カテゴリ:ブリキ流レタッチごっこ( 15 )

IEとChromeの色違い

d0068664_201641100.jpg

先日の記事の画。
左がIE、右がChrome。
Windows標準のフォトギャラリーでもこれがまた違うのだから、もうねw。
by tin_box | 2014-06-14 20:22 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(0)

モニタのキャリブレーション

d0068664_22215285.jpg

以前使っていたスパイダーがいつまで経ってもWindows7に対応せず。
更にはデュアルモニタで使えなかったので、モニタの色が1と2でちぐはぐ表示のまま使っていた。
せっかくのLightroomもなんだかまともにレタッチできず状態が続いていた。

意を決して、新しいモニタ・キャリブレーション機X-Rite ColorMunki Displayを買った。
これは環境光も測定できるのでちょっと進歩しているかなと。
でも実はまだこれ、評価できていない。
それぞれのモニタで1回ずつキャリブレーションしただけで、片方のモニタでエラーが出て、なんだか色が揃ってない。
ソフトウェアもバグがあるとかで、バージョンアップを期待しているが。

ちなみに、普通のPCモニタは買ったままだと、たいていのものは青味が強い。
人間の目はすぐに慣れて修正してみてしまうので、感じにくい。
by tin_box | 2014-05-07 22:40 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(0)

Adobe Lightroom 5.2の色収差除去機能

d0068664_2236869.jpg
ちょっとわかりにくいかな。
一応、左上を拡大してある。後ろのビルの窓枠あたりがわかりやすい。
画面の四隅に近いあたりがよく虹色のずれっぽくなってるやつだ。
あれはレンズの性能のせい。
高性能レンズはこの虹色のずれが少ない。
d0068664_22361775.jpg

若干解像感がよくなるみたいだ。
もっとひどく出るレンズで試してみたい。
by tin_box | 2013-10-06 22:47 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(0)

Adobe Lightroom 5.2のUpright修正機能

d0068664_22294573.jpg
後ろに引けず仰角がつけば、こういう風に撮れる。
d0068664_22295817.jpg
Uprightの自動で簡単に起こせる。
これは便利。

も一つ
d0068664_22311053.jpg

d0068664_22312360.jpg

西洋美術館のロダン作「地獄の門」
うちの地元のロダン館にもおなじのがある。
by tin_box | 2013-10-06 22:33 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(0)

ロマネスコHDR

d0068664_2336549.jpg
」ちょっとHDRでいじってみたら、なんだかコワイ。
by tin_box | 2011-03-02 23:37 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(3)

ハイブリッド・イメージ

d0068664_23413349.jpg
調子こいて、またやってみた。
今度は割りと近い距離で、行ったり来たりできると思うんだけど。

追加:別バージョン
d0068664_9261514.jpg


元画像などは
by tin_box | 2007-09-07 23:48 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(0)

空間周波数の画像やってみた。

d0068664_22121830.jpg
ドリームビジョンというTV番組でやっていた、空間周波数の画をちょっとやってみた。
普通に見ると、M645のエッジ画が見える。
次にずーっと離れてみてみると、645Proが見えてくる。

説明
by tin_box | 2007-09-04 22:12 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(6)

色飽和の改善。

d0068664_21411854.jpg
時々撮るサボテンの花。
E-500で撮影したのだが、色飽和してしまった。
さて、これをどうするか。

良くなったかな?
by tin_box | 2006-06-14 21:55 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(1)

SPYDER 2

d0068664_8212583.jpg
モニタで正確な色を確認できることは重要なこと。
市販されているままでは正しい設定になっているとは限らない。
パソコン売り場でいつも見ているサイトなどを見てみれば、違和感を覚えることもあるだろう。
MacとWinでも見え方はかなり違う。

この機器はCRT、LCDにセットしてキャリブレーションを行うもの。
ソフトウェアとセットになっており、モニタの設定などの問いに答えたあと、手順に従ってこのセンサを取り付ける。
各色のパッチが順に濃度を変化しつつ表示され、センサがそれを読み取っていく。
しばらく待っていれば、ICMプロファイルが作成され終了。
最後にキャリブレーション前後の絵の違いを見比べられる。

※この写真ではLCDに取り付けているのだが、実は使い方をちょっと間違えている
 LCD用アタッチメントを外してしまっている

なかなか手を出しにくい機器ではあるが、色に関してこだわるのならばあった方がよい。

モニタの色がよくなる(鮮やかになる)というものではなく、正しい色表現をするという機器なので、逆に「なんだかな?」と思うこともあるかもしれない。
by tin_box | 2006-05-14 08:22 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(4)

ダブルトーン

d0068664_8134750.jpg
カラー画像をPhotoShopでモノクロにすることがある。
そのままグレースケールにしても、物足りないトーンになりがち。



continuation
by tin_box | 2006-05-04 22:05 | ブリキ流レタッチごっこ | Comments(0)