人気ブログランキング |

弓の稽古 楔

弓道読本 11.「自然体」の射法八節 ー (七)会 ー (2)詰合いと楔(くさび)から。
詰合いは会にあって体の筋骨を正しい位置に納め働き” ”要所要所を詰め合うには楔が必要”とあります。
続いて、日置流(へきりゅう)では、”~楔とは寛(ゆる)ぎたる所に轄(くさび)を打ち込んで締めるがごとく堅く厳しい事である”と解説があります。
また、射法訓では、冒頭に”射法は、弓を射ずして骨を射いること最も肝要なり”とあります。
少々古い言い回しですが、その大体の意味は、弓をやられてない方でも、なんとなく想像がつくと思います...。

人間の身体は柔軟性の高い筋肉とそれを支える骨格によって構成されています。
そして、身体の活動は関節の働きにより方向を決めています。
例えば、腕を前方に伸ばして肘関節を回内(肘の曲がる側を体の内側に回転)、または回外(同様に外側までは向かないので上側)させると肘の曲がる方向はそれぞれ違ってきます。
※肘だけ動かすのが難しい場合は、手を壁などに付いて固定するとやりやすいと思います
肘を回内させると内側に、回外させると上方向にしか曲がりません。無理に違う方向に曲げようとすると、肘は勝手にくるっと回内または回外します。
弓射では、関節を意識的に使うことで動きを制限します。
弓手の場合は、肘を回内させ、手首は逆に親指側を外に向ける(回外)ようにして弓を垂直に保ちます。
こうすることで筋力ではなく骨格で弓を支え、弓の張力に耐え安定させます。これが「肘の楔」と「手首の楔」で、両者で「弓手の楔」となります。
妻手では、もう少し複雑です(今回は省略)。全体として「楔」とは、弓射の動きの中で、納まるべき所に位置させれば、筋力に頼らなくても理想の形にきっちりなる、今風に言えばロックすることが出来るということです。

人間の身体は、機械のようにまったく同一の動きを正確に繰り返すことはたいへん難しいです。
一射目に理想的な動きができたとしても、二射目にはがっかりするような射になってしまうことはよくあります。
その理想的な動きを再現するためには、正射法を詳らかにしその動きを自覚、確認できるようにしていくことでしょう。
”楔”もその中の一つの手法です。

# by tin_box | 2020-01-22 00:01 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 スランプの反対、好調な時の課題

このところ射形改造中で、中りから遠ざかっていたのですが、最近やっと中りが出るようになり、この日は六射六中がありました。
※矢は六本で一セットなので、たいていはその六本連続して引き、六射毎に矢取りします(一人で的を使える場合)
弓の稽古 スランプの反対、好調な時の課題_d0068664_16411472.jpg
六射五中くらいはたまにありますが、六中はなかなかでません。
なので、出たときは一応撮ってます。
※私がよく教わっている先生は、いつも的に中ってるだけでなく、だいたいは中心部に集中しています
 そのレベルで、偏りとかをチェックしてます

的に中った、外れたに関わらず、矢所をチェックするのは大事というのは以前、記事にしました。
今日のこの矢所、縦は割りと中心に集まっているので、左右のねらい、弓手の手の内は良さそうです。
上下方向では、やや下よりに集まっています。矢先を上げた方が良いのか、引き尺が少し足りないのか、または体勢(十文字)が狂っているのか。
矢尺一杯に引く、三重十文字を正確に保つ、ほんの少したりとも戻り離れしないようになど、確認項目は数多くあります。
単に、中った外れたではなく、精度を高める稽古は大事です。
矢を射った瞬間、自分が今どういう射をしたか自覚、確認することが重要だと思います。
自分の残身(心)には、それがよく出てます。
そしてその結果、飛んでいった矢の軌跡(真っ直ぐか、ぶれているか)と、矢所を確認することで、フィードバックができます。

