タグ:映画 ( 84 ) タグの人気記事

映画:「脳内ポイズンベリー」観てきた

d0068664_2135312.jpg

原作少女マンガ(読んでませんが)を、現代のCG混成の映画にすると、漫画の独特なニュアンスをここまで表現できるのかと感心してしまいます。

何でこの映画を見に行ったのかといえば、数年前からこれと少々関係してるようなテーマをずっと勉強し続けてるからです。
ここのブログでは紹介してませんが、意識、潜在意識、無意識と本当の心の部分の関係についてです。
ちょっとだけそのことについて書きますと
理性ってのは、自分だけじゃ判断できないんですね。
心の奥にあるような感情というか衝動というかその何かが必要です。
でも記憶は、自分の経験だけじゃなく、周囲の様々な常識を持っていて、理性に余計な入れ知恵したりする。
それにあらぬ妄想をする部分(ネガティブやポジティブ)もあり、感情は無駄に?揺さぶられる。

というわけで大変面白く観ました。
7月?には、ディズニーでインサイド・ヘッドも封切られるようですが、これはどうなんでしょう。
子供向けかな?

それにしても真木今日子じゃなかった、真木よう子さんはかわいいですね。
by tin_box | 2015-05-09 23:00 | ブリキ的生活 | Comments(0)

