タグ:映画 ( 93 ) タグの人気記事

猫侍 南の島へ行く

d0068664_2105185.jpg

いつになく客席が埋まっていた。
それも女性多し。たぶん猫好き女子。

なんちゅうか、困ったもんだ。
ゆるすぎてねじが完全に外れちゃってる。
玉之丞はかわいいんだけどね。

結局なにが言いたいんだ?と、途中まで思っていたが、最後に解った。

「許すこと、大事」
だって。
案外、これですべて、パッと昇華しちゃってるのが、ちと良かったな。
by tin_box | 2015-09-06 22:06 | ブリキ的生活 | Comments(0)

脳漿炸裂ガール

d0068664_22285580.jpg

ちょっと前の神田さやか似の柏木ひなたと、新垣結衣似の竹富聖花が主演。
この映画、名前を見たのは今朝だったw。
昨日まで全然知らなかった。気まぐれで観に行ったのだが。

ま、なんちゅうか、途中で2回寝たw。
ストーリーが雑、矛盾点があってもほったらかしで、いきなり話が飛ぶし、まるで女子の会話そのものw。
言うほどひどくはないが、衣装や小物、男子の言動も少女マンガ由来というのがよくわかった。
先日観た、青鬼ver.2.0は極端にひどかったが、これもあまり褒められたできではなかった。
というか役者、監督よりも、映画にする前に原案自体で両者とも失敗が見えてる。
邦画をほめたばかりなのに、がっかりだ。
by tin_box | 2015-07-26 22:45 | ブリキ的生活 | Comments(0)

ターミネーター・ジェニシス

d0068664_2223087.jpg

Terminator Genisys
ジェネシスなら知ってる英国の昔のバンドだけど、え?ジェニシス?ニ?二なの?
そんで同じ意味かと思って調べたら、Genisysってなくて、genesisじゃん
え?造語?造語なの?
創世記じゃなくて再起動?
リブートじゃだめなん?
ターミネータ・リブート・・・

やっぱダメかw。

いろいろ言われてますが、まあ面白かったですよ。
ストーリーとか、シリーズ作と整合性考えてると、わけわかんなくなってきますが。

でもあのサラさん、お目目でっかくて、カワイイ系(向こうの人としてですが)で、なんか以前の強いサラ像とは違うんですけど。

シュワちゃんも歳とりましたねぇ。
映画って、なんか寿命が長いって言うか、やっぱTVドラマとは違うんですねぇ。

※写真は入り口でもらったボール紙の団扇です
by tin_box | 2015-07-12 22:38 | ブリキ的生活 | Comments(0)

ストレイヤーズ・クロニクル

d0068664_2020245.jpg

岡田将生って、肩幅広いなーw。
最近、染谷将太もよくみるな。
また成海璃子もでてた。あんまり変わんないね、この人。もう少し色気が出たらどうなるんだろう。
他の女優さんたちもいいなぁ。演技もいいけど、かわいいw。
日本の女性はホント美しい。

サイボーグ009、 モンスター(浦沢直樹)、インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイアみたいな。

あの廃墟、どこだろう、行ってみたい。

ゲスの極み乙女。の曲がよかった。
このバンド、おお化けするな。
by tin_box | 2015-06-28 20:42 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画「極道大戦争」

d0068664_22192457.jpg

今、日本で一番坊主頭が似合うのは市原隼人だな。
てか、日本映画大丈夫か?
いい意味でw。
もうとんでもなく吹っ切れてるというか、最近の邦画はどれもみんな昔の映画の常識をぶち破ってる。
ハリウッド(SF、SFXでさえ)がもうコンサバだなぁとあくびが出てしまうくらい、邦画の方がぶっ飛んでる。

それにふり幅がとんでもない。
先週見た「海街~Diary」みたく情緒豊かなものから、CG駆使した寄生獣、アニメを一部効果的使った「渇き」なんか、もう実写、CG、アニメを混ぜこぜにしてる。

この映画も、最初まじめに観てると、途中で笑ってしまうのだが、かっこいいんだな。

成海璃子は、「瑠璃の島」出てた頃から注目してた。
きっと大物女優さんになると思ってたが、ちょっと作品に恵まれてないかな。
今作品でも少し出番が少ないし。
表情がドラマチックだし、いい作品にはまれば、もっと注目されると思うんだが。

リリー・フランキーのでてる映画、立て続けに3本になったわけだ。
どの作品でも、力の抜けた中年親父役がいい感じなんだけど、この作品では、それ+刃傷沙汰アクションもやってる。
いや、ちょっと見直したこの人w。
by tin_box | 2015-06-21 22:42 | ブリキ的生活 | Comments(0)

海街diary

すずちゃん、かわいいなぁw。

事件といえるような出来事はほとんど起こらず、物語は進行していく。
ほとんどは日常によくあるようなこと。

女優ばっか出てて、男は少年とリリー・フランキーとあとアフロの人くらい。
割と存在感薄い。最後の方でちょこっとだけ存在感出すけど。

でもなんかずっと涙目で観てた。
なんだろうな、理由はよくわからない。

三姉妹はなんか男っぽく?いやすごい大人に見えた。
それでも失敗や悩みを抱えてる。
人間いくつになったって、それは他人から見ただけの話で、本人的にはみんな現在進行形の未熟な自分たち。

