人気ブログランキング |

シーソーゲーム。

d0068664_21201036.jpg
パームヤシ油を使った洗剤がある。環境にやさしいとTVCMしていた。
いや、「環境にも配慮している」か。
確かにパームヤシ油を使えば、国内では環境ダメージが少しは抑えられるかもしれない。

でもパームヤシの生産国では、パームヤシ畑を作るために大規模に森林、ジャングルを伐採しているという。
これは地球環境にはやさしいか?

再生紙を使ってます。と刷り込んである名刺をいただいた。
再生紙を作るには多大な労力と大量の化学薬品が必要になる。
紙以外の金属ステープル、糊、表面保護を除去し、脱色しなければならない。
本当に環境にやさしいだろうか。
安易に企業イメージだけで使っていないだろうか。
再生紙は黄ばみやすく、強度も新紙には劣り、寿命も短い。

新しく木からパルプ、紙を作れば木を伐採した分、植林される。
これは製紙会社の中でサイクルがあるから確かだ。

再生紙のサイクルはどうか。
再生紙の再生は無理だ。紙の繊維が短くなりすぎて紙製品にはならない。
廃棄紙の用途は違う面を模索したほうがよいように思える。
by tin_box | 2007-02-22 21:49 | 田舎のハコ | Comments(2)
Commented by kishougura at 2007-02-22 22:57
まいど、kishouguraです。
先日に続き、テーマが大きいですね。

地球が大事か人間が大事か。
そんなコトはきっと計れないけど、
共存する為には人間が地球を労わるべきかもしれない。
けど、それはあくまで人間が人間の為の理屈であって、
案外、地球自身はそれほどたいしたコトじゃないんでしょうね。

温暖化になっても資源がなくなっても地球は地球。
きっと人間がいなくなってもグルグル周り続けるのでしょう。

ん~、そんなコトを考えるのは少しおかしいのかも知れませんが・・。
ただ、人間の損得で破壊・破滅には向かってほしくないものです。
Commented by sakura-blend at 2007-02-23 01:01
そうですね~
手段の目的化や議論のための議論、本末転倒には気を付けたいものです。(ついついやっちゃうんですよね。)
やはり動機がナニカということに時々立ち返らねばいけませんね。
いつも本質的でありたいものです。
<< 第二東名工事中。 田舎山道。 >>