<   2011年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

黄昏ぶらぶら。 その7

d0068664_1658046.jpg

by tin_box | 2011-12-31 16:58 | ブリキの街 | Comments(2)

黄昏ぶらぶら。 その6

d0068664_16363419.jpg
d0068664_16364968.jpg
熱くなんですかねぇ。
いや、熱いって言ってました。

火傷しないんですかねぇ。
by tin_box | 2011-12-31 16:37 | ブリキの街 | Comments(0)

黄昏ぶらぶら。 その5

d0068664_22472057.jpg
d0068664_22473499.jpg
この店は全国区みたいですね。よく知りませんが。
by tin_box | 2011-12-30 22:48 | ブリキの街 | Comments(0)

古商店

d0068664_16151995.jpg
d0068664_16153969.jpg

駒形商店街が繁盛しているといっても、やっぱりそれごく一部の話であって。
もっとも竹かご製品や肖像画の需要がそれほどあるとは思えず。

でもいろんな商売が成り立って、町がにぎやかだった頃もあったんでしょうね。

あれ、また水平出てない。
by tin_box | 2011-12-29 16:22 | ブリキの街 | Comments(0)

黄昏ぶらぶら。 その4

d0068664_22552046.jpg

by tin_box | 2011-12-28 22:56 | ブリキの街 | Comments(0)

沼津港深海水族館 その2 ダイオウグソクムシ

d0068664_2225418.jpg
深海魚ファンにはおなじみの。
そうでない方には驚愕のダイオウグソクムシ君です。
デカイです。30cmとか40cmとかw。
ザクみたいな顔してます。
d0068664_22255453.jpg

深海で生物の死骸を食べているらしいです。
なんといいますか、丸虫の仲間に近いという話もありますが、見た目ゴキブリに見えます。

ここ、沼津港深海水族館に入館すると、いきなりこいつの展示水槽に出くわします。
気の弱いお子さん連れで入ったら、ここでUターンかもしれません。
入場料大人1600円もするのに。
by tin_box | 2011-12-28 22:35 | ブリキの港湾委員会 | Comments(0)

今、読んでおくべき。

d0068664_22155022.jpg
時事経済の解説書。
経済や時事なんて苦手だと敬遠する人も多いかと思うが、これを読んでおけば新聞やニュースが驚くほど理解できるようになるはず。
かつてのバブル崩壊、アジア通貨危機、リーマンショックから、今時のユーロ危機。
これらの本当の姿がリアルにみえてくるはず。
文体も平易で読みやすい。

経済関係の書籍は、読む時機を逸するとまるで意味が無い場合が多い。
これも四の五の言わずとりあえず読んでおくといいよ。

経済活動が、国家主権より上になるようなことはあってはならないと思う。
by tin_box | 2011-12-27 22:39 | 雑記 | Comments(0)

沼津港深海水族館 その1

d0068664_1673523.jpg
沼津港にある深海水族館に行ってきました。
最近、冷凍シーラカンスで話題です。
もうひとつの目玉だった「生きている桜えび」は残念ながら死んでしまったそうです。
d0068664_1612977.jpg
d0068664_16123171.jpg

小さいながら、なかなか見ごたえがあります。

さて、シーラカンスは
by tin_box | 2011-12-25 16:15 | ブリキの港湾委員会 | Comments(2)

ツリー★

d0068664_2153969.jpg
d0068664_21531994.jpg

by tin_box | 2011-12-24 21:54 | ブリキの街 | Comments(0)

源氏物語 千年の謎。

d0068664_1651814.jpg
いきなり道長(東山紀之)と紫式部(中谷美紀)のラブシーンから始まってしまい、若干どぎまぎしてしまう。

物語は紫式部が語る世界と現実の世界が交錯し幻想的に進んでいく。

葵上、六条の御息所の物語がメインかな。
田中麗奈さん、凄かったです。

日本の女優さんって、美しいですねぇ。
そこだけでも観る価値はありますよ。
いや物語も面白いですよ。


余談ですが...。
お能のお題にある「葵上」ではシテ(主役)が六条の御息所で演じられますが、お題になっている肝心な葵上は登場しないんです。
どうするかといえば、舞台上に装束だけを置くんです。
病身に臥しているんですね。
※お能ではこういった、省略というか「~のつもり」みたいな設定が非常に多いです。
 でもそれが観る者のイメージを膨らませるには良いのです。

葵上を六条の御息所の生霊が飛んでいって苦しめるというお話。


実は私、源氏物語はまだ読んでないんですがw。

そのうち読んでみたいと思います。
ま、あまり知識無くても映画は楽しめると思います。
by tin_box | 2011-12-24 17:18 | ブリキ的生活 | Comments(0)