人気ブログランキング |

オークション所感-8

だから、予算がちゃんと決まるような、自分の「欲しい度」が明確なものならば、問題は少ないだろう。
いくらなら買い、それ以上だったら、またの機会に。と決められるものなら心配ない。

危険なのは、迷いのあるもの。
欲しいに違いないが、自分の中でその価値が曖昧なもの。
たぶん、そういったものの中には、誰かの囁き情報で、「それは希少品だから即ゲットだぜ!」なんて吹き込まれていたりするもの。
そんなことを聞いてなければ、素通りしていたものを。
型番643**以下は初期型で、特徴的なのは、こことここのねじがマイナスで、ここの形状が違うなんて、にわかマニアに成りきっている。
鼻息荒くがんばってゲットしたが、実際に手元に届いてみると、なんだかあんまりうれしくない。なんてね。
相場調べてみたら、ショップより高かったなんてオチがありがち。
※そういう輩に、マニアたちは迷惑してるに違いない、マチガイナイ(あ、日本に居ないのか彼)
by tin_box | 2007-10-06 13:01 | カメラ物欲系 | Comments(0)
<< ばっちゃ路地。 空の入口。 >>