目黒 太鼓橋より ~ 寄生獣完結編

d0068664_23481274.jpg

ぱっと見、をっ、ヨーロピアンかとw
なんだラブホ?知りませんけど。
ちょっと前までは桜がきれいだったでしょうね →ググッてみたら
昨日はまた、南米密林さんにお邪魔してきました。
行人坂にへこへこしつつ、ホリプロを眺めて、ボクチンがもうすこし若かったら、もしかしてお世話になっていたかもwなんて。
最近東京に行くたびに外人さんが増えたなぁと実感してます。
どこへ行っても、人種も多様ですごいことになってきてるんじゃないかと。

~~~~

話し違いますが、寄生獣完結編、初日に観てきました。
なかなかいい出来だと思います。
原作漫画の方を読み返してはいないので、その辺のイメージの違いとか、がっかり感とかが無いのがよかったのかもしれません。
ワキがすごい面子なので、安定感がありますね。
二部構成にしたのもよかったんでしょう。
あれを一本に圧縮するとなると、相当飛ばしますからダメでしょう。

その前に観た「暗殺教室」はお子様向けでしたw。

ここ最近は観たい邦画が目白押しですw。
by tin_box | 2015-04-29 23:55 | ブリキの街 | Comments(0)

映画:「エイプリル・フールズ」

あれは観に行ったほうがいい。
面白いし、映画数本分の感動がある。

複数のストーリーが入れ替わり立ち代りめまぐるしく展開していく様子はとても見応えがある。
後半にはそれぞれのストーリーの感動の(そうでもないのも一部あるが)エンディングの波が押し寄せてくる。
近年観た邦画の中では一番お客が入ってた。
by tin_box | 2015-04-05 23:36 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画「寄生獣」

観てきた。
人を食った話だw

昔コミックで読んだが、結構重くてへこむ話なので、繰り返して読む気はしなかったが、名作ではある。
映画作品は、現代のCGが駆使されていて、大変リアルに描かれている。
内容的にもかなり原作に忠実に沿ってるなーと、思い出しながら観てたら、この作品、完結しなかったw。
何だ知らなかったよ。
4月末に完結編がリリースされるようだ。
これから2部作がブームになるのか?

他の映画の予告編がいくつかあり、そちらも見たいと思ったが、出てきたら題名を忘れてしまったヨw。

あ、エクソダスとジョーカー・ゲームだ。
レクイエムもちょっと見たい。
久しぶりに邦画以外に興味が沸いた。
by tin_box | 2014-12-30 16:38 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画「渇き。」

d0068664_22225335.jpg

役所広司が暑苦しいw。

いろいろ意見もあって、すごい映画だと思うが、そんなに深い意味は無いだろう。
要するにヴァイオレンス・エンターテイメントみたいなもんだ。

サイコパスの娘を持った親父のダイハード・・・みたいな。

しかし始まったばかりだというのに、お客が4人て。
大丈夫か?日本映画、映画館。

おまけ
by tin_box | 2014-06-28 22:38 | ブリキ的生活 | Comments(0)

テルマエ・ロマエ 観た。

d0068664_20585080.jpg
券と一緒に「テルマエ・ロマエ-特別編」の小冊子をもらった。
この作品はすごく面白い。
ローマでロケもやってるんだろうが、ところどころチープで(ワープするところなんか)金かかってんだかどうなんだか、大作なんだかそうでもないんだか、よくわからない。
阿部寛はローマ人に混じっても違和感ないとか、上戸彩はやっぱり童顔だとか思いつつ。
涙流しながら笑った。

現地ローマでの試写会もイタリー人にたいそう受けたようでよかったね。
by tin_box | 2012-04-29 21:05 | ブリキ的生活 | Comments(0)

ブリューゲルの動く絵

d0068664_20455884.jpg

この作品は普通の映画とはまったく異なる。
観る前にブリューゲルの絵を穴の開くほどじっくり観ておくことをお勧めする。

ブリューゲルの絵ははっきりした中心というものが無く、隅々まで人々が描かれていて、どこから見てもおもしろい。
きっとブリューゲルは村の隅々まで見て聞いて廻り、それらすべてを語りたかったのだろう。

・・・・

この作品は半分ブリューゲルの絵であり、もう半分は映画の作者の空想物だ。
ブリューゲルを前にして、ずずーっとその世界、その時代に自分が入り込んでしまうような。
ま、後は観てのお楽しみ。
by tin_box | 2012-04-01 21:45 | ブリキ的生活 | Comments(0)

源氏物語 千年の謎。

d0068664_1651814.jpg
いきなり道長(東山紀之)と紫式部(中谷美紀)のラブシーンから始まってしまい、若干どぎまぎしてしまう。

物語は紫式部が語る世界と現実の世界が交錯し幻想的に進んでいく。

葵上、六条の御息所の物語がメインかな。
田中麗奈さん、凄かったです。

日本の女優さんって、美しいですねぇ。
そこだけでも観る価値はありますよ。
いや物語も面白いですよ。


余談ですが...。
お能のお題にある「葵上」ではシテ(主役)が六条の御息所で演じられますが、お題になっている肝心な葵上は登場しないんです。
どうするかといえば、舞台上に装束だけを置くんです。
病身に臥しているんですね。
※お能ではこういった、省略というか「~のつもり」みたいな設定が非常に多いです。
 でもそれが観る者のイメージを膨らませるには良いのです。

葵上を六条の御息所の生霊が飛んでいって苦しめるというお話。


実は私、源氏物語はまだ読んでないんですがw。

そのうち読んでみたいと思います。
ま、あまり知識無くても映画は楽しめると思います。
by tin_box | 2011-12-24 17:18 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画「一命」

d0068664_22361962.jpg
始まると同時に観客は息を呑み、微動だに出来なくなった。

重厚な映像、息が詰まるような物語の進行と深まっていく謎。
極めて濃密な時間。

誰も咳払いひとつしない。

日本人であるならば、観れば解る。すべてがわかるというか、共感するだろう。

外国の方には解らないかもしれない。
いや、少しはわかる部分もあるかもしれないが、無理な部分もある。

なんて言えばいいのか。
映像の美しさ、一つ一つの場面の意味、細部、時間軸の構成、すべてが濃密過ぎるくらい太く絡んでいる。
象徴、言葉、動きと動作。

このような作品を観たのは初めてかもしれない。
by tin_box | 2011-10-22 23:01 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画「はやぶさ」を観た

d0068664_228835.jpg

始めのタイトルが出た時点で、もうウルッときてw。
全編通して泣けたぁw。内容わかってても泣けた。

竹内結子が色気ゼロの研究員やってておかしかったぁ。あそこまでやっていいだろうか?女優としてこの先w。
それは兎も角。

はやぶさ自体のCG映像も凄かった。臨場感あった。
擬人化するのもわかる、理解できる。
私たちの手足、目になって旅してくれたんだもの。
※イトカワはラッコじゃなくてウ○チだよなーw


最後のはやぶさが大気圏で燃え尽きるシーンはホントに泣けた。
でもね、はやぶさは燃えて無くなっちゃったんじゃなくて、燃え尽きることで地球と一体化したんだ。
機械、電子部品から地球自体に戻ったんだ。お帰りはやぶさ!
そう思えば、なんだか逆に嬉しくなるよな。



自分が子供の頃の日本のロケットはしょっちゅう失敗(糸川博士によると成果)ばっかしで。
固形燃料ロケットの技術は凄いと聞いてたけど米国みたいになんで液体燃料使わないかと疑問だった。
アポロが月に行った頃も日本のロケットは小さくて有人なんてまだまだだった。
それがいつの間にか独自の境地を切り開いていた。
日本というより、日本人って凄いよね。

・・・

話は違うが。
頭脳明晰な集団が、(少々お宅ッ気があるが)目的に向かってまい進すれば、これほどの成果をあげることが可能だと。
自分は、そういった人はいい大学出て、きっと幸せな苦労の無いお金持ち安楽な人生なんだろうなとか、思ってたけれど、実際はそうじゃないんだなと。頭がよければ、やっぱりそれなりの社会的な使命があると。

政治家、自己保身ばかり考えてる官僚ども。恥ずかしくないのか。
君らには責任があるのだ。



今の子供たちが、このはやぶさやイカロス、予定されてるはやぶさ2のことをもっと知って、引き継いでくれることを切に願ってやみません。
by tin_box | 2011-10-15 23:25 | ブリキ的生活 | Comments(3)