弓の稽古 弦切れ

d0068664_23362408.jpg
今日の稽古前の準備中、弦をみたら、末弭(うらはず)の上関板に当たる箇所が、切れる寸前の様子でした。
このまま使用して、その時に「失」の処理をやってもいいかなと思えましたが、予備を持っていたので交換しました。
弦切れがどんな感じで起こるのか、まだ未経験です。会の時、起こったら少々痛いことになるんでしょうか。
※竹弓は弦切れで育つとか言われてるみたいですが、グラス弓だし合成弦だし無関係ですね
ギターの弦などが演奏中に切れる時は、クンッとかベンッって感じで割とあっけない感じなんですが、弓だとどうなんでしょう。
最近、後ろの人が切ったことがありましたが、特に大きな音はしなかったです。

追記
弦切れについて調べていたら、この場所で切れるということは、角見(つのみ)が甘いということでした。
弦本来の寿命より早く切れ易いと。
はい、よりいっそう稽古に励みます。

by tin_box | 2018-09-11 23:53 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 砕氷艦「しらせ」 清水港 その... 砕氷艦「しらせ」 清水港 その... >>