人気ブログランキング |

E-5 ファーストインプレッション

コンデジ(コンパクト・デジタル・カメラ)と、デジ一(今回はデジタル一眼レフを指す)の一番の違いはスピード感だろう。
デジ一は、瞬間的にズーム操作でき、ピピッとAFが効きパシャッと撮れる。
コンデジはスローだ(昔に比べればだいぶ良くはなったが)。ズームがじわーっと、AFもウィ~ンと言う感じ。
デジ一の快感に慣れてしまうと、コンデジはやってられない。
どうしてもデジ一を持っていけない時だけの緊急対応モノとなってしまう。
ケータイも肉薄してきてるし、今後はどうなんだろうね。

それはともかく。
E-5はE-3を更にスピードアップさせた。
出される画も、E-3では少々重い印象だったが、ずいぶんと明るい印象のものに変化した。
解像感が増し、シャープな画が得られる。
やっとZDレンズの性能を引き出せるボディができたと。

防塵防滴ボディは凄いよと、何度言っても(E-3、E-5ユーザーさえも)、なかなか信じてもらえないが、雨天時どころか、川などに水没させたって大丈夫なくらいだ(高水圧は無理だろうが)。
昆虫写真家の海野先生だって、最強だと太鼓判押してる。
私はE-3でサーファー撮りの際など、潮をたっぷりかぶったものをシャワーで洗い流してる。
無茶やるとか言われるが、そんなこたあない。


E-5発表時は、ほとんどE-3と変わらない外観と、あまりサプライズのないスペックに、前評判は散々だった。
オリンパスユーザーにも、がっかり感が蔓延していた。
しかし、発売日が近づき、サンプル画が出てくると、その解像感のある明るいシャープな画に注目が集まってきた。
アートフィルターも、新しくドラマティックトーン追加で再び話題になった。

実際、手にして使ってみると、操作はE-3とあまり変化が無いが、ヒュンヒュン撮れて気持ちいい。
なんだろう。一つ一つのレスポンスとかが良くなっているのだろうか。
デジ一も、やたらとフューチャーばかりでなく、地味に正常進化させることも大事だよと諭された感があった次第で。
by tin_box | 2010-11-02 14:56 | カメラ物欲系 | Comments(0)
<< 静岡ホビーミュージアム その7... 浅草界隈。 >>