人気ブログランキング |

弓の稽古 審査

今日、審査を受けました。
無事、初段○でした。
初段(無指定)では、あまり落ちることはないという事は聞いていましたが、少々失敗もあり、発表されるまではやはり不安でした。
昨日までの稽古では、詰めるだけ詰めて体が故障しないギリギリの線でやっていました。
朝起きると腕が上がらなかったり、階段を下りるのが辛かったりしてました。
3、4日前に風邪を引いてしまうというトラブルもありました。
先生からは立射禁止令が3ヶ月前より出て、それ以降ずっと坐射のみだったので、途中ひざを痛めたりしてつらい時期もありました。
それにもやっと慣れてきて、ここ数日は自信を持って所作が出来るようになっていました。
先生方をはじめ、道場、教室の先輩方には、多くの励まし、アドバイスをいただき、感謝の言葉もありません。
初段”程度”で大げさなと思われる方もおられるかもしれません。
それはそうかもしれませんが、誰でも最初は初段からなわけで、自分的には、そこを甘く見ないでちゃんと取り組まないと、昇段もおぼつかないんじゃないかと思っています。

今日の審査についてですが。
自分は本番には割と強いと自負していましたので、事前の緊張はさほどありませんでした。
それでも、道場の控え室でじっと待っていると(3組が待っているけど誰も口を利かない)体が冷えてくることもあったりで、次第に緊張感が増してきました。
普段稽古に使っている体育館の道場なのに、なんか別の知らない場所にきているみたいな。
ちょっとミスしたのは(しかし他の人に少々迷惑をかけてしまいました)、何かは恥ずかしいので書きませんが、今までの稽古でのケアレスミス的なものでした。
道場の違いをしっかりチェックしていなかったと言うか(逆のケースでよく間違えていた)。そこまで書いちゃえば、わかる人はわかるでしょう。
射位に入ってからは、冷静にいつも通りにいけたと思います。
はずしましたがw。外し方もいつもどおりw。惜しかったんですけどね。

緊張状態にあっては、「いつも通りにやればいいよ」というのは、「身に付いたことしかまともに出来ないよ」ということでしょう。
付け焼刃的なものは、どこかに吹っ飛んでしまいます。
その後の審査も見学させていただきましたが、その感を強めました。
”素”が出てしまうのは当り前なんですね。
だから”身に付ける稽古”をどうやりきっておくかなんだと思います。


by tin_box | 2018-11-23 21:17 | ブリキ的生活 | Comments(2)
Commented by afuroyan at 2018-11-23 23:00
おめでとうございます。

(私事、目が悪くなったり、所作がおぼつかなく要領が悪くなったりで
新しい事に挑戦するのが億劫になり悶々していてた処に、こういうお話には
とても勇気づけられます・・・さぁて何をやろうかな???)
Commented by tin_box at 2018-11-24 15:48
ふろさん、ありがとうございます。
弓の稽古って、最初は何一つまともに出来ないんですよ。
ひっちゃかめっちゃかでかっこ悪いし。足とか超痛いし。
これはなんか特別な人々しか出来ない武芸じゃないかって思ってしまうくらい。
それが少しずつできるようになってきて、中るようになって。
年取ってから、できなくなるって、思い込んでやらないだけ、頑固になって学ばないだけじゃないかなって思えてきました。

ふろさん、期待してますよw。
<< 映画:「スマホを落としただけなのに」 弓の稽古 ツルネ(アニメ)四話 >>