タグ:映画 ( 84 ) タグの人気記事

映画:「アイ アム ア ヒーロー」

d0068664_19372312.jpg

よくあるゾンビものだ。
グロいよ。寄生獣くらいグロい。
ZQNの発生原因とか、省かれてる。科学的な部分はない。
自衛隊機はたくさん飛んでって、どこへいったの?
要は、この映画では、他のゾンビ映画で表現されている部分は、そちらで想像してもらって、パニックだけに集中してるのだ。
ゾンビ映画全体の一部で考えればいい。
でも公式サイトからいく「はじまりの日」には、背景とかあったりする。
好きになればいろいろあって面白いかもしれない。

二日続けて疲れる映画だった。
一度、最初のグロい場面だったか忘れたが、観客から思わず悲鳴とも笑いとも不明なざわめきが起きた。
こういう作品も珍しい。

海外の映画祭で、いくつか賞取ったみたいだ。
しかし、撮影が2年前ってインタビューで言ってたけど、そんなに編集とか時間かかんの?
それと、TV宣伝で、韓国ロケって何回も何回も何回も言うなよ。うっとうしいな。
by tin_box | 2016-04-24 22:24 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「レヴェナント 蘇えりし者」

d0068664_1772753.jpg

熊は怖いよ。
くまたんカワイイなんていってるやつ、三毛別羆事件とか、福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件とかの記事、読んだら、背筋凍るよ。
YouTubeなんかで熊、襲うなんて、検索したら絶対ダメだよ。

映画の最初の方で、デカプリオが熊にやられるんだけど、すごいリアリティがある。
でも普通死んでるな、あれは。
で、仲間の裏切りで息子が殺されちゃう。
その復讐だけで生き続けるんだが、途中で何度も凍てついた河に全身浸かってる。
大怪我してるし普通凍死してるだろ。
でも実話、元にしてるんだって?

観てて、全体的にどいつもこいつもワイルドすぎてついて行けない感があった。
観終わったら、むっちゃ疲れてた。
by tin_box | 2016-04-24 19:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ホテルコパン」

d0068664_035235.jpg

ろくにお客が入ってないじゃん。
予告編とか先入観で判断したらダメよ・・・、実は自分もあんまり期待してなかった。

パターンとしては、すべての登場人物が何らかの悩み、トラブルを抱えていて、あるところに集まって何かドラマが繰り広げられる」という、よくあるやつだ。
映画「エイプリルフールズ」も同様のパターンだった。
よくあるパターンだから面白くないとうことではない。
このパターンには良い作品が多いと思う。

ともかく。
割とシリアスな前半。どいつもこいつも嫌なパターン背負ってんな。
しまいにゃ、能天気だとばかり思ってた支配人まで。

でも劇的な後半が・・・。
多少、ストーリー的に気になる点も...いや細かいことですが。

ホテルの人間が3人しか出てこないんだよね。
シェフとか、どうしてんのとか、気になったり。
いやあまりに存在を消してたんでね。

いい作品です。お勧め。
by tin_box | 2016-04-17 00:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ライチ☆光クラブ」

d0068664_2223930.jpg

R15+だ。
BL、フランケンシュタイン、グロテスク、倒錯、三島由紀夫 て言えば、やばさが伝わるか。
客席は若い女性ばかりだ。そうゆうシーンじゃこっちの方が困っちゃったよ、ったく。

夢野久作の、題名は書かないが、鉄鋼の町を舞台にした小説があるが、その世界観に近い気がした。
暗くて、鬱々として...。

中条あやみがヒロインを演じていて、その名前がカノンというのだが、先日観た「無伴奏」に頻繁に流れてた、曲名も何回も出た「パッヘルベルのカノン」になんだか繋がったようにちょっとだけ思った。
繋がんないか、そうか。

お勧めかどうか、よくわかんないな。
人によっては、嫌悪するような作品だが、それに堪えられる人には、評価できるのかもしれない。
by tin_box | 2016-04-10 22:08 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「のぞきめ」

d0068664_22131771.jpg

なんでホンダ・シティ・ガブリオレなんて古い車を使うんか。
現代の話なのにさ。意味わからんさ。

それはともかく。
板野友美さんは、元々あまり表情豊かな人ではないので、仕方ない。
でももちっと強烈にやっても良かったんじゃなかろうか。
落ち着いてんだか、冷静なんだか、ただボーっとしてんだか、よくわからん。

