カテゴリ:資料あるいはゴミ( 36 )

ぐるっと撮影すれば、ハイッ3D

AUTODESK社の123D CatchというiPhoeアプリでぐるりとバシャバシャ撮影して処理すると3Dになってしまうというw。
元イメージ
d0068664_23333731.jpg

PC上でぐりぐり廻せる。
d0068664_23334336.jpg

周囲の関係ない部分まで3D化されたりするので、3Dプリンタ出力するにはそれなりに加工が必要だが、なかなかすごい。
ここまで全部タダw。

以前、Perfumeの関係で、ライゾマチックスの展示を見たが、このような技法もあった。

世の中進歩してますなぁ。
by tin_box | 2014-06-12 23:42 | 資料あるいはゴミ | Comments(2)

漫画カメラの男

d0068664_22271529.jpg

iPhoneのアプリに漫画カメラってのがある。
カメラで撮った画像を線画化して、漫画特有の効果(なんて言うのだろう)を付けられる。
いつもはたいした画にはならないのだが、会社の同僚を撮ったところ、想定外にうまい具合にハマリw。
今上映中のウシジマクンを連想させると(自分の中で)もっぱら大評判。
by tin_box | 2014-05-24 22:34 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

ライトフィールドカメラの件

なにそれという方には、ここに解説があるんで読んでみて。

しばらく前に、ワイアードかデジカメウォッチか何か忘れたが、革命的な発明という記事を読んでいた。
なんでも、撮影時にフォーカスを合わせる必要のないカメラで、後からフォーカス位置を自由に決められるという代物だという。
その時は、何を言ってるのかよく理解できず、そんなことが果たして可能なのか疑っていた。

その後、意外と早く製品化発表されて、およよという間にAmazonでも入手可能になっていた。
Lytro Light Field Camera

少しの間忘れていたが、最近思い出して、どんな原理何だろうとググってみたら、上記の解説に行き当たった。
なんとか、原理は理解したつもりになってはいるw。
マイクロレンズを単なる集光目的ではなく、主レンズの補助レンズ的に使い、それもいくつかの焦点距離を寄せ集めて・・・。
うーん、アイデアだねぇ。
画像素子上のデータからの画像生成の計算を想像すると(いや、決して考えはしないが)、頭痛と眩暈と吐き気が襲ってきそうだがw。

上記のンクのアプリケーションにもあるが、通常の超拡大(顕微鏡)撮影などでは、ピント面が紙のごとく薄くなってしまうが、この技術を応用すれば、奥行きのあるものでも全焦点の自然な画像を合成することが可能になる。
フォーカスのHDRみたいな?違うかw

そういえば先日、光学顕微鏡と電子顕微鏡の画像を比較した資料を見たが、電子顕微鏡って全焦点なんだよなー。
光学式がまるでいいとこ無しに見えた。

ともかく。
Lytro Light Field Cameraには、ちょこっと触手が動きかけたが、冷静になって評価をググってみると、やはり素子サイズが小さいために、ボケ効果(なんと、フォーカスが自由だということはボケがポイントになると!)を見せるには、それなりのテクニック(至近距離の近景と離れた遠景)が必要だとか、フォーカスがいじれたから、何だっていうんだという(スチルなら結局はどれか1枚選ぶんじゃないかと)・・・、あとこのカメラには三脚穴がないじゃないかとかw。
なんだか段々と興味が失せてきてしまって、どうやら散財は避けられそうだ。
by tin_box | 2013-08-17 20:32 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

隔離。

d0068664_2231516.jpg

by tin_box | 2013-08-04 22:32 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

今時の3Dフラクタル

http://www.subblue.com/
この3Dは凄い。
http://www.subblue.com/blog/2012/01/06/leclaireur
下の2つが特に好きかな。

このアニメーションを眺めていると、いろんなことを考える。
普通、あらゆる物の形というのは、それぞれに理由があるはずで、それぞれの何かの働きによるもののはず。
だからなんとはなく安心しているというか、あらためて疑問を抱くこともない。

