人気ブログランキング |

弓の稽古 初見の皆さんとの稽古

朝一で、いつもの体育館の弓道場へ行ったところ、まだ誰も居ないだろうと思ったら、何やら騒がしく、十人位先客の方が準備していました。
あれ、今日は何か(予約とか)あったかな?と思い訊いたところ、そうではなく、近々の審査のために、会場のこの弓道場に隣市から来たと言うことでした。
皆さんは”審査の間合い”で立ち順をローテーションしながら稽古していました。
私は端っこに的を付けさせてもらい、邪魔しないように稽古していました。

しばらくすると、一緒に入りませんかと、言われましたので、喜んで入れていただきました。
始めての方たちと”審査の間合い”での稽古で、微妙に体配のタイミングが違い、合わせる対応などを練習しました。
実際本番では、同様の状態になるので、良い予行演習になったと思います。
同行された先生にも、少し指導をいただきました。ありがとうございました。
支部の恥にならない程度には、稽古をこなせたと思います。

射会などもそうですが、初めての場所やいつもと違う道場で、その環境にすぐに対応し、いつもと変らない射をすることは、弓道においては、結構求められることかなと思います。
先日の射会会場の藤枝道場では、道場の控えの間の正面には、一番目に付く位置に「平常心」との赤文字で木板が掲げられていました。
私的には、特に何もありませんが、緊張しがちな人には、気がつくことになるのでしょう。



by tin_box | 2019-11-10 23:20 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 映画:「ターミネーター:ニュー... 弓の稽古 うれしいこと >>