人気ブログランキング |

弓の稽古 帯と袴

弓道を習い始めた時、動き易い服装、ジャージなどでOKでした。
ただし道場内は素足禁止なので靴下、できれば白足袋着用です。
始めてしばらくすると、弓とか矢より先に、そろそろ道着を着てきたらどうかと言われます。
※これはそれぞれの道場の方針や地域、学校によっても違うかもなので、あくまで私の知っている範囲でのことです

弓道着は帯と袴を着用します。
普段から和服に馴染んでいる方、もしくは他の武道を経験されている方なら問題ないと思いますが、まったく初めてだと難儀するでしょう。
胴衣の方は、結び紐もあり背中の線を背骨に合わせれば問題ありません。

帯は結び方が数多くあり、どの結び方が良いのか最初はわからなかったです。
袴結び?という袴をはくときに背中側の腰の下が少し出っ張って見栄えよくする方法が良いです。
これは、神社の神事で直垂(ひたたれ)を着るときも同様な結び方です。

袴の紐の結び方もは綺麗に決まっていないと、先生、先輩方のダメ出しが入ります。
着付けチェックはなかなか厳しいです。
先日、神社の教室の人と子供(男)の袴の具合を見てみましたら、あんまり自己流なのでビックリしました。
袴の紐もくしゃくしゃになっていて、アイロン掛けて全部やり直した方がいいとアドバイスしました。
ネットで着付けを検索すると、少しずつ異なるいろんなやり方が出てきて、どうして良いかわからなくなるってこともあると思いますが。

また袴の丈も要チェックです。
私は弓具店で買った時に、丈を合わせてもらったので、特に問題はなかったです。
先日、審査会を見学していた時、床すれすれに長い方や、足袋の上まで見えそうに短い方が少数ですが見られました。
言い方は悪いですが、あれは非常に見苦しいもので、身だしなみがなっていないと、それだけでその方の弓道全体の取り組み方が疑われてしまい、審査にも影響するのではないかと思いました。


by tin_box | 2019-03-31 23:22 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 甕(かめ)で睡蓮とめだか その... 弓の稽古 射会は楽し(弓道教室) >>