人気ブログランキング |

真四角写真...

ブロニカは修理に出しました(古いのでオーバーホール扱いになるそうです)。
買った値段より、かかりそうですが、古亀にはよくある話とw。
古ベンツが、中古の軽車以下の値段で売っていても、若衆が考えなし(見栄張ろうと)に買ってはいけないのと同じ?
違うか。

ま、しばらく私はケロちゃん6に夢中でしょうから、問題ないです。

スクエアってのは、面白いです。おかげで6x6機が家にゴロゴロ(ホントに転がしてあるしw)。
今時のコンデジでもスクエアで撮れるものがあるようですが、結構刺激受けている人も居るようですね。

スクエアは元々プロの世界で、トリミング前提とした便利なフォーマットとして使われていたわけですね(あまり聞いた風な事書くと某氏から突っ込みありそうですが)。
私のブロニカのファインダーにもトリミングあたり用に上下左右にラインが入っています。
デジタルじゃどうかわかりませんが、印刷原稿として角版で使用する場合、必ずトリミングされます。
フィルム端ギリギリまで使うってのはほとんどないと思います。
というか、そういった撮り方されるとデザイナー、DTPが困るし。

フォーマットのアスペクト比をそのまま楽しむっていうか、あーだこーだ言うのはアマチュア、作家さんならではかもしれません。
とはいっても、プリントしたり、額に入れたりすれば若干はキレるわけで、あまりそのままにこだわるのもおかしいような気がします。

スクエアの場合、更に困った事に、用紙、額も正方形はあまり無いわけで、正方形にこだわるとすれば、自分で用意、あるいは作るしかないと。
何が何でも市販の額に入れる事も無いわけで、自由に考えれば、時には立体っぽくしてみても面白いかもなぁ。
by tin_box | 2008-07-15 22:20 | 雑記 | Comments(0)
<< 祭り、踏み切りパース。 Kowa/SIX >>