人気ブログランキング |

奇妙な運動家。

まつもとさんのブログの記事でnon-photography dayという運動?について書かれていました。

ま、なんというか、この毎年7月17日は写真を撮らない日の趣旨を読むと、思わず即、「反対です!」と言ってしまう自分ですが。
要するにこの方は、写真は所詮、現実ではないですから、ファインダーなんか覗いてないで、その瞬間を肉眼でよく見、五感で・・・あ~、書くのもいや。
そんなこと、高校生の時に思ったわよ。

ホントは記事に取り上げるのもかったるいような話なのですが、写真ブロガーの方たちの間では結構話題になっているようす。渋谷でフライヤー配ってたとか...。

ご本人のブログ(リンクはしません)も拝見しましたが、どうなんでしょ。それなりのご職業のようなんですが。
この方は写真表現の限界からみて言っているのでしょうか。
私的には、写真は一種のトリガーであって、他者から見れば、その人なりのトリガーにもなり得るわけで、何も写真にすべてを求めているわけでもないし...。

ともかく、「そんな日があってもいいんじゃない~(書を捨て街に出よう的な)」という、もっとゆるいものなら理解できますが、日を決めて、ネットで、更には街頭でフライヤーというのは、強い意志(というか自己満足的なもの)を感じます。これには、ある種の警戒感、嫌悪感すら抱いてしまいます。
まったく逆の効果を狙っているのなら、成果は上々でしょうが...。
いまいちその辺が読めません。
by tin_box | 2008-04-03 22:04 | 雑記 | Comments(3)
Commented by kujirax1 at 2008-04-04 01:30
こんばんわ。私も反対ですね。カメラ云々抜きに、その情景をじっくりと感じたり楽しんだりすれば良いわけで、何もある日だけ封印しなくても・・・。その方一人でやるならいいですが、活動の必要性も・・・ですね。写真は目的であるかも知れないですが、自分や人々が何かを伝える手段でもあるし、なにか思いと思惑がずれていった感を受けますね。
この調子で行くと、携帯電話使わない日、PC使わない日、電機使わない日と、忙しい毎日にならないか勝手に心配してしまいます(笑)。
Commented by sakura-blend at 2008-04-04 02:41
まぁ、主張も自由ですからネェ~
あらゆる約束事が苦手な私。
7月17日?
確実に忘れてます・・・
めんどくさいこと増やしても楽しくないような。
non主張運動を提唱したいです。
Commented by まつもと at 2008-04-04 08:46 x
 今年の7/17は、ノンフォトデイのようすや、写真を撮らなかったことの成果を、写真でレポートしたいと思います:-) 忘れてそうですが。

 けっこう皆さん違和感を感じてらっしゃるんですね。
<< 物干しシリーズ その4 ヤッホ... Shizuoka Nostal... >>