調子が良い時は、つい嬉しくなってしまい、特に何も考えず練習(それが練習になるのか疑問ですが)してしまいがちです。
そうではなく、中る射をしているんだったら、自分の感覚を総動員してどんな射形、動作をしているか、できれば動画を撮って確認します。
もしかすると、”中てようとしてる”射になっているかもしれません。

今の射で中るからといって、現状維持、守りに入ってしまっていては成長できません。
私も動画を撮ってみて、いろいろダメなところ、修正点が見つかったので、稽古に生かしていきたいと思います。

# by tin_box | 2020-01-20 15:09 | ブリキ的生活 | Comments(0)

ワインの栓が抜けません 抜けました。

ワインの栓が抜けません 抜けました。_d0068664_16044556.jpg
昨日、安いワイン(一応ボルドー産)を買ってきて、栓を抜こうとしたが、どんなに踏ん張ってみてもどうにも抜けない。
フントにもー。
結局、夕べは諦めて日本酒にした。
今日、再度試みる。
栓を破壊しないようにスクリューを貫通するまでねじ込んで、引っ張るがびくともしない。
引いてもダメなら押してみなで、何度か押し込んで、再度引っ張ったらやっと抜けた。
憎き栓野郎をみると、なんか「天然コルクじゃなねえな、てめえは」。
なんかウレタン素材のようななにか。
一旦抜けたら、スルスルはまるではないか。
なんか嫌なので、普通のコルクに交換した。

最近の料理用ワインや、安価なものはアルミのスクリューキャップもあるが、ちゃんと飲むのは、やっぱりコルクがいい。
そこそこ開け易いコルクがね。

# by tin_box | 2020-01-18 16:15 | ブリキ的生活 | Comments(0)

静岡浅間神社大的式 令和二年

今年も一月十五日、静岡浅間神社にて、奉射祭(ぶしゃさい)大的式がありました。
今年は、未明まで雨模様でしたが、日の出の頃には回復し、風も無く晴れて良い天気に恵まれました。
大的式は、浅間弓道教場で、一番重要な神事奉仕です。
約一ヶ月間かけて稽古します。各役付きも、介添えも、世話役で動いていただく人もたいへんです。
特に射手は責任重大ですし、同時にたいへん名誉なことです。
今年、私の役は的側で、「あたりにてそーろー」と言う矢申(やもうし)、采揚(さいあげ)でした。

大的式は元々宮中の正月儀式であり、それが後に全国の主な神社でも行われるようになった、長い歴史のある神事です。
子供の頃から、お祭りなどで親しんでいた神社ですが、まだまだ知らないことも多く、その歴史に改めて興味深く思います。
こういった日本の伝統的な行事に関われることは、たいへん名誉で嬉しいですし、”中の人”となり、経験することはとても貴重な体験です。

神社での奉仕活動など、企業社会の効率主義だけではない、地域社会への奉仕の思いが無いとできません。
とかく、なんでもサービス対価で考えて動いてしまう世の中ですが、町内会活動や、地元の神社などを守る活動の意味を、今一度考えてみるのも良いかと思います。


# by tin_box | 2020-01-17 00:18 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 謎の痕跡

弓の稽古 謎の痕跡_d0068664_22314699.jpg
いつも通っている市営体育館の弓道場の弓立てです。
その弓立ての右側の丸で囲ったあたり。
弓の稽古 謎の痕跡_d0068664_22315135.jpg
ある時、気がつきました。
ポツポツと釘を押し付けたような痕が無数にあります。
これはいったいなんでしょう?
反対側にはあまりありません。


勘のいい人はわかったかな
# by tin_box | 2020-01-10 23:14 | ブリキ的生活 | Comments(0)

弓の稽古 初射会

少し遅れましたが、道場での初射会の記事です。

矢渡しの後、上段者から順に引きました(納射会とは逆順です)。
私は前日まで二日間、体育館弓道場で初稽古をこなして調子を上げ(たつもり)でした。
しかし、今回は自分的にはまったく不出来のもので、いつもの悪い癖が出てしまい、後で先生に指摘されました。
初射会は一手だけで、あとは皆でお茶して終わりです。
なので、反省を生かすチャンスもなく。
最後には、大先生から講評で、全員の体配や、注意点をいろいろ受けて、余計にがっかり感が増しました。

