ヒイカと春野菜のバルサミコ炒め

以前からスーパーで、ヒイカを見かけていた。
それは、胴の長さ5cm前後の小さいイカを10パイくらい1パックにしたもの。
イカリングにするには小さすぎ、ホタルイカのようにしょうゆ煮にして丸ごといただくには大きすぎ、いったいどうやって食べるのだろうと、ずっと頭の隅に引っかかっていた。
しかし、私のネコ並みの頭脳はスーパーを出て3歩進むとすぐに忘れてしまい(なにイカ?あれ?)...。
後日またスーパーでヒイカを見るたびに思い出すという...orz ...。
先日やっと思い出して、少し調べてみると、柔らかくて美味しいらしい。
じゃあと、買ってきて料理してみることに。

長い足を含めても15cm位なので、包丁ではなく、鋏でさばいた。
まず、胴体を縦に開く。
わたと頭、烏口を取ろうとしたが小さくて難しそうなので、足を付け根付近で切り落とし、頭とわたを切り離した(胴と足のみ調理した)。
胴の皮は、指で簡単に剥ける。
胴を適当な大きさにカット。
水で洗って、ざるに上げ、水気を良く切る。
鋏でさばくって簡単ねぇ。

キャベツ、アスパラ、トマトなどのテキトーな野菜をザク切り。
にんにくみじん切り。

フライパンにオリーブ油をひき、にんにくを炒める。
ヒイカをいれ、ざっと炒め、ボールに取り出しておく。
オリーブ油を足し、野菜を炒める。
炒めたヒイカをいれ、塩コショー、バルサミコを少々で更に炒めて完成。

ヒイカは小さく、胴も薄いので、食べ易い。

別にバルサミコでなくても、バターしょうゆとかいいかも。
パスタ料理にも合うでしょうね。
by tin_box | 2009-03-04 22:09 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 錨の居場所。 エア・コンデションズ。 >>