タグ:映画 ( 79 ) タグの人気記事

映画:「ヒーローマニア 生活」

d0068664_2223451.jpg

ポスターの東出昌大くんが、本人っぽくないですが。いいですか?
で、ガムテープ使ってましたっけ??さっぱり覚えてないんですが?観てたはずなんですがねぇ。
おっかしいなぁ。
いや、1,2分居眠りしたことは認めますが。

小松菜奈さんがセクスィー過ぎます。
やりすぎです、サービス過剰です。
いや、そういう目で見てる私が悪いんでしょうが。

静ちゃんは、途中まで気がつきませんでした。ごめんなさい。

なんちゅうかストーリーが強引すぎません?
シーンの決め!にこだわっているのは、そんなに悪くは思いませんが(いちいちざーとらしいですが)。

なんかねぇ。急ぎすぎな気がします。欲張りすぎです。
もうちっと、じっくり作っても良かったんじゃないかな。
コメディなのか、シリアスなのか、どたばたナンセンスなのか、的絞れてないような。
オースティン・パワーズなんか勉強したらいいんじゃないかなー、と生意気なこと言ってみたりテスト?。
by tin_box | 2016-05-08 22:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「64(ロクヨン)前編」

d0068664_21582491.jpg

8割以上の入り。
年齢層高い。

たった7日間の昭和64年に起きた、時効目前、未解決のままの少女誘拐殺人事件。
それまで警察は何をしていたかは描かれてはいない。
そこがちと不満。

警察は常に誠心誠意、事件解決に努力しているわけではなく、官僚組織内の闘いに明け暮れている。
記者クラブとの闘いも激しい。

前編では、なにも解決しない。
解決しないどころか、最後には大変な事態が始まろうとして終わってしまう。

無駄話
by tin_box | 2016-05-08 22:23 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「スキャナー記憶のカケラをよむ男」

d0068664_21403240.jpg

チラシの萬斎さんが萬斎さんに見えないんですが、よろしいですか?

なんかどう言ったらいいのか、難しい作品。
難解という意味でなくて、なんか違う?足りない?違和感?
悪くはないんですよ。
面白かったし。
なんだろうなぁ、よくわかりません。
by tin_box | 2016-05-03 21:54 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ちはやふる 下の句」

d0068664_22193731.jpg

詩暢(しのぶ)[松岡茉優]のドSクールさにしびれた。いいねぇ。
新をどつきまわすシーンもいいw。
ストレイヤーズ・クロニクルではじめて見たけど、いい、好きですw。
千早[広瀬すず]を食ってたな。
ちひろと対戦して、好敵手とみて、にやりと笑うののもいいw。

なんか前作よりスケールアップした感じ。
前作で、各人のキャラクタが定まってるので、今作はより深く描けてるのかもしれない。
一応、これで完なんだけど、まだ含みがあるよね。
クィーン戦とか、しのぶの攻略もまだヒントくらいしか出てないし。
でも数年経ったら、出演者みんないい大人になっちゃうだろうな。
もうクランクインしとかなきゃ遅いかも。
by tin_box | 2016-05-01 22:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「追憶の森」

d0068664_22211429.jpg

男は人生に絶望し、最期の地と決めた森に来た。
そこで道に迷った男と出会う。
そしてなぜか自分の事を忘れ、その男を助けながら森からの脱出を試みる。
森を彷徨いながら、男の話や自分の人生を振り返る・・・。

以下ネタバレ注意
by tin_box | 2016-04-30 22:49 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「アイ アム ア ヒーロー」

d0068664_19372312.jpg

よくあるゾンビものだ。
グロいよ。寄生獣くらいグロい。
ZQNの発生原因とか、省かれてる。科学的な部分はない。
自衛隊機はたくさん飛んでって、どこへいったの?
要は、この映画では、他のゾンビ映画で表現されている部分は、そちらで想像してもらって、パニックだけに集中してるのだ。
ゾンビ映画全体の一部で考えればいい。
でも公式サイトからいく「はじまりの日」には、背景とかあったりする。
好きになればいろいろあって面白いかもしれない。

