カテゴリ:カメラ物欲系( 240 )

iPhone7Plusの被写界深度エフェクト

d0068664_22281384.jpg
d0068664_22283118.jpg
iPhone7とiPhone7Plusで違うのはPlusがダブルレンズであること。
標準系と準望遠系(準望遠というのもなんだか懐かしいねw)が切り替えれる。
普通の人たちはこれを(デジタルじゃない)ズームと認識しているようだけど、違うぜバカw。
あ、失礼ごめんなさい。
これは、ただのレンズ系の切り替えだ。
でも感覚的には、かなり自然にズームしているようになってる。
近接だと1xから2xになるあたりでレンズが切り替わり横に動くのがよくわかる。

それはともかく、上の2つの画像はカメラ機能のメニューではポートレート(被写界深度エフェクト)で撮ったもの。
まだベータらしんだが、まあなんでもいいよ。
ちょっと過剰な気もするが、できれば何かで調整できれば、こだわる人には便利?なんだろけど。
反射望遠みたいなリングボケがあったら面白いかな。めったに使わないだろうけど。
これ見て、ボケ味が~とか、言い出さないでくださいね。
そういうお方は、どうぞお好きなホントのカメラ使ってください。


普通のも同時に撮れる
by tin_box | 2016-12-10 22:46 | カメラ物欲系 | Comments(0)

カメラは超高級機化するかもしれない

先日、ある記事に、訪日中国人旅行客の爆買いの影響で、カメラはより高級機化するだろうという記事があった。
まあ、中国人の爆買いが後どのくらい続くか知らないけれど、金持ちにはより高い方が売れる。
平均的日本人はすっかり低価格路線に慣れてしまっているが、一部の富裕層は、安ものには目もくれない。
他で手に入らないもの、見えないバリューを知り、本当の意味で買い物を楽しむのだ。
アラブの富豪のお金の使い方を見ればいい。

それはともかく、これからカメラの生き残る道は、とんでもない高性能、高機能機なのかもしれない。
今の高級一眼レフは40万~60万程度か?もちろんレンズはもっと高いけど。
一般客にもなんとか手が出るレベル、趣味の範疇に収まる価格帯だろう。
しかし日本の光学機器メーカーの技術レベルは、市販レベルをはるかに超えている。
市販品などは、いくらプロ機だといっても、価格を考えて技術を小出しにしているのだ。

価格を無視して、技術者、システム屋がやりたい放題で納得するカメラを作ったら、とんでもない機が出てくるかもしれない。
もちろん、そうなったら、一般ユーザーには売れないから、企業規模は縮小せざる得ない。
車でいえば、ランボルギーニ、フェラーリのようになっていくのかもしれない。
売り方も、今までのような街のカメラ屋で売るんじゃなくて(全部じゃないが)、レクサスみたいにサロンみたいな店で売るようになるかもしれない。

そうなったら、逆にフィルムも高尚な趣味ということで復活なんてこともあるのかな?
ま、それはどうかわからんなw。
by tin_box | 2016-01-09 00:37 | カメラ物欲系 | Comments(0)

今度出るZUIKO超望遠600mmはちょっと凄そう。

もうとっくの昔にカメラ物欲は卒業したんだが・・・。
今日飛び込んできたオリンパスの新レンズのニュースにはちょっとググッときたかもしれんない。

超望遠600mm 5軸シンクロ手ぶれ補正搭載のマイクロフォーサーズ用PRO望遠レンズ。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ボディ内手振れ補正があるのに、レンズ内補正もってのが、なんだかわくわくする。
わくわくしない?

