人気ブログランキング |

ピンホールムービー その2


ピンホールカメラで動画というのは、本来的には無理なものだった。
ピンホールは大変暗く、穴のサイズ、露光面の条件にもよるがF100~150程度だから、日中であっても通常、露光には数秒掛かる。
ところが、最近のデジカメでE-P1のように動画撮影可能なもので、ゲインも勝手に上げてくれるような機種では、ピンホールカメラで動画が可能になってしまう。
これは実はすごい事で、前記事の太陽を入れた場合の光のシャワーの出方など、ピンホール特有の面白さを、そのアングルによる変化をリアルに見てとれたりする。
by tin_box | 2009-12-01 22:32 | ピンホールあるいはトイ亀。 | Comments(0)
<< 九段下ビル その3 裏側編 ピンホールでムービーした。 >>