人気ブログランキング |

E-3崖っぷち。

掲示板を覗いてみると、E-3がいまだ見えてこないことに対する苛立ちが爆発している。

これだけ待たせて何のサプライズ(ギミックじゃなくて)も無ければ、もうダメ的な。

噂のスペックでもう、見切りをつけている人もいるようだ。
LV、ゴミ取り機能では、他社に表面的には追いつかれた感があり、ブレ補正は横並び、小型軽量だけでは弱い。

ワタシ的には撮像素子での大変革を期待している。
Live-MOSも悪くは無いが、少々ダイナミックレンジが狭いように思う。
色味もE-500とはだいぶ異なる(これらのことがE-500を手放せない理由でもある)。
他社がLVを装備してきたことで、Live-MOSの売りも弱くなってしまった。
高性能なZDレンズを生かす新型撮像素子が搭載されるのであれば、他のスペックは噂どおりでもOKなのだが。

まあ、Canon、Nikonも新機種の予約が殺到しているだろうから、この辺りでそれらをキャンセルさせるような動きが欲しいものだ。

でもしかし万一、E-3に失望してしまいE-Systemに見切りをつけて他メーカーに移行するにしても、ざっと見て使いたいレンズが無いような感じがする。
それにいくら高性能でも軒並み価格が高すぎ、でか過ぎ、重過ぎは嫌だ。

いろいろ余計な贅沢を言わないのであれば、ボディはE-500,E-410でもいいわけで、その分レンズを揃える方がいいかもしれない。

私の場合、標準ズームと超広角があれば、望遠大砲はいらないので、幾分安上がりだろう。
オリンパスには撮像素子が小型であることを絶対デメリットにして欲しくない。
だから画質、ダイナミックレンジの向上は他メーカーが真似できないくらいのレベルに行って欲しい(無理難題かなぁ)。
by tin_box | 2007-08-31 21:40 | カメラ物欲系 | Comments(1)
Commented by カーク at 2007-08-31 22:01 x
ソニーもようやく発表したようですから、E-3もそろそろアナウンスがないと、
この年末はホントに400、500シリーズで乗り切るんでしょうかね。
CCDの問題なんでしょうかね。
<< 屋根の意匠。 塀のある小路。 >>