カテゴリ:ブリキ的生活( 442 )

ROCK IN JAPAN2016(前)に今年も行ってきた その2

今年は前半2日(8月6日7日)参戦した。
2日間とも晴天で気温も今年一番だった様子(宿のTVで知った)。
どうりで暑かった。ペットボトル500mlを4-5本は飲まないと死んじゃったかもしんない。
いや、そんだけ飲んでもトイレ1回も行かなかったくらいだからw。
d0068664_15365051.jpg

d0068664_15365369.jpg

今年は往路でひどい渋滞にはまり、去年は確か8時台には到着していたのが、今年は11時頃となった。
観客動員も昨年以上と思われ、会場も大変な混雑。

More
by tin_box | 2016-08-09 16:42 | ブリキ的生活 | Comments(0)

ROCK IN JAPAN2016(前)に今年も行ってきた その1

d0068664_22135931.jpg

今年も行ってきましたROCK IN JAPAN。
はるばる静岡から茨城まで行っちゃったよ。
実に遠いさw。行き帰り渋滞にはまったさw。おまけにETCカード有効期限切れてた。バカやロー!

Perfumeは出てないのにさ・・・。今年はねー、すっごい忙しいのよ、彼女ら。ドーム公演も追加しちゃったし。
だからFES一本も出ないんじゃないかな、今年は。

それはともかく。
なんちゅうか、FES中毒になってしまったみたいな。
中毒までは逝かないけど、可能な範囲では行っておきたいみたいな。
いろいろ発見があるしね。普段聴けないアーティストの視聴みたくもできるし、お祭りだし。
ROCK IN JAPANは最大規模だし、外せなくなっちゃったよ。
d0068664_2214233.jpg

d0068664_2214662.jpg

詳しくはまた明日以降アップ予定。
by tin_box | 2016-08-08 22:28 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「シン・ゴジラ」 ゴジラvs官僚

d0068664_16114170.jpg

d0068664_1611481.jpg

この作品はゴジラファンでなくても必見だ。2時間スクリーンに釘付けになってしまうだろう。
しかしトレーラーでもほとんど内容が明かされなかったから、下手に書けないが、このゴジラは凄いのだ。
※観た者同士なら、延々と話し盛り上がりそうだがねー
予想を裏切った(昨晩の金曜ロードショーの渡辺謙が出演してたゴジラとは全然違う)ゴジラがいる。
最初は、ちょっとアレ?と思うが、後半のゴジラは物凄い迫力で、ラオウの無想陰殺のような・・・あー言っちゃダメかw

ドラマとして作り方も全然違う。英雄主義のアメリカに対して、日本の場合、官僚が・・・ごにょごにょw まあ、アメリカ人はこっちの作品だと満足しないかもしれん。
でも日本人的には、これだろう。
ハリウッド的英雄映画にはもう飽き飽きしているしな。

石原さとみさんは、英語が生きたなw。
あっちゃんでてたの?全然気づかなかったヨw。

More
by tin_box | 2016-07-30 17:23 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「鑑定士と顔のない依頼人」

d0068664_21395428.jpg

以前、ロードショーで来たときに、なんかの事情で見損なってしまっていた。
DVDを買おうとしたが、まだ発売前で~。なんとなくそのまま。
しばらく忘れていたが、静岡市美術館を訪れた際にパンフレットを発見。
ん~、これはなんとしても観ろと云うことだな。

More
by tin_box | 2016-07-25 22:48 | ブリキ的生活 | Comments(0)

エッシャーの世界 静岡市美術館

d0068664_20381453.jpg

d0068664_20381960.jpg

d0068664_20382397.jpg

今回は、幾何学画、不思議画の他に、イタリア在住時代の風景画や、師であるサミュエル・メスキータの作品も展示されておりそのルーツと作風の変遷も垣間見ることができた。
風景画では、超近接で昆虫が描かれている路傍の草むらから、山岳地の村の風景、遠景の山々まで描かれたものが素晴らしく印象的だった。
モノクロの版画の世界の切れ味は素晴らしい。
by tin_box | 2016-07-23 22:07 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「セトウツミ」

d0068664_22154567.jpg

見に行く前は、ちょっと迷った。
予告編なんかを見ると、川辺の公園階段から2人は動かず、ひたすらだべっているだけみたいだから。
それで作品が成り立つのか?
でもまあ、面白かったよ。

