人気ブログランキング |

谷中ぶらぶら

d0068664_22332289.jpg
まあ、なんちゅうか、PENTACON6はかなりアバウトな機であります。
それは世間的にも確かなようで、弁解の余地も...あまりないです。

でも嫌いになれないというか、レンズが何とやらは私にはわかりませんが。
他人には勧められませんが、こんな感じでよければ使って、てなもんです。

こういった、不完全な機を実際使ってみると、なんだか人生の行き当たりばったり、ケセラセラを感じてしまい、しょうがないなぁとか、逆に、お!意外とやるじゃんとか、面白いわけで。
まあ、きっちり撮りたい人はデジで済ませればいい訳です。

この時は、デジシックスしかもって行かなかったので、花が白飛びしていたが、全体としては許容範囲でしょう。
by tin_box | 2008-05-26 22:43 | ブリキの街 | Comments(3)
Commented by GG-1 at 2008-05-27 11:08
をっ
四角く見える
(当たり前か)
Commented by tin_box at 2008-05-27 20:04
GG-1さん、しっしつれいなw。
たまたま調子悪かったんですよ。たぶん、きっと。
Commented by macski at 2008-05-28 13:51
とってもきれいに撮れているようにかんじます。フィルムカメラって味がありますね。
<< なつかしのTY-250 上空アーケード その4 >>