんでもないです。
by tin_box | 2009-01-14 23:00 | 撮らない写真 | Comments(4)
Commented by nonbiri-mama at 2009-01-15 15:03
パンフレットの写真を見る限りでは 絵画的で とても観たく思いました。
お知らせして頂いて良かった。!♪
ぜひ行って見たいです。(でも ワタシに判りますかどうか? 笑)

ところで 大分 遅くなってしまいましたが
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by FSX at 2009-01-15 20:30 x
お、これ見に行きたいと思ってました。
Commented by tin_box at 2009-01-15 22:04
mamaさん、今年もよろしくお願いします。
中山岩太氏の展示もやってますよ。
Commented by tin_box at 2009-01-15 22:05
FSXさん、おー、一番近い人かも。
感想聞かせてくださいね。
<< 写美 中山岩太(なかやま いわ... E-30のアートフィルターのこと。 >>