カテゴリ:花木、虫類学者( 412 )

雫花

d0068664_22233060.jpg

by tin_box | 2016-11-09 22:24 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

柿取り

今年も柿がたくさんなってくれました。
自宅の片隅にあるだけで、手入れも何もしてやってないのに、毎年おいしい柿を食べさせてくれます。
昨年とほぼ同じくらいの収穫です。うちのは、小さくて形も悪いし、こ汚いのもありますが、割と甘いんです。
いつかためしに、スーパーで売ってる立派な大きな柿(結構高い)を買って食べてみたら、あまりにスカスカで、ん~なんだかなぁ・・・でした。
d0068664_23221244.jpg
恒例になった、ご近所や勤務先へのおすそ分けもせっせとやっとかないと、あっという間に、ぐじゅぐじゅに熟してしまいます。
d0068664_23220897.jpg
近年は知恵がついてきてw、冷凍したり、干し柿にしたりして無駄にしないようにしてます。



by tin_box | 2016-10-22 23:31 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

富士市吉原 その12 ブリキと薔薇

d0068664_12214595.jpg
何も言うことないです。


by tin_box | 2016-09-17 12:24 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

富士市吉原 その11 君は薔薇よりホニャラララ。

d0068664_12112124.jpg
昔、薔薇という漢字を絶対忘れない覚え方で覚えた。
しばらく覚えてたけど、結局忘れたw。
でもあらためて漢字を見てみると、”覚え方”を思い出した。
漢字自体を覚えてるんじゃなくて、書き方を覚えてたんだ。
絵を描くときには、自分が描くであろう軌跡がみえる。
どこかへ出かけるときは、道程のなんでもない景色が思い浮かぶ(これは人によって違うようで、道順を記憶できる人もいるらしい)。

美人さんに、惚れっぽいがしばらくするとホニャラララになることが多いw。
関係ないね。


by tin_box | 2016-09-17 12:15 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

柿のふくらみ始め

d0068664_2355375.jpg

d0068664_2355795.jpg

先日、花がひっそりと咲いていたなと思ったら、額のところから落ちているのを多数発見。
実がならないやつはすぐお落ちるんかな。
受粉したのは実が成長中。
by tin_box | 2016-05-28 23:57 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

柿の下コロニー その1

自宅の柿の下は、落ちた葉とか、柿とかがそのままなので、いろんな植物とか、昆虫とか、棲んでいるようだ。
その世界をちょこっとマクロで覗いてみた。
d0068664_2346238.jpg

d0068664_2346538.jpg

d0068664_2346950.jpg

by tin_box | 2016-05-09 23:48 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

路傍の草とか春の柿とか

d0068664_2322155.jpg

これはなんだか知りませんが、拡大してみるとみずみずしい感じがします。
d0068664_2322435.jpg

柿は今こんな感じです。
by tin_box | 2016-05-06 23:03 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

路傍の花と蟻

d0068664_2216981.jpg

d0068664_22161391.jpg

d0068664_2216168.jpg

d0068664_22161864.jpg

by tin_box | 2016-05-04 22:16 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

路傍の花・小さな宇宙

d0068664_1333779.jpg

d0068664_13331120.jpg

d0068664_13331471.jpg

Lightroomで白をちゃんと調整したつもりけど、なんだかくすんでしまった。

マクロの魅力ってやっぱり身近な新発見、そうだな。
OM-DのEVF、ずっと違和感持ってたけど、マクロだと意外と使い易い
by tin_box | 2016-05-03 13:40 | 花木、虫類学者 | Comments(0)

路傍の花

d0068664_2295577.jpg

d0068664_2294675.jpg

家の周りの花たちです。

久しぶりにZUIKO MACRO 50mm F2.0使ってみました。
近接は被写界深度が極端に浅く、AFだと結果が不確実なのでMFで。
こういう場面で、OM-Dの5軸てぶれ補正は威力を発揮。
風で花が揺れるのはどうしようもないが、それ以外での歩留まりは極めていい。
by tin_box | 2016-05-02 22:18 | 花木、虫類学者 | Comments(0)