人気ブログランキング |

E-510のisと流し撮り

某掲示板で、E-510のISをONで飛行機を撮ったら、逆にブレブレになってしまい、まったくの逆効果だったと書き込みがあった。
関連を調べてみると、カーレースを撮った方がいて、やはり同様に評価がよくなかったようだ。
流し撮り時には、「ブレ補正が逆効果になる」。
カーレースを撮った方の考察では、画面内の面積が大きいものに引っ張られているようだとあるが、これはどうなのだろう?
瞬間的なブレ補正時には、画像解析をしている時間は無いように思える。
もっとも、そのようなブレ補正の手法はオリンパスが特許に出してはいるようだが、まだ実用には至ってはいないと思うが。

流し撮り時、NikonのVRやCanonのレンズ補正ではこのようなブレ画像なることはないらしい。
ちょっと疑問に感じていたのは、
・流し撮り時にブレ補正はどれほどの必要性があるのか
・カメラの動きとは矛盾しないのだろうか
・なぜNikon、Canonは大丈夫なのか
と考えていたら、その後の書き込みで、ある方がVRなどでは連続した加速度を検知すると補正を止めてしまうとあった。
ほう、多分そうなのかも。
結局は、OFFして撮っても変わらない、Nikon、Canonは自動OFFしているだけだと。
まあ、それはNikon、Canonに一日の長があるということでしょうな。
でもファームウェアの対応で済みそうな気もするし、別にユーザーの判断でOFFにすればいいじゃんという気も。

WBの問題もそうだけど、昔の常識外の部分も増えてきて、便利が逆に面倒な気も。
by tin_box | 2007-07-24 22:00 | カメラ物欲系 | Comments(2)
Commented by FSX at 2007-07-24 23:07 x
アサカメ7月号の記事によると、ニコンやソニーでは流し撮りを検出
する機構があり、カメラを振る方向以外の方向のみ補正するようです。

さらにニコンのVRレンズの一部は、三脚使用時のブレ(手ブレと違う動き)
も補正可能だそうです。

そうですね~機能が増えて便利になると、ちょっと違うことをしようと
するのがかえって難しくなってしまいますね。
自動化するなら徹底的にしないといけないのかも。
Commented by tin_box at 2007-07-25 15:50
FSXさんそうですか。
特許などで難しいのかもしれませんね。
逆にゴミ取りについては、特許がっちり抑えているようです。
<< ご近所スケッチ ホネツギーノ めたりかっぷ >>