前の記事にもあるように、最近の自分のテーマは、"会"を長く、弓道読本によれば”会を深く”ということでしたが、そればかりを気にしていたので、いろいろ気が廻らなくなっていました。
そんなテーマ以前にもっとちゃんとすることがあるだろうにと、まったく迂闊でした。テーマとかチャンチャラおかしいです。
まあ日々の稽古は、こういったことの繰り返しで、一つ出来ては、他の事を指摘され、少し前進すると、また悪い癖が出たりと、行きつ戻りつ修練して錬度を高めていくわけです。
”身に付ける”ということはなかなか難しいです。

参段になってから、審査のときと同じような常に緊張感を持っての体配ができず、つい気が入らず乱れてしまい「いったいお前は本当に参段合格したのか」と、自分に問いたい時も多々あります。
その日の体調、集中力などの違いなんでしょうが、そんな姿を先生に見られてしまい、がっかりされてしまうことは、本当に恥ずかしい思いです。
射についても、ともすると気を抜いた、ただ弓を引いただけのような、”つまらない射”をしてしまい、中る中らない以前の問題を痛感してしまいます。

審査については、実力以外に運もありますが、合格したらしたで、その「段位」については、自分自身で責任を持たないといけません。
合格したから、自分にはその実力があるなんて、安心してたら大間違いです。
自分自身に常に段位の自覚がなければ、次第にその段位は剥がれていってしまうでしょう。
その段位にふさわしいふるまいを身に付けていることはもうベース、土台、当然なのです。緊張感を持つべきです。
単に日々漫然と引いていればしだいに実力がつき、段位が上げられるなど、笑止千万と言われるでしょう。
何も考えず、引いて的に中ればoKなどとやっていると、悪癖はより身に染み付き、頑なで意固地な弓しか残らないでしょう。
そうならないためには、その段位中の日々の稽古では、更に勉強、修練して、上位段に必要となるものを学び、身に付けていく努力がなければならないでしょう。

そんなことを思いつつの弓はじめでした。


# by tin_box | 2020-01-08 23:08 | ブリキ的生活 | Comments(0)

アノマロカリスと蠕虫(ぜんちゅう)

前々記事でリンクしたナショジオでは、アノマロカリスは蠕虫(ぜんちゅう)を食べていたんじゃないかとあった。
蠕虫は、小さいミミズみたいなものを想像すればよいと思う。
あの大きな身体が?大きな触覚で?あの雲丹みたいな口で?
これもなんか説得力無い気がするなー。

蠕虫が巨大ミミズ級で、水中を泳いでいて、それをアノマロカリスが触覚で?前足で?グワシと捕まえて、ガシガシと食べる…。
んー、ヤツメウナギのように吸い付いて体液を吸うという方がイメージできるかな。
そもそも、カンブリア紀の海で蠕虫が悠然と泳いでいたんだろうか。
うちのメダカ甕の中には、赤ミミズがいるみたいだけど、それは底の藻の中に隠れている。
あれをどう捕まえる?
アノマロカリスには1mクラスの体長のものもいたみたいだから、相当貪欲にたんぱく質やカロリー摂取しないといけないだろうな。
蠕虫が大きかったのか、はたまたアノマロカリスの食性がまた違ったものだったのか。
でもカンブリア紀の生物界、環境は、現代の地球とは全然異なるようだから、想像しにくい。