ホラーとしては中途半端だし、途中からミステリーっぽくなったが、なんか解決したのか?したんか、そうか。

その昔、よそ者をきらう村もあっただろう。
今でも山奥へ行くとなんとなく居心地の悪さを感じることもある。
通常の旅ならいろいろ整備された街道を行けばいいし、巡礼でもそれなりのルートならば整備されていただろう。
漂白の民サンカ」の話も小耳に挟んだこともある。
そんな類がベースなのかなと思った。

ところで、あの土の柔らかさはEM-1でも使ってんのか?
by tin_box | 2016-04-02 22:36 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「無伴奏」

d0068664_2031413.jpg

やたらとタバコが煙たい映画だ。
成海璃子もやたらタバコを吸う。
他の出演者もやたら吸う。
エキストラたちもやたらとタバコに火をつけてる。

More
by tin_box | 2016-03-27 22:33 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」

d0068664_16124622.jpg

昨夜、TVで「マン・オブ・スティール」をやってて、後半からだが観た。
そしたら、まさかのその続きから始まった。
ていうか、若干オーバーラップしつつ。

More
by tin_box | 2016-03-26 17:05 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「僕だけがいない街」

d0068664_239151.jpg

ちはや~より観客の入りは良かった。

原作漫画は、見ていない。
が、後からだったが、Wikipediaをみたら、ストーリーがほぼ載っていた。
映画では若干省かれている部分もあったが、大まかその通りの展開だった。
見終わってから、当初はパラレルワールド設定だと思っていたが、そうじゃなくって、時間軸を行ったり来たりして、やり直して・・・?
いや、現実体験しているんだし、それをやり直したら、その体験はどこへ行ってしまうのか?
なんだかよくわからなくなってくる。
でも作品そのものは、その辺工夫されていて、ストーリー展開は解り易いと思う。
いい作品だと思う。

ただ、藤原竜也のお母さん役が石田ゆり子ってのは、ちょっと若すぎじゃね?
ま、いいけど。
by tin_box | 2016-03-21 23:16 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ちはやふる 上の句」

d0068664_23151754.jpg

初日でメチャ混みかと思いきや、客席が埋まっているのは後ろの方だけで、半分より前は誰も居ない。
最近の映画としては、入りは良いほうだが、宣伝している割には、ちょっとよくはないだろうな。

よくある学園ものかなと、あまり期待しては居なかったが、予想に反して、見応えのあるいい作品だ。
無駄なシーンがないし、役者さんの演技もいいと思う。
骨太の構成と言うか、漫画原作のいいところというのだろうか、ストーリーがシンプルで、妙に大人ぶって雰囲気で見せるとか、表情でカタル的な、監督の自己満足的なのがないのが印象がいい。
と、書いていて、なんと奢った言い方なんだ→自分w。

久々に集中して観れた作品だった。
by tin_box | 2016-03-19 23:24 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「シャーロック 忌まわしき花嫁」

d0068664_23481488.jpg

上映開始から日にちを経ている割には、入りが良い。
しかも若い女性が多いのは、カンバーバッチファンなのかな。
それ以外ないだろな。
まさかシャーロック・ホームズファン、推理小説好きってわけでもないだろ?
散々アップで見れたから満足できたかな?>女子団。

何せいろいろ入り組んでいる作品なので、説明に困る。
いや、いつも説明なんてしてないやw。
これを小説で書いたら、やたらと冗長になるし、スピード感でないだろうなというのは、想像付く。
めまぐるしく、過去と現代、小説の中と外?現実と虚構、想像が入り組んでいる。
珍しく2回以上観てもいいかもしれないと思った作品。
いや、そんなには感動はしないんだけどね。
観終わってから、あそこどうなってんだとか、見落としたところ確かめてみたいとかの欲求なのだが。

んと、花嫁はあんまり重要でもない。
ま、謎の主体なんだがね、謎解きはちょこっとしたものでしかない。作品全体からすれば。
by tin_box | 2016-03-15 23:58 | ブリキ的生活 | Comments(0)