まあ、安くわないな・・・。

実写サンプルは、ちょっとシャープネスがきつい様な気もするがなー。
by tin_box | 2016-01-06 22:43 | カメラ物欲系 | Comments(0)

オレンジ仕掛けのオートハーフ

d0068664_22353726.jpg

以下、カネゴン スピーキング

はい!今日ご紹介しますのは、この機です。
どうです、このギブソン・レスポールのトラ目にも似たオレンジも鮮やかなグラフィック!
なんとE2の完動品です。E2はホットシュー付ですよ。
セレンの反応もばっちり
ぜんまいモータも快調そのもの
おまけになんと今回は、レンズキャップ、取説(コピー)も付いてます!
ちょっと外見がくたびれていることに目をつぶれば   目つぶったら撮れませんがw
大変お買い得だと  いやゲットしたばっかなんで売りませんが。

ヤフオクのあの広告はいけませんねぇ、いけません、いけません・・・
by tin_box | 2014-11-13 22:49 | カメラ物欲系 | Comments(0)

E-M1のフォトストーリー

d0068664_20454020.jpg

E-M1は、軍艦部ペンタ(ペンタリズムは入ってないが)右にある一番目立つ大きなモードダイアルで撮影モードを選択できる。
プロ機を標榜するなら、不要とも思えるモードもあるが、(スペック的にはプロ機であっても)ハイアマチュア的なユーザー位置づけならば、いろいろ遊べていいとも思える。
なかでもこのフォトストーリーは、特徴的だろう。
数種類の分割フレームに写真をはめ込んでいく撮影方法で、液晶画面には、このままの形が表示される。
このフレームの例では、3つの画像が使用されるが、この構成された画像の他にそれらの3つの元画像も保存される。
お遊びといってしまえばそうなのだが、なかなか面白いと思う。
撮影現場で、この構成を考えるというのは、今まで経験の無いことで、新鮮な経験になるだろう。
by tin_box | 2013-10-27 21:05 | カメラ物欲系 | Comments(0)

だけではないOM-Dの矜持

d0068664_22465934.jpg

d0068664_2247316.jpg

まあ、画像を見ての通りなのだが、こうやって並べてみると、改めて驚く。
単にオリンパス最新鋭のデジイチとして機能、性能を語るのは当然すぎて面白くない。
一部にみられる不合理と思えるようなデザインの理由・・・。
d0068664_22471724.jpg

フィルム一眼からの古参オリンパスユーザーにしてみれば、「ああこれは」と思い当ったはず。
d0068664_22471282.jpg


同じような比較はE-P1がきた。でもやってた。

米谷さんに見て欲しかっただろうな

おまけ
by tin_box | 2013-10-16 22:52 | カメラ物欲系 | Comments(2)

OM-D E-M1は凝縮してる。

d0068664_16525169.jpg

昨日届いたOM-D E-M1。
かなり小さく凝縮感いっぱい。
E-3登場前からいろいろな噂、ファンの願望の数々、まさかというような機能や性能が詰め込まれてる。
ISは(E-M5からだが)5軸、コンデジで流行のタッチパネルも使えるし、WiFiも搭載して、スマホやタブレットとの連携もとれる。
自分的にはAFの進化がジャンプアップ的だということがポイント。

実際に手にしてみると、やや男の手には小さい感じがする。小指がはみ出る感じなるので、先日書いた”バッテリーグリップなぞいらん!”というのは、撤回しようと思うw。
やっぱりOM-D E-M1に限っては、あったほうがホールドがよさそうだ。
重量もかなり軽いし、まあいいだろう。

ボタン類は密集していて、出っ張りも少なく穴に押し込み気味の操作感になるボタンもある。
ボタンは全体的にクリック感はなくてフニフニした感触でE-3,E-5と同じような感じだ。
真冬の野外でグローブした手では操作しにくいだろうな。

今回はボディのみ(キャップ型のレンズがセットされているがおまけ的なもの)なので、アダプターを付けてE-Systemのレンズを付けて使用している。
by tin_box | 2013-10-12 17:20 | カメラ物欲系 | Comments(0)

OM-D E-M1言いにくい。

発売日も決まり(ボディは11日、レンズセットは19日)、「初旬て、ちびっと足出てるんじゃねぇか」という、せこい突込みを呟きつつ

言いにくいな、製品名
それによくわからない OM-Dはシリーズ名?システム名?
E-M5は追っかけてなかったので、話題が古いのかもしれないが

OM-Dは古wの名機OM由来、EはE-Systemを継承してて、Mはマイクロフォーサーズってのは、よくわかります
でもOMはもういいじゃん、E-Systemで一旦なくなったんだから
とか言いつつ、代案があるわけでもないので、これ以上はブツクサ言いません
※代案あったって、意味ないしな