それにしても、あの口で何が食えたんだろう?
ホントに、あれって口?・・・。

# by tin_box | 2020-01-06 23:28 | 雑記 | Comments(0)

弓の稽古 初稽古

支部道場より先に、体育館の弓道場が開いたので、4日、5日と初稽古をしてきました。
年末年始、約一週間、弓を引かずにいたので、感触がどうか若干不安でしたが、巻藁と的前を少し引いた頃には大体戻った感じでした。
中りもいい感じでした。
先生からは、四段にふさわしい弓を引くようにと、新しい課題をいただきました。いや先日参段になったばかりですけどね。
”会”をもっと長くということです。5秒以上。
元々私は”早気(はやけ)”ではないので、あまり気にしていませんが、早気は上段者でもなることがあるらしいので、要注意です。
今までは、”会”の時は自分で決めてあるいくつかのチェックポイントを確認して、弓がプルプルしだす前に”離れ”になるイメージでした。
実際、その時を逸してしまうと、いつ”離れ”になるのか、離していいのか、解らなくなってしまうと思っていました。
”会”を長くしても、その間何していいのか、間が持たないように思えました。
よく言われる”会”を長くするために、秒を数えるようなことは、なんか違うと思っていることもあります。

ところが実際に、”会を長く”を前提に引き分けていくと、また違った感触が出てきました。
まだ始めたばかりで、よくわかっていないのですが、”会を楽しむ”ような感じです。
今までは、”会”は時限爆弾のようなもので、そこへ至るまでの行程を発火させるタイミングを得るだけのようなものでした。
先生からは、”気合の充実”を見せろと、言われてます。
まだそこは難しい気がします。

今夜は道場の初射会です。



# by tin_box | 2020-01-06 15:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)

アノマロカリスとアリストテレスの提灯

アノマロカリスの口が、雲丹の口に似てると。
調べてみたら、その構造が面白かった。
それは、アリストテレスの提灯と呼ばれているそう。
雲丹と言うと、殻の内側に付いてる精巣か卵巣の食べる部分しか見ていなかったけど、言われてみれば、真ん中に何か構造物があったなと。
雲丹面白いなぁ。
そういえば、うにの化石の文鎮、うちのどこかにあった。
サーフィン行ってる頃、浜辺でカシパン(雲丹の仲間の一種)の殻をよく拾ってきたこともある。あれもどこやった?

うにが食べるものは海藻や、海底の有機物だが、比較して大きなアノマロカリスが同じような食性だったのか?
アノマロカリスの口が、このような構造を持っていたのか?
雲丹よりは活動的だっただろうから、肉食系だったのかな?

# by tin_box | 2020-01-03 13:36 | 雑記 | Comments(1)

アノマロカリスの口

正月早々、奇妙な記事だけど。
以前から、不思議、疑問で仕方ない。アノマロカリスの口と前足(的なもの)
ウィキペディアで、アノマロカリスについて、読んでみた。
三葉虫を食していたと言う説は、どうやら否定されつつあるようだがけど、あの口と触覚?前足?はどうしても理解できない。
出っ張ってるとは思えない口でどうして三葉虫を半円形に齧れるのか。
※じゃあ、三葉虫を食ったのは誰だ?
あの口で、何が食べれてたか。
雲丹の口のような形状で、歯もしっかりかみ合わないような構造では堅いものは噛み砕けないだろう。
それに、あの前足(的な何か)で、何かを捉えて口に運んだという人が居るけど、本当か??不合理すぎないか?
口より前側にあって、引き寄せるには全体を丸めるようにしなければならないから掴んで引き寄せて口に運ぶなんてしにくそうだし。
※蟹の前足は口の横方向に出ていて、獲物を口に運び易いようにできてる。それなら理解できる
ナショジオの記事の方がまだよい。
身体も結構大きかったようなので、それなりのものを食べていたと思う。
少々きもい口が身体の底面側にあるので、海底にあるものを食べていたとは、想像できる。
しかし前足(的なもの)の役目がなんともわからない。

水族館などに行くと、アノマロカリスのぬいぐるみがあったりするが、見かけるたびに、なんかもやもやした気分になる。
元旦からこんな事を考えたりしてる。

# by tin_box | 2020-01-01 17:21 | 雑記 | Comments(0)