二日続けて疲れる映画だった。
一度、最初のグロい場面だったか忘れたが、観客から思わず悲鳴とも笑いとも不明なざわめきが起きた。
こういう作品も珍しい。

海外の映画祭で、いくつか賞取ったみたいだ。
しかし、撮影が2年前ってインタビューで言ってたけど、そんなに編集とか時間かかんの?
それと、TV宣伝で、韓国ロケって何回も何回も何回も言うなよ。うっとうしいな。
by tin_box | 2016-04-24 22:24 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「レヴェナント 蘇えりし者」

d0068664_1772753.jpg

熊は怖いよ。
くまたんカワイイなんていってるやつ、三毛別羆事件とか、福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件とかの記事、読んだら、背筋凍るよ。
YouTubeなんかで熊、襲うなんて、検索したら絶対ダメだよ。

映画の最初の方で、デカプリオが熊にやられるんだけど、すごいリアリティがある。
でも普通死んでるな、あれは。
で、仲間の裏切りで息子が殺されちゃう。
その復讐だけで生き続けるんだが、途中で何度も凍てついた河に全身浸かってる。
大怪我してるし普通凍死してるだろ。
でも実話、元にしてるんだって?

観てて、全体的にどいつもこいつもワイルドすぎてついて行けない感があった。
観終わったら、むっちゃ疲れてた。
by tin_box | 2016-04-24 19:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ホテルコパン」

d0068664_035235.jpg

ろくにお客が入ってないじゃん。
予告編とか先入観で判断したらダメよ・・・、実は自分もあんまり期待してなかった。

パターンとしては、すべての登場人物が何らかの悩み、トラブルを抱えていて、あるところに集まって何かドラマが繰り広げられる」という、よくあるやつだ。
映画「エイプリルフールズ」も同様のパターンだった。
よくあるパターンだから面白くないとうことではない。
このパターンには良い作品が多いと思う。

ともかく。
割とシリアスな前半。どいつもこいつも嫌なパターン背負ってんな。
しまいにゃ、能天気だとばかり思ってた支配人まで。

でも劇的な後半が・・・。
多少、ストーリー的に気になる点も...いや細かいことですが。

ホテルの人間が3人しか出てこないんだよね。
シェフとか、どうしてんのとか、気になったり。
いやあまりに存在を消してたんでね。

いい作品です。お勧め。
by tin_box | 2016-04-17 00:35 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ライチ☆光クラブ」

d0068664_2223930.jpg

R15+だ。
BL、フランケンシュタイン、グロテスク、倒錯、三島由紀夫 て言えば、やばさが伝わるか。
客席は若い女性ばかりだ。そうゆうシーンじゃこっちの方が困っちゃったよ、ったく。

夢野久作の、題名は書かないが、鉄鋼の町を舞台にした小説があるが、その世界観に近い気がした。
暗くて、鬱々として...。

中条あやみがヒロインを演じていて、その名前がカノンというのだが、先日観た「無伴奏」に頻繁に流れてた、曲名も何回も出た「パッヘルベルのカノン」になんだか繋がったようにちょっとだけ思った。
繋がんないか、そうか。

お勧めかどうか、よくわかんないな。
人によっては、嫌悪するような作品だが、それに堪えられる人には、評価できるのかもしれない。
by tin_box | 2016-04-10 22:08 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「のぞきめ」

d0068664_22131771.jpg

なんでホンダ・シティ・ガブリオレなんて古い車を使うんか。
現代の話なのにさ。意味わからんさ。

それはともかく。
板野友美さんは、元々あまり表情豊かな人ではないので、仕方ない。
でももちっと強烈にやっても良かったんじゃなかろうか。
落ち着いてんだか、冷静なんだか、ただボーっとしてんだか、よくわからん。

ホラーとしては中途半端だし、途中からミステリーっぽくなったが、なんか解決したのか?したんか、そうか。

その昔、よそ者をきらう村もあっただろう。
今でも山奥へ行くとなんとなく居心地の悪さを感じることもある。
通常の旅ならいろいろ整備された街道を行けばいいし、巡礼でもそれなりのルートならば整備されていただろう。
漂白の民サンカ」の話も小耳に挟んだこともある。
そんな類がベースなのかなと思った。

ところで、あの土の柔らかさはEM-1でも使ってんのか?
by tin_box | 2016-04-02 22:36 | ブリキ的生活 | Comments(0)