さて、楽しみなOM-D E-M1ですが
以前からオリンパスのコアなファンの間では、その時代の新しい機種への期待や夢をいろいろと交換したりしてました
そのなかで、オリンパスの特許を調べて紹介してくれる方もいて、面白い画期的な機構や機能にわくわくしたものです
必ずしも特許取ったからと言って、製品に生かされるわけではないですがね
なかには、自分の想像した新機種を3DCGで描いてしまうファンもいて、こちらももうすっかりその気になってしまったり

ともかくOM-D E-M1は世に出たわけです
そしてその実際は、私たちがかつて夢見た性能や機能が少なからず実現されていて、振り返ってみれば、凄いもんだなと

ISにしても、昔のE-410では小さすぎて「入るわっけねーだろ、バカ言うな」であったわけですが、今だったら、そうでもないんですよねー
by tin_box | 2013-10-04 20:29 | カメラ物欲系 | Comments(0)

E-M1を待っている

昨日、オリンパスよりメールが入っていて、やや!もう配送かと、チェックしたら
一緒に頼んだ予備バッテリだけの発送連絡
ぬか喜びに、少々力が抜けた

それはともかく
今頃になって、豪華なカタログにじっくり目を通し始めた私はなんていい加減な性格なんだろう
おっ、こんな機能もあるのかと、
知らないで注文したのかよと、突っ込みを入れられそうだ

自分はいつも、物事をあまり理性的に、分析的に、緻密に、
そんな風にはやらないので、
今回のEM-1も数箇所の気に入ったポイントのみで買ってしまった

言い訳を言わせてもらえれば、事前にオリンパスプラザでさわってきたぞ!
という~w

それも ともかく
カタログをじっくり読むことは、自分にとっては結構大事
なぜなら、実物を手にしてからの付属している取説を読むのは苦痛でしかないから
あんなモノクロちっさい版の堅苦しい説明だけの何の夢も希望も無いwのを読んだって、よし!撮ってやるぞという気にならないでしょ

それよりもフルカラーの豪華カタログでプロにでもなった気分で、おおこういう機能があるのか、こんな写真が撮れるのかと考えているほうがよほど楽しいし、操作を覚える
目当ての機能はどう操作すればいいのかは、とにかく、とりあえずは手にとって見て
どうしてもわからなかったら、または注意が必要ならば取説を読めばいいし
まあ、そうもいかないこともあるけどね

いつくるんだろ・・・
by tin_box | 2013-10-02 00:02 | カメラ物欲系 | Comments(2)

結局予約しちまった E-M1

d0068664_20285341.jpg

なんだかんだ言っても、いろいろと情報を調べたりし始めたら、遅かれ早かれ逃れられない。
大体からして、こんな厚いカタログを勝手に送りつけてくるなんて、やり方が卑怯だw。

でも来月のエアショーで使ってみたいというのが、大義名分となったので、もう仕方ない。

とりあえずボディだけ予約した。
レンズセットの方がレンズが安く絶対お得なのだが、標準ばかり何本もあってもどれかは使わなくなってしまうし。
※レンズセットは発売予定日が若干遅くエアショーに間に合わないかもしれないという理由もある

今回はパワーバッテリーホルダー(縦グリップし易いという・・・)も見送った。
E-5用のものは、オリンパスが安売りしたときに買ったのがあるが、ただでさえ重いのに、そう使う理由が見つからなかった(要はかっこづけで、実質バッテリ交換が省けるというメリットのみ)ので。

当分、レンズは今後も手持ちのE-Systemのものを使うことにすれば、E-ボディも使うだろうし。

はぁ、でもやっぱりオプティカルファインダーはきれいでいいよなぁ。
by tin_box | 2013-09-28 20:49 | カメラ物欲系 | Comments(0)