人気ブログランキング |

弓の稽古 弓巻き

先生から竹弓をお借りした際、弓巻きも運搬用にお借りしましたので、先日、弓巻きだけ先にお返ししました。
なので今回、弓巻きをあらたに購入しました。
弓巻きを使うのは今回が初めてです。
あっ、以前に神社の神事用の弓を仕舞う時にちょこっとだけ触れたかな?

弓巻きは細長い裏地付きの布で、片方が弓の弭(はず)を帽子のようにすっぽり覆うようになっています。
弭(末弭?、本弭?)に被せて、くるくると斜めに布を文字通り弓に巻いて(右巻き?左巻き?)いき、反対側を紐で縛って完了です。
弓巻きは、あらかじめ裏返しに巻いておくと巻き易いです。
ですから弓を使う時も、巻きながら解けばいいですね。
脱げてしまわないか心配になりますが、中には弓の下着の役目の弓袋を穿かせてますし、しっかり巻いてちゃんと結んでおけば大丈夫です。

普段使っているはグラス弓については、一般的なファスナー式弓袋を使っています。
合理的、便利にできていてはいますが、あまり雰囲気はないです。
※一般的に皆が使っている矢筒も、それだけを知らない人が見たら弓道用とは思わないでしょう。弓道始めて最初のがっかりでした。
 先生たちは、もっと伝統的な高級な矢筒を使ってます

先日まで、弓巻きは、昔風すぎるし、面倒くさいものだと横目で見ていました。
しかし自分で使い始めてみると、クルクルと巻く作業もなんか楽しいんですね、これが。
まあ、グラス弓を巻く事はしないと思いますが。

by tin_box | 2019-08-18 17:04 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 「古代アンデス文明展」静岡県立... 「古代アンデス文明展」静岡県立... >>