でもこの映像を見ていると、ものの形がずんずんダイナミックに変化していき、スケール感もあやふやで、宇宙的なのかミクロなのかさっぱりわからない。
無機物なのか有機物っぽいのか、意思を持っているのかいないのか。

でもこれ全てコンピュータ内の計算、というか数式で表されているんだよなー。
スターウォーズの映像を連想する人もいるかもしれないけど、あれとは根本的に違う。

これらは人間の創造物なのか?それとも神の数式の神秘なのか?
by tin_box | 2013-07-28 21:02 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

プロのチェロ演奏家が本気でマイケル・ジャクソンを


クロアチアのチェリストで、国際コンクールでも賞を受賞しているStjepan Hauser さんとLuka Sulicさんで、マイケル・ジャクソンの「スムース・クリミナル」

昔のプログレを思い出し。
by tin_box | 2011-01-25 22:45 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

深紫 高速道路の星 (初期型)


カメラ何台使ってるか知らんが、もっとリッチー映さなきゃダメだろうがー!
カメラマン、編集もセンス無いな。へたの局地。

しかしマーシャルの壁が凄いね。
今ならこの数分の一で大丈夫だろうね。

ハイウェイスターはやっぱりメイド・イン・ジャパンでの好きだった。
当時のスコアにはリッチーがソロでトチるところまでコピーしてあったw。

レインボーの時代はまったく聞かなかったが、その後なんだかアコースティックアルバムを出したので、聞いてみたが、人は変わるものですなぁ。
数回聞いて、今はどこにあるか所在もわからずw。

昔、リッチーのストラトをまねて、フレット間をえぐり加工したことがあった。
きれいに出来上がったが、使ってみると、深く削りすぎたため、指が痛いのなんのってw。
その後、ネックは友人が欲しいというので、あげちゃったんだが、今でも持っているんだろうか...。

そうそう、ジャコにかぶれてた時は、ベースのフレット全部抜いて弾いたりしてた。
by tin_box | 2011-01-18 22:22 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

iPad+ちょいテレを車載

d0068664_21473657.jpg
吸盤付きのiPadスタンドを使って車に取り付けてみよーと。
しかし私の車のダッシュボード周りは曲面が多く、なかなか場所が見つからない...。
結局、フロントグラス上部しかなく。
ここなら一応運転の邪魔にもなりにくいかな?
あいや、運転中は見ませんよ、もちろんですとも。

あ、「ちょいテレ」ってのはバッファロー製のiPhone、ipad用のワンセグチューナーです。
下のタグで以前の記事参照ください。
ワンセグをiPadサイズで観るとやっぱり画質はいまひとつですがiPhoneならグッドでしょうね。
by tin_box | 2011-01-03 22:00 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

牛に愛される人。


by tin_box | 2010-10-31 22:25 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)

TeamViewerはすごい。

d0068664_21573044.jpg
ホントに信じられないが、極簡単に職場や自宅のLAN内のPC、Macが外からアクセスできるソフト。iPadでもいける。
しかも非商用なら無料。

LANはルーターなどで外部から隔離されているので、通常は外からアクセスことはできない。
どうしてもやりたい場合、NATとかを設定しなければならず、それなりの知識を必要とした。

このソフトは、ルーター、ファイアーウォールもなんのその、アカウントとパスワードで簡単にリモートディスクトップ、VoIP、チャット、VPNが可能。
テストした結果、iPadだと少々タイムラグがあるが、PC同士なら、かなり快適。

管理者的には、驚異であるし、脅威でもある。

ソフトイーサ、しもうさVPNとか、どうするかね。
いろいろ検討してるが。

ただ、若干弱点もある。
ディスプレイがロックされていると、使えないとか。
つまりアクセスされる側のLANのPCが無防備的なこと。これは少々痛い。
WindowsServerの備付のリモートディスクトップだと、別アカウントで入れるので、影響しないのだが。
by tin_box | 2010-07-28 22:18 | 資料あるいはゴミ | Comments(0)