話している内容もたわいもないこと。
それが観ていて妙に面白いのはどういうわけだ?
セトが右脳で、ウツミが左脳ってコメントもあった。
ま、別に難しく考えることもない。話はいくつかに分かれているので気楽だ。
by tin_box | 2016-07-04 22:23 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「ふきげんな過去」

d0068664_2055209.jpg

自分はこの映画を観る際に、2つ間違いを犯した。
1つは、開始30分経って、題名が大写しになるまで、題名を間違って覚えていたこと。
「ふざけんな過去」だと、思ってた。
いや、この題名の方がいいと思ってるんだが、いまだに。
もう1つは、途中で2回ほど居眠りしてしまったこと。
これは朝から映画館の梯子してて、ちょっと疲れたのかもしれない。
いやいつも眠いんだがw。
もう1つ言い訳すれば。
女子の会話というのは、どうしてこうもいつまでも終わらないし結論が出ないのだろう。
途中で飽きてしまうんだが。男子的には。
だから、あの長寿ドラマも絶対に見ない。

それは兎も角。
この作品は奇妙だ。シュールですらある。
おまけに陳腐さも兼ね備えている(褒めてるんだが)。

えーっと、ほかには、さ・・・。
そう二階堂ふみを愛でるには、もってこいの作品だ。
あ、果子と過去、未来子と未来。バカでもわかるけどさ。
それが逆だとか、鏡だとか、いろんな捉え方できる気もするが。
ま、後からいろいろ思い出して、反芻すれば面白さが出てくるのかな?

やっぱ、題名は「ふざけんな過去」の方があってるよ。

でも、板尾さんの台詞って、どーしてあー現実離れしてるんだろ。
by tin_box | 2016-06-29 22:26 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「二重生活」

菅田くんはすごいね。
引っ張りだこだ。
元が無着色っぽいから、いろいろな役にうまくはまる。

それは兎も角。
尾行とか、ストーカーみたいな事をすれば、自分の生活はほぼなくなるだろう。
その分、相手の行動に入れ込んで疑似体験みたいになってくるんだろうか。
脱線だが、ストーカーの心理って、自分の影響範囲と関心範囲(注)の境界があやふやになってしまうんだろうな。
注)影響範囲:身近で自分の意志が通じる範囲
 関心範囲:関心はあるが影響力を及ぼせない範囲


尾行が哲学論文のネタになるのか?
いささか疑問ではあるが、物語自体は面白い。
ちょっとしたひねりもあるし。

題名の「二重生活」はやっぱり間違っている。
二重になんかできないのだ。1日24時間、カラダはひとつなんだから。

この映画の結論めいたことが2回ほど出てくるが、自分的には、全然同意できないなぁ。

自分は尾行されて、それに気づくことができるだろうか。
気づいたとして、まく事ができるかな。
それで逆に尾行したりして。
by tin_box | 2016-06-29 20:54 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「日本で一番悪い奴ら」

d0068664_22162196.jpg

まあ、なんちゅうか、日本は昔から、警察、やくざ界のエンターテイメント映画が数多くあるわけで。
いろいろご意見のある方もいるかと思うが、これはこれで楽しんでみればよいかと。

でも個人的には、こういう”オラオラ”した態度というのが、大嫌いなので、長渕なんかも大嫌い。
身近でもこういう態度を時折見せる人がいるが、もうそれだけで自分的に信用がた落ち。
by tin_box | 2016-06-26 22:25 | ブリキ的生活 | Comments(0)

映画:「「クリーピー 偽りの隣人」

d0068664_20311515.jpg

こんなにも恐ろしい映画は初めて観た。
普通のホラー映画など、鼻で笑うような自分でも、この作品は本当に怖い。
目を見開き、瞬きも忘れた。
普通の家が恐ろしく不気味に見える。
最後のシーンでは、心臓がバクバクと脈打ち、それが落ち着くと放心した。

この異常者(もう判っているだろうから言ってしまうと、香川照之だ)の不自然な態度、言動は、人を不安にさせる。
その後、まともな受け答えをして、一旦安堵させるが、それが相手の心を落ち着かせなくさせる。
これが異常者の人を操る手口なのだ。

場面や登場人物に、ふと身近に似たような場所、人物が重なって見えてくる。
それがリアルな不安感となって、余計に怖い。

こういう話し方、表情する奴、いたな。
この家、なんでこんなに不気味なんだろう、あの家に似てる。
あの窓が怖い。誰かこっちを窺ってるんじゃないだろうか。

雰囲気や暗さ、音響で怖がらせるんじゃなくて、リアルさで恐怖を煽る。
竹内結子の叫びは本当にリアルだった。

凄い作品で傑作だと思うのだが、恐ろし過ぎて、お勧めするとは、簡単には言えない。
気の弱い方は観ないほうがいい。
いやいや、本当だよ。
by tin_box | 2016-06-25 20:55 | ブリキ的生活 | Comments(0)