人気ブログランキング |

E-3は怪物か?

行きつけのショップの店員さんがE-3の実機を見てきたようで、「アレは怪物ですね」と言っていた。
※こんなこと某掲示板で書いたりすると、チャチャ入れてくる輩がいるので、自分ところで書いておく

確かに踏んでも壊れないマグボディ、防塵防滴、ブレ補正、ダストリダクション、LV、可動液晶、AF激速という機があの値段で出たのだから、すごいものだ。
よくよく考えてみれば、オリンパスさん採算取れてる?と心配になってくる。

去年?だっかたな、E-1後継機とSWDレンズ発表時には、SWDレンズはかなり高価になると予想されていた。
実際、蓋をあけてみれば、F2ズームは高いが、他の2本は既存レンズの価格帯と変わらない価格に落ち着いた。
価格決めは極めて戦略的なものだろう。オリンパスにしては一大決断だったろう。
私は25万くらいかなと予想していて、こつこつとE-1n貯金していた。

他メーカーユーザーは当初、「オリンパスは中級機レベルがフラグシップかよ」と笑っていたものが、よくよくスペックやそのレポートを耳目するつけ、しだいに見方が変わってきたと思える。

注目はなんと言ってもAFだろう。
ホントには速いの?とは、誰でも知りたいポイントだ。
実際小川町で手にとった人でも(私もそうだが)、うん確かに速いが、どんな条件、自分のフィールドで実際に速いのかどうか、もっと確かめたいだろう。
まだ触れていない人は、もっと焦れているだろう。
私の持っている機での個人的比較の感覚では、EOS-1v+EF17-40mmLF4よりもE-3+ZD12-60mmSWDの方が速い。超音波モーターの音もほとんどしない。

防塵防滴もE-1からの評価が高い。
液晶がもげても大丈夫(前にも書いた)というのが、一番の突っ込み所を手堅く抑えたところだ。
それプラス、ダストリダクションで、アドベンチャーカメラということになる。
ダストリダクションは、水滴をも高く弾き飛ばす威力があるので、万一ボックス内に・・・などと書こうと思ったが、ボックス内の他の部分が濡れたらどうするんだとか、突っ込まれそうなので止めておく。

どうせならストラップも濡れてびしょびしょに水を含むナイロンじゃなくて、さっと拭ける防水のようなものを出してくれんかな。
by tin_box | 2007-10-29 22:14 | カメラ物欲系 | Comments(0)
<< オートハーフでご近所スケッチ。 >>> 影法師。 >>