人気ブログランキング |

日本丸がやってきた-3 ホースマン985

d0068664_2204060.jpg
この日はE-410と一緒にホースマン985も持っていきました。
カメラ、レンズ、フィルムバックなどが一式収まる重い専用ハードケースと三脚も抱えての大荷物。
E-410が軽いのが救い。ホントはM645も持っていこうかと思いましたが、総重量のあまりの重さに断念。
で、今回のホースマン985はOMアダプタではなく、オリジナルの中判6x9で撮ってみました。




d0068664_2224459.jpg
しばらく使っていなかったので、前日予行演習して、手順を確認。
あわててやると、絞りセットや、巻き上げ2回を忘れたりするから、現場で落ち着いてできるように。
選択したレンズがたまたま1つだけカム(これがあるとファインダー距離計が使える)の付いていなかったレンズ。
まあ、無限遠でいいんでしょうが、いずれにしても正確なフレーミングとアオリではピントグラスを使わざる得ません。
撮影手順を書くと以下のようになります。

1.シャッターチャージ
2.絞り値を開放にセット
3.シャッターを開ける(そういうレバーがある)
4.ピントグラスをセットしてピントフード立てる
5.覗いてピントと構図を決める(あおりたければ、またその手順であおり操作)
6.シャッターを閉める
7.ピントグラスを外してフィルムバックを取り付ける。
8.露出計で測りシャッタースピード、絞り値をセット
  ※135判とは違いかなり絞る F45とかまである
9.2回ほど空シャッターを切る
10.フィルムバックの遮光板を抜く
11.露出値が変化していないかチェック
12.シャッターを切って撮影
13.フィルムバックの遮光板を差し入れる
14.フィルムバックレバーを2回巻き上げ(ホースマン6x9バックの場合)
15.次の撮影に備えてフィルムバックとピントグラスを入れ替える

というような、メンドクササッ。
だから焦っていると、ミスの連発で120フィルムで8枚なんてすぐ終わってしまいます。

この前後にも、三脚立てて、カメラから蛇腹引き出してなんて作業がありますね。
d0068664_2244964.jpg
何でアオルかといえば、マストが倒れて写ってしまうからです。
この場合、上にシフトしている。多少は効果あったかな?
比較用に撮ったアオリ無し駒が失敗してしまったので、載せられず残念です。
しかし、撮影後、よく船を見ると、海側に少し傾いて停泊しているようでした。
d0068664_2254627.jpg
こんな仰々しいカメラで撮影していると、カメラ好きなじいさん(その辺にたくさん居ましたが)に話しかけられるかなと思いましたが、チカヨルナオーラを出していたせいか、興味深げに見ていく人は居ましたが、話しかけられはしませんでした。

金帯N御大爺や白巨砲C巨艦たちのマイノリティーいじめ、ブレイモノよばわりに立ち向かうのは、この装備の正体不明の仰々しさはなかなかいいギミックでした。
そんでもって、E-410で撮影風景や同じようなショットをシャカッと撮っていれば、「デジタルなんて、ついでですよあ~た、あはは」てなことをするわけです。
プロが見たら、なにやってんだかでしょうが。

さすがに4x5などで、獅子舞やるのは恥ずかしいなと思いますが、古い中判テクニカルカメラでアオリごっこするのは面白いです。
by tin_box | 2007-10-18 22:06 | ブリキの港湾委員会 | Comments(2)
Commented by GG-1 at 2007-10-19 10:39
私も120フィルムバックは持っているが殆ど使ったこと無し
持っているレンズの一番ワイドが90mmなので120フィルムには足らんのですわ
何処かに72か58か47mmのレンズが落ちていないと日々気をつけているのですが・・

三脚に中版以上を乗っけていると意外と声を掛けられにくいみたいです
普段目にしない黒い大きなものがくっついているので、ナンじゃろ?とはおもっているみたいですがね
Commented by tin_box at 2007-10-19 22:47
GG-1さん、この時は90mmだったです。
65mmもあったのですが、蛇腹が少ししか繰り出せないので90mmでいきました。

OMアダプタをつけると、90mmでも足らない感じで、デジタル用に中間リングを噛ませると更に...。
<< 曇空のフレームワーク。 E-3はホントに世界最高速AFなの? >>