この映画は、何がテーマなんだろう?どこがポイントなんだろう?
鎌倉(たぶんあの家は北鎌倉あたりかな)の四季と生活そのものなんだろうか。
緑が深く、湿潤でみっちりとした空間がいかにも日本ぽい。

たぶん、たぶんだが、この映画を観て、自分の日々、毎日のなにげない生活を愛おしく思えるようになったら、それが一番の収穫なのかもしれない。

あと、この映画のもう一つの楽しみ方として、女優さんたちを愛でるってとこかなw。
源氏物語 千年の謎も女優さんたちがすごかった。

すずちゃんは、最初は台本を見せてもらえなかったようで、その場で台詞を指示されたとか。
後から映画を観て、いろいろびっくりしてたようです。


しらすトーストの件
作ってみました。具体的なレシピがあったわけではないので、テキトーに。
スライスチーズを載せたトーストに、たっぷりのシラスを載せてEVオリーブオイルをまんべんなく掛けていただきました。
これはおいしい。
シラスを載っけてからトーストだと(試してないけど)たぶん、しらすが乾いて(もしくは少し焦げて)しまって、食べにくいかと想像します。
by tin_box | 2015-06-15 23:39 | ブリキ的生活 | Comments(2)

映画「天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬」「トイレのピエタ」

d0068664_15585125.jpg

赤塚先生が亡き後、それをいいことにやりたい放題w。
いや、ご存命だったら、もっとすごいことに・・・。

これほどアホらしいアニメを観た事はない。
もうバカって言うか、ここまで逝くと逆にすがすがしいくらいだ。
これを映画館でわざわざやっていいもんだろうか?
「これでいいのだ」

エンドロールで知ったのだが、ネロの声を滝本美織さんがやってる。
もっとチャンと聞いておけばよかった。
ダンテの声が村井國夫ってのはどうでもいいが。

d0068664_1559244.jpg

ストーリーとしては、よくあるもので、驚きは無い。
キャストもイメージそのままで演じられてる感じ。
だから観客が予想がつくだけに、画面の美しさや細かいニュアンス的は部分に神経を集中してたと思う。
悪くはないが、泣くタイミングがわからなかった。

ネタバレ注意
by tin_box | 2015-06-07 16:29 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画「新宿スワン」

d0068664_20472660.jpg

沢尻エリカさんの役が割りと軽めなのが意外だった。
伊勢谷友介さんがかっちょええね。
緊張感があって、なかなか面白い映画でした。
by tin_box | 2015-05-31 20:56 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「イニシエーション・ラブ」

d0068664_20463666.jpg

地元静岡市でロケということで、しつこく宣伝されていたので観てみるかと。
別にあっちゃんのファンじゃないしw

最初のシーンからずっこけるw (ずっこけるという言い方も古い時代か)予告編と違うじゃんか。

途中から、ああなるほどと納得してみていくが・・・

「あなたは必ず2回観る」というキャッチには、そんなことあるかいと。

終わってみれば、まあそういいたくなる気も解るがと、いやそういう意味ではないと。

やられたなこりゃ。

ネタバラすなと釘を刺されているので、何も書けないw

ていうか、変に書いてもきっとわかってもらえない。何言ってるかわかんないと思う。

でもたぶん、観てない人が予想するどんでん返しとは違うと思う。

一つだけ言わせてもらえば、一人かわいそうな人がいる(超重要なのに)

それ以外の点で

ここは静波と違うぞと思ってみたり(よく通ってたからすぐにわかる 最後に場所の紹介があった)

いくら当時の車だとて、少々痛みすぎw 当時はもうちょっときれいだったと思う。

しぞーか弁が、ちょこっとしかでてない。

前田敦子さんとか、木村文乃さんとかのアップにはどぎまぎしちゃう。

2回だけCGを使ってるが、あれはCGっぽく無い使い方としてはすごい斬新。
あそこだけもう1回観たいw


面白い作品なので、観とくといい。
by tin_box | 2015-05-25 21:04 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「脳内ポイズンベリー」観てきた

d0068664_2135312.jpg

原作少女マンガ(読んでませんが)を、現代のCG混成の映画にすると、漫画の独特なニュアンスをここまで表現できるのかと感心してしまいます。

何でこの映画を見に行ったのかといえば、数年前からこれと少々関係してるようなテーマをずっと勉強し続けてるからです。
ここのブログでは紹介してませんが、意識、潜在意識、無意識と本当の心の部分の関係についてです。
ちょっとだけそのことについて書きますと
理性ってのは、自分だけじゃ判断できないんですね。
心の奥にあるような感情というか衝動というかその何かが必要です。
でも記憶は、自分の経験だけじゃなく、周囲の様々な常識を持っていて、理性に余計な入れ知恵したりする。
それにあらぬ妄想をする部分(ネガティブやポジティブ)もあり、感情は無駄に?揺さぶられる。

というわけで大変面白く観ました。
7月?には、ディズニーでインサイド・ヘッドも封切られるようですが、これはどうなんでしょう。
子供向けかな?

それにしても真木今日子じゃなかった、真木よう子さんはかわいいですね。
by tin_box | 2015-05-09 23:00 | ブリキ的生活 | Comments(0)