映画:「終わった人」

d0068664_22163968.jpg
先を考えて生きることは、人間にしかできないだろう。
それは逆に、直感的な対応力、臨機応変さを衰えさせることになるかもしれない。
あまり先読みしようとしても予想外のことはあるもので、その時々で生き抜く力がなければならない。

この作品は単なる定年後のサラリーマンエリートのコメディではない。
サラリーマン生活を長年送った後、なにを心棒にして生きていくか、探っていく話だ。
ベンチャー社長との出会い、妻の仕事の独立や、企業倒産など、いきなり吹き曝しの社会に直面しエリートの面目は跡形もなくなる。
一個人としてどう生きるのかの物語。

by tin_box | 2018-06-17 22:33 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 甕(かめ)で睡蓮とめだか その... 映画:「万引き家族」 >>