人気ブログランキング |

人魚の街。

d0068664_22545881.jpg
これは確かに人魚にピントを合わせたと思うのだが、実際は横の鳩の距離に合っている。
距離にして2-3mといったところか。
ん~、ん~、本人(私の)フォーカスの癖だろうか?
確かに中判レンズによくあるF2.8開放時は要注意ではある。
※開放では撮ってないと思う。たぶん4以上だと思うが・・・
もう少し検証してみようか。



最近のNikkorレンズは知らないが、古いNikkorレンズでは、いろいろ言いたくなる玉も多い。
所謂二線ボケがきつかったり、べたっとした立体感に欠ける画になったり(これは比較的新しいものでもあると思う)する。
このブロニカ用のNikkorでは、拡大してみると若干の二線ボケ傾向はあるものの、それほどざわざわせず、全体的な印象は好ましいと思う。
広角と望遠も仕入れてみたので、近々使ってみるつもりだ。

生意気なことを言うつもりはないが、解像度と、シャープさは別物である。
解像度のNikon(二線ボケ)、コントラストのCanon(べたつぶれ)という評価が、その昔あって、それは二大雑誌記事に明確であった。
その流れは今も確かに続いている。
by tin_box | 2008-06-27 23:06 | ブリキの街 | Comments(5)
Commented by GG-1 at 2008-06-28 11:50
慎重にピント合はせをしたにも係らずズレているのなら其の個体の不良ですな
レンズかボディか
ほかのレンズも入手されたようなので判りやすい望遠でテストしてそれでダメだったらボディ調整ですが、今も修理してくれるかどうかは怪しいですな
フィルムバックが外れるので、フィルム位置にスリガラスをあててバルブにしてピント合はせをしてからファインダースクリーンでも同様に合う様にするしかないと思います
前ピンだと難しいですが後ピンなら極薄の金属片のシムをスクリーンとボディの間に入れて調整することが可能と思いますよ
メンドクサそうですが
Commented by at 2008-06-28 16:44 x
解像度と解像力もまた別物であり、キヤノンの標準レンズが球面収差フルコレクションになったのもEF50mm1.8以降のことである。キヤノンのレンズがコントラスト重視とは初耳であった。
Commented by tin_box at 2008-06-28 20:06
GG-1さん、いろいろありがとうございます。
素人がフォーカス・スクリーンを取り外して調整不足なのかもしれません。
ブロニカの修理はイストテクニカルサービスでS2以降なら受けてくれると聞いてます。
ピント調整だけなら、地元の修理屋でできないか聞いてみようと思います。
Commented by tin_box at 2008-06-28 20:20
◇さん、ありがとうございます。
EFレンズのことは私の少ない経験でしかありませんが、FD時代の評価はコントラストだったと思います。
ぱっと見た目、Nikkorの写りは少しねむいようですが、拡大していくと、解像していく。
FDはくっきりして、一見よさげですが、拡大していくとつぶれているという記事をがきの時分、読んだだけですがw。
Commented by tin_box at 2008-06-28 21:28
忘れてましたが、仕事の関係でCanonさんと付き合いがあり、以前にEFレンズはコントラストが売りだからと広報の方から聞いたことがありました。
<< 船員さんのランキンぐ~。 花の舞。 >>