タグ:静岡ホビーフェア ( 13 ) タグの人気記事

夏の子。

d0068664_22411127.jpg

このクラスの人になると、もうプラモデルとじゃなくて「彫像」の世界。
いや、素晴らしいです。

その昔、タミヤ主催のジオラマコンテスト(みたいな名称だったかな?)に私も作品出したことあったのです。
一応、佳作位には入りましたが、ちゃちなものでした。
by tin_box | 2011-04-07 22:56 | ブリキの街 | Comments(6)

静岡ホビー・フェアは終わりましたが...。

d0068664_22274719.jpg

3月27日、大盛況のうちに終了した静岡ホビー・フェア。
私は結局1回しか行かずじまいでしたが。

その際に撮った画像がグズグズしている間に出す機会を逸した感が。

なんといいますか、思い入れがありすぎるものもあったりで、なかなかでした。

そんな中で、ジオラマ展示も当然あり、たくさん撮ってきました。
これらのジオラマというのは、戦争の情景や戦いの情景をイメージしたものが多くありました。
本当はたくさんアップして紹介したいと思っていました。

しかしながら、このたびの東日本大震災の惨状を見るにつけ、これらの破壊的、暴力的な表現物をアップすることには躊躇せざる得ませんでした。

普段、私は古い建物や町並みを愛でて撮り記事にしてきましたが、そういったものをアップすることにさえ、なにか心に引っかかるものがありました。
自分でもはっきりした理由はわかりませんが、萎えてしまうといった感じがあります。


今回、このガンダムジオラマをあえてアップしてみました。
作者の意図とは異なるかもしれませんが、なんとなく私はこれならいいんじゃないかと思ったしだいです。

非力な庶民には、圧倒的な力で守ってくれる存在が切望されますが、現実には所詮皆同じ人間でありスーパーな存在というのは無い。
そんな感じで。
by tin_box | 2011-04-04 22:56 | インドア/スティル・ライフ | Comments(0)

1/35 ミリタリーワールド まとめて。

d0068664_22292016.jpg
d0068664_22294087.jpg
d0068664_22295763.jpg

第二次大戦ものといえば1/35スケールでいえば戦車がメインでした。
そのあと車両、兵士フィギュアが出されて(初期の戦車についていた戦車兵はクオリティが低かった)、大型モデルとして列車砲なんかがあった。もちろん手が出なかったけど。
なんちゅうか、男的には鉄の塊って好きなんすよね。子供の頃から...。
by tin_box | 2011-02-08 22:53 | ブリキの街 | Comments(2)

1/35ミリタリーワールド

d0068664_22502267.jpg
ドイツ戦車ってのは定番でした。
アメリカ軍のシャーマンなんかと比較しても、ドイツ戦車の力強さやデザインは優れてましたね。

More
by tin_box | 2010-12-18 22:58 | ブリキの街 | Comments(4)

謎のガンダム。

d0068664_22505137.jpg
今、静岡に居るガンダム。
実際に間近で見てみると、実にリアルに造られている。
ん?コレはリアルすぎないか?

物を作った経験があればわかると思うが、コレだけ滑らかなサーフェイスの大きなパーツ群を、組合わせ作り上げるには、半端ではない費用と作業工程が必要となるはず・・・。

この大きなパーツ、金型なしに製作可能なのだろうか。
ものの製造技術を少し知っていればわかると思うが、手作りでは無理があるはず。

このガンダムは実に良くできている...。
いや、それだけなんだけど。
by tin_box | 2010-11-13 23:09 | ブリキの街 | Comments(4)

静岡ホビーミュージアム その7 ノーチラス号

d0068664_22475783.jpg
ノーチラス号、大好きでした。大蛸(大烏賊だったかな?)との戦いとかありましたね。
d0068664_22485674.jpg
このオレンジ色のシュービー号、全然好きではなかったです。はっきり言って嫌いでした。
子供心に、その鋭角的でない、丸いフォルムがいやだったんでしょう。
by tin_box | 2010-11-02 22:55 | ブリキの街 | Comments(0)

静岡ホビーミュージアム その6

d0068664_22385269.jpg
今はなきイマイ科学のシリーズ製品。
サンダーバードは英国のTV番組で人形劇でしたが、なんだか物凄い魅力でした。
国際救助隊?でしたっけ。
私は2号が好きでした。
これって実際には飛べそうにないですがね。

More
by tin_box | 2010-10-28 22:45 | ブリキの街 | Comments(5)

静岡ホビーミュージアム その5

d0068664_2259229.jpg
歴史的ホンダF-1。
そのモデルも大変なもの。
そして、この田宮製モデルの白地の箱画も衝撃的でしたね。今見てもカックイイ~なぁ。

それまでの箱画は、実物とその情景をいかにリアルにイメージさせるかに腐心されていたものでした。
この白地、背景を無くした事で逆に物凄いインパクトを持たせ、モダンな?印象、想像力を掻き立てるようなデザインに昇華したといっていいでしょう。

数年前、地元ではこの箱画展が開かれたほど、箱画は素晴らしいものが多くあります。
私も少年の頃、ボール箱の箱画部分を切り取って保存しておいて、時々眺めたりしてました。

田宮ニュースのこと
by tin_box | 2010-10-26 23:21 | ブリキの街 | Comments(6)

静岡ホビーミュージアム その4

d0068664_2244965.jpg
ライトニング、ムスタングは大戦末期のデビューなので、大して活躍していない。
でもそのかっこよさからファンも多い。

透明モデルってのは、メカ好きな私的には物凄く欲しかったが、たぶん買ったことはなかったように思う。
透明プラスチックってのはもろくて(柔らかさがない)壊れやすかった。
それに接着剤を塗りすぎると周囲が白化してしまい、モデル的には台無しになってしまうのだった。
d0068664_22442285.jpg

これは完全に勘違いだな。
こんなの知らなかったが。
by tin_box | 2010-10-25 22:56 | ブリキの街 | Comments(0)

静岡ホビーミュージアム その3

d0068664_23145675.jpg
プラモデルの最初は、やっぱり戦車だったよな。
これはもう、いい悪いじゃなく、男子の本能的なもの。
戦争ごっことかしたでしょ。
現在はそれがゲームに置き換わってるかもしれないが。


ハーケンクロイツというのは、カギ十字のこと?だったと思う。
この戦車はたしか4号突撃砲戦車とか。

More
by tin_box | 2010-10-15 23:27 | ブリキの街 | Comments(2)