タグ:映画 ( 92 ) タグの人気記事

映画:「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

とても見応えのあるよい作品でした。
自分には、料理の味を記憶できるとか、再現できるとか、想像もつかないけど、本当に居るんですかねえ。
ミカン見たら、口の中唾液が出るみたいな、「なんとかの犬」みたいな反応しかできないですけど、自分は。 あ、パブロフでしたね
某イタリアンシェフでしたっけ?最近TV出見ないですが、本業が忙しくて順調なんですかね。
絶対音感なんかも、素人には、Cの音はこれ?ンー♪ 位は見当つけられますが、それ以上は無理ですよね。
ギターのチューニングで合ってない位は解りますが。

料理に戻りますが、例えば、柿を使ったソースって作れるかなぁと想像して、どんな材料を用意して、どういう風に調理して、どういう料理に合うのかとか。
ちょっと考えてみましたけど、柿はソースじゃなくてジャムくらいしか思いつきませんでした。
新しい料理を作り出すには、味の記憶の積み重ねと調理テクニック、科学の知識も必要でしょうね。
※今日になってちょっとググッてみたら柿ソースってあるみたいですね。作ってみようかな

兎も角、作品中で、宮崎葵さんがずっとカメラを持ってたのは、オリンパスへの配慮でしょうか。
時代的にバルナックなのは当然ですが、カメラケースというかストラップとカバー(カメラ全面にペロンとかかってた)が絣柄の布製で素敵でした。
実際は皮ケースだったでしょうが、誰の入れ知恵?O社?葵ちゃん本人リクエスト?
いや、どうでもいいんですが。

物語の内容は、あんまり話せないんですね。
話はメビウスの帯のような、壮大なビックリドッキリみたいな。

そうそう二宮君ですが、あんまり感情を出さないクールと言うか陰のある役どころ演じてるんですが。
年配者から見てると、そこはちゃんと挨拶しろよとか、そこはもう涙浮かべていいんじゃね?とか思ってしまうんでしたが、まあそれはいいです。

あ、あと綾野剛君、鍋振り過ぎですね。あんなに振り回す必要ないから。

by tin_box | 2017-11-14 23:51 | Comments(0)

映画:「彼女がその名を知らない鳥たち」

d0068664_22063405.jpg
蒼井優の表情を食い入るように観るのだ。
今年一番の作品かもしれない。



More
by tin_box | 2017-10-30 22:37 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ブレードランナー2049」

d0068664_03124653.jpg
前作をTVで観た様な、観なかった様な記憶があいまい。
ほとんど覚えてないので、ちゃんと観てないのだろう。
観てなくても本作を観るには問題ない。

映像と音響の美しさ。
監督もインタビューで言っていたように、確かに堂々とした広がりを感じさせるものだった。
重低音体感できる劇場ならば、その方が良いと思う。

レプリカントと呼ばれる人造人間が、意識、自尊心、心を持っていることには、作者に小一時間、問い詰めたい気もする。
というか、それを踏まえて自身のルーツを求めることがテーマなんだろうが。
こういうの好きね、アメリカは。

ちなみに、何か関係性を持つ複数の物質の集合はなんらかの意識を持つとか言う学説もあるらしい。
電気製品の電気回路も何らかの意識があるとか。意識といっても、そのレベルとか別の意識世界と交流できるかどうか知らんが。
それを考えると、主人公の彼女?もなんか面白いかな。

ちょくちょく漢字の電飾看板が(酒ばっかりだが)、データベースへアクセする端末が日本語しゃべったり(字幕版を観ていたから確か)、ハリソン・フォードの隠れ家にハングルが書かれていたり(北朝鮮の政府高官用娯楽施設なのか?)なんかよくわからない。


by tin_box | 2017-10-29 22:59 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ミックス」

d0068664_23464657.jpg
軽いラブコメデイという作品で、記事にすることもないような気もするが。
でも、なんで俳優陣がこんなに豪華??と不思議に思うほどの面子。
それぞれの俳優さんたちの演技も出しゃばりすぎず、適度に濃い目で面白く見てて飽きない。
しかしガッキーを主に映すのには別にいいが、いくら美形とはいってもね、なんか飽きたねw。
ストーリーはまあ、普通、ありきたり。
でもその辺のわかり切ったことは、さらっと流しておいて、次へどんどん進むってのは、監督の手腕なんですかね。

ま、どうしても暇で、ガッキーが好きで、TVだけじゃ足んないという方は観に行ってもいいんじゃないかな。
いや、面白いですよ。寝なかったし。
by tin_box | 2017-10-27 23:56 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「エルネスト もう一人のゲバラ」

d0068664_22141127.jpg
自分はこの作品の感想をどういっていいのかわからない。
パンフレットにも書いてあるが、この作品は戦争映画じゃなくて、青春映画らしい。
それは冗談なのかもしれないが、まあそう言われればそうかもしれんなぁと。

この作品には誇張した演出がほとんどないのだろう。
フレディの性格と同じように淡々と穏やかに進んでいく。


More
by tin_box | 2017-10-09 22:40 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ボブ・ディラン 我が道は変る」

d0068664_22194121.jpg
ちょっと遅れてきたロックフリークによるボブ・ディランの話



More
by tin_box | 2017-10-06 22:58 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ユリゴコロ」

d0068664_10463215.jpg
今年観た中で一番かなぁ。



More
by tin_box | 2017-10-06 11:02 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「エイリアン コヴェナント」

d0068664_15523119.jpg
前作のプロメテウスと同様、コヴェナントも宇宙船の名称。
プロメテウスの続編だが、直接は繋がってなく、でも繋がってるし、ちょこっとわき道にそれたようなストーリーかな?


ネタバレメキョメキョ
by tin_box | 2017-09-25 00:46 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「三度目の殺人」

d0068664_22411115.jpg
なかなか難しい作品だった。
途中ちょっと寝てしまった。
役者の演技をみるのが難しい。見抜くのが難しい。
これは真実を言った表情か?そうじゃないのか?

裁判は、真実を暴くのではなく、検事と弁護側の勝負の世界。
そこでは、真実が重要ではないこともありうる。
観てる方は、全然すっきりしない。
観終わっても、どれが真実だったのか、裁かれたのか、誰かが逃れたのか、よくわからない。
きっと、隣の人とは結論が違うだろう。
殺したいほどの人がいたとしても、殺したとは限らない。
偶然誰かが、違う理由で殺したのかもしれないし、その人がその心情を察して、代わりに実行したのかもしれない。
いや、本人が実行したが、その人が勝手に身代わりになったのかもしれない。
んー??
もう一回観たい気もするが、どうしたもんかな。

by tin_box | 2017-09-14 22:52 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ダンケルク」

d0068664_10115467.jpg
第二次大戦1940年フランス。
ドイツ軍の電撃作戦により、あっけなく英仏連合軍は海岸線まで追い詰められた。
見渡す限りの砂浜には、身を隠す場所もない。
散発的に来襲するドイツ空軍戦闘機。
迎撃もできず、いいようにやられまくり。
せっかく味方の船に乗船できても、あっけなく船は攻撃されて沈んでしまう。
英国空軍スピットファイアも数機しかこない。
浜も船も地獄、全員地獄。
戦いがなければ、広々とした気持ちのいい浜辺であったろうに。

作品は登場人物それぞれの視点、体験で同時進行していく。
観客は浜で駆けずり回り、船の船倉で溺れかけ、海に投げ出されれば重油の炎にまかれ、スピットファイアでメッサーシュミットと戦う。
自分ならその場をどう生き抜くのか。

by tin_box | 2017-09-13 10:28 | ブリキ的生活 | Comments(0)