<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

JAXA東京事務所 その1

d0068664_2221618.jpg

先週、仕事で御茶ノ水のソラシティに初めて行ったら、JAXAが入っててびっくり。
帰りにちょっと寄ってみた。

More
by tin_box | 2013-08-25 22:07 | ブリキの航空宇宙局 | Comments(0)

ちきゅうがいた。

d0068664_22255064.jpg

by tin_box | 2013-08-18 22:28 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

ライトフィールドカメラの件

なにそれという方には、ここに解説があるんで読んでみて。

しばらく前に、ワイアードかデジカメウォッチか何か忘れたが、革命的な発明という記事を読んでいた。
なんでも、撮影時にフォーカスを合わせる必要のないカメラで、後からフォーカス位置を自由に決められるという代物だという。
その時は、何を言ってるのかよく理解できず、そんなことが果たして可能なのか疑っていた。

その後、意外と早く製品化発表されて、およよという間にAmazonでも入手可能になっていた。
Lytro Light Field Camera

少しの間忘れていたが、最近思い出して、どんな原理何だろうとググってみたら、上記の解説に行き当たった。
なんとか、原理は理解したつもりになってはいるw。
マイクロレンズを単なる集光目的ではなく、主レンズの補助レンズ的に使い、それもいくつかの焦点距離を寄せ集めて・・・。
うーん、アイデアだねぇ。
画像素子上のデータからの画像生成の計算を想像すると(いや、決して考えはしないが)、頭痛と眩暈と吐き気が襲ってきそうだがw。

上記のンクのアプリケーションにもあるが、通常の超拡大(顕微鏡)撮影などでは、ピント面が紙のごとく薄くなってしまうが、この技術を応用すれば、奥行きのあるものでも全焦点の自然な画像を合成することが可能になる。
フォーカスのHDRみたいな?違うかw

そういえば先日、光学顕微鏡と電子顕微鏡の画像を比較した資料を見たが、電子顕微鏡って全焦点なんだよなー。
光学式がまるでいいとこ無しに見えた。

ともかく。
Lytro Light Field Cameraには、ちょこっと触手が動きかけたが、冷静になって評価をググってみると、やはり素子サイズが小さいために、ボケ効果(なんと、フォーカスが自由だということはボケがポイントになると!)を見せるには、それなりのテクニック(至近距離の近景と離れた遠景)が必要だとか、フォーカスがいじれたから、何だっていうんだという(スチルなら結局はどれか1枚選ぶんじゃないかと)・・・、あとこのカメラには三脚穴がないじゃないかとかw。
なんだか段々と興味が失せてきてしまって、どうやら散財は避けられそうだ。
by tin_box | 2013-08-17 20:32 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

錆赤鉄深蒸蒼

d0068664_2230108.jpg

ここにおいてある車両たちは、時々見に来ると、入れ替わってるので、何らかの活動があるようです。
しかしいつ見てもどの車両も錆び過ぎというか、もう再起も保存もできんじゃろという感じが多くあり。
なんだかなという・・・。
by tin_box | 2013-08-16 22:37 | ブリキ鉄道ラブ式会社 | Comments(0)

大井川鉄橋

d0068664_2240381.jpg

by tin_box | 2013-08-14 22:48 | ブリキ鉄道ラブ式会社 | Comments(2)

パースペクティブにゃん

d0068664_22345817.jpg

by tin_box | 2013-08-07 22:36 | にゃんの居る場所。 | Comments(0)

隔離。

d0068664_2231516.jpg

by tin_box | 2013-08